近年、家計簿の作成や貯金、資産運用などお金関連のスマートフォンアプリが多数登場し、その中にはユニークなものも数多くあります。

今回は家計管理や資産運用、貯蓄などに活用できる最新のマネーアプリ事情を紹介します。

イマドキの賢いマネーアプリ事情

マネーアプリ
(画像=PIXTA)

一口にマネーアプリといってもその種類はさまざまです。もはや定番となりつつある「家計簿アプリ」は、使ったことがある人も多いのではないでしょうか。こうしたアプリの多くは、レシートをスマートフォンのカメラで撮影するだけで、自動的に用途を科目別に仕分けして家計簿に反映してくれます。また、グラフで支出状況が見られるなど、簡単かつ便利に支出管理ができるようになっています。

お金を貯めるには家計簿でお金の動きを把握するのが基本ですが、自分で記載する形の管理だとなかなか続けにくいというデメリットがありました。家計簿アプリはその課題を解決してくれる手段の一つと言えるでしょう。銀行口座、クレジットカードやデビットカード、電子マネー、証券口座などと連携し、自身の資産状況を一目で把握できるアプリもあります。

最近では、デビットカードと紐づいたアプリを利用すれば、入出金明細で家計の管理をしつつ、利用限度額を必要な場合だけ調整してリスクをセーブしつつ、キャッシュバックなどの恩恵を受けることもできるものもあるようです。

海外ではAI(人工知能)による支出把握機能を生かしたアプリも生まれつつあります。例えば、「何に対して、週平均いくら使っている」という支出分析結果に基づき効果的な節約法を提案してくれるというアプリです。利用者がよく行く店を学習して趣向やニーズに合わせて提携企業の割引クーポンを提案してくれる機能のアプリなども登場しています。

ほかにも、支払いと同時に一定の割合を貯蓄できる機能を併せ持つことで、お金を自動的に積み立ててくれるアプリもあります。仮に1回の支出額の10%を貯蓄するとルール化しておけば、実際の支出が2,000円なら200円が別に貯蓄されるといった具合です。「簡単かつ便利に支出しながら貯蓄しよう」という感覚で、アプリが貯蓄をサポートしてくれるのです。

対面ではためらいがちな「お金のやりとり」がアプリでスムーズに

最近では現金のやりとりをすべてスマートフォンで完結できるアプリも出ています。日常の中ではちょっとしたお金の貸し借りや割り勘など、細かなお金のやりとりも多いのではないでしょうか。

「きちんと払う」「きちんと受け取る」というのは大人のお金のマナーです。例えば、友人や同僚と行った食事の会計で割り勘するとき、「まとめ役がカードで全額を支払い、ほかの人は現金で自分の分を払う」ということがあるでしょう。

そのとき手持ちの現金が足りず、後日払うと言いながら支払いをうっかり忘れてしまうケースもあるのではないでしょうか。悪気があるわけではなくても待ってくれている相手にとってあまり気持ちいいものではありません。とはいえ立て替えたほうもレジなど精算の場でなければ請求しにくいものです。

また、飲み会などを早めに抜ける際に、ちょうどの金額がないため多めに払うケースもあるでしょう。例えば、1人2850円なら3000円渡すといったケースです。

このような場面で活用したいのが個人間でお金をやりとりできるスマートフォンアプリです。割り勘する際に、その場でアプリを使って相手に送金すれば払い忘れもなくなります。わざわざATMまで行ったり手数料を払ったりする必要もなくなり、1円単位で送金できるので多めに払うこともありません。現在は、自身の口座から手数料なしで送金が可能なアプリも登場しています。友人や家族間でのお金のやり取りをスムーズに行うために、こうしたアプリと自身の口座を連携させておくと利便性が高まるでしょう。

このように、「面と向かってお金の話はしにくい」という悩みを解決し、人と人とのお金のコミュニケーションの仲介役となってくれるアプリは、これから多くの人に求められるのではないでしょうか。

アプリで手間・時間・お金を節約、自然にお金を増やしていこう

マネーアプリはいつでもどこでも利用でき、お金管理の手間と時間を省いてくれます。しかし、送金ができるアプリの中には、利用時に手数料がかかるものも少なくありません。多くの場合は、送金など銀行口座とアプリ間でお金の移動があるときに手数料がかかります。

そもそもマネーアプリを利用するのは、ムダな支出を減らしてお金を管理しやすくすることが最大の目的のはず。だからこそ、アプリ内で銀行口座に送金するときや出金時に手数料がかかるのは避けたいものです。

また、最近では、お金を使いつつも目標額への積立ができる機能や人生を豊かにするお金の使い方の提案などの機能がついたアプリも登場しています。目標額や具体的な使い方を設定することで「なんとなくお金を貯めている状態」から脱し、貯蓄へのモチベーションが高まるでしょう。こうしたアプリの利用を通じて、お金に対する意識そのものが変化する可能性もあります。

こうした様々な機能や手数料などに注目してアプリに関する情報を収集し、貯蓄や資産運用に活用してみてはいかがでしょうか?

記事内容は、資産運用の方法等に関する情報提供を目的として、委託先が作成したものであり、掲載内容は、作成時点における委託先における意見・見解が含まれるもので、個社・個別の商品・サービスを推奨・保証するものではありません。
文章は株式会社ZUUが責任を負います。
掲載時点以降に予告なく変更する場合があります。
情報の正確性、完全性、信頼性、適切性等に関し、あおぞら銀行は一切保証するものでありません。また、投資勧誘や特定銘柄の推奨を目的とするものではありません。掲載情報に基づき行ったお客さまの行為および結果等について、あおぞら銀行は一切の責任を負いません。
掲載画像はイメージです。
あおぞら銀行の商品サービスに関するお問い合わせを除き、掲載内容に関するお問い合わせはあおぞら銀行窓口・コールセンターではお受けできません。

*