特集AI 人口知能がもたらす禍福 専門家たちの金言 3月株主優待特集 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
ニュース
Written by ZUU online編集部 4,285記事

中国の成長鈍化、25%の企業が業績に「悪影響」

中国
(写真=Thinkstock/Getty Images)

 帝国データバンクは15日、中国の成長鈍化が日本の企業に与える影響についての調査結果を発表した。9月14〜30日に全国2万3257社を対象に調査し、1万752社から回答を得た。

 それによると、中国の成長鈍化により、企業の25.4%が自社の業績に悪影響を受けると見込んでいる。特に、中国への進出が進む「製造」「卸売」のほか、物流を担う「運輸・倉庫」でも3割台となっている。

 具体的な影響としては、企業全体の2割が売り上げの減少を挙げ、1割で利益の減少に直面すると認識している。悪影響を受けると考える企業でみると、「売り上げが減少」が75.8%、「利益が減少」が42.9%。「中期的な経営計画の見直し」を考える企業も12.8%に上る。

 中国と経済活動を行うときのリスクは、「品質管理が困難」が51.0%でトップ。以下、「安全管理意識の低さ」「反日教育」「対日抗議行動」「不透明な政策運営」が続く。すでに中国経済との関わりがある企業では、「賃金水準の上昇」を大きなリスクと捉えている。

 帝国データバンクでは、リスク要因を分析し、7つのリスクに直面する可能性があると指摘している。対日感情・安全保障、恣意的な法律運用、コスト上昇、契約・商習慣、株式・不動産バブル、品質・安全管理、雇用リスクの7つで、中国経済の先行きに対する不透明感が増す中、このリスクをクリアすることが重要としている。 (ZUU online 編集部)

【関連記事】
・激化するコーヒー競争の中で「コメダ珈琲」が快進撃する理由
・11月4日上場へ!日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の上場を徹底解剖
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・証券業界に革命?「独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)」に注目が集まる理由

中国の成長鈍化、25%の企業が業績に「悪影響」
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV ヤマハ発---大幅反発、SMBC日興では投資判断を格上げ
NEXT ファミマとユニー、経営統合の合意を発表 5年以内に売上5兆円...