つみたてNISAは途中引き出しできる?やり方や注意点を詳しく解説
(画像=ZUU online編集部)
つみたてNISAを始めたいけど、20年もの間拠出を続けられるか不安
途中でお金が必要になったら、引き出せるの?

つみたてNISAで資産形成を検討している方の中には、長期間の積立や運用に不安を感じる方もいるかもしれません。

つみたてNISAは長期的な積立投資を基本とした資産形成方法ですが、手数料なしで減額や積立停止、途中引き出しをすることも可能です。

本記事では、つみたてNISAの引き出し方法や、引き出すときの注意点について解説していきます。

first1 second2 third3 4 5
証券
会社
買付
手数料

無料

無料

無料

無料

無料
取扱
商品数

182

183

152

33

171
最低積立金額 100円〜 100円〜 100円〜 1000円〜 100円〜
積立
頻度
毎日
毎月
毎日
毎週
毎月
毎日
毎月
毎月 毎月
特徴 楽天サービスとの連携に強み 口座数が国内No.1 クレカ積立のポイント還元率1.1% 初心者でも簡単!LINEから投資を始められる auユーザー
必見
公式
サイト
口座開設をする 口座開設をする 口座開設をする 口座開設をする 口座開設をする

目次

  1. つみたてNISAはいつでも引き出し可能
  2. つみたてNISAの「引き出し」の意味
    1. 解約と引き出しは違う
    2. 一部引き出しが可能
    3. 積立のストップや減額もできる
  3. つみたてNISAの引き出し方
    1. つみたてNISAを引き出すためのステップ
    2. 引き出し後の積み立てはどうなる?
  4. つみたてNISAを引き出す際の注意点
    1. 現金化に数日~1週間程度かかる
    2. 銀行を通して引き出すことになる
    3. 複利効果が得られない
    4. 信託財産留保額がかかることがある
  5. つみたてNISAを引き出す前に検討したいこと
    1. 本当に引き出すべきか
    2. 一部引き出しをするとしたらどの商品を売却するか
    3. いつ売却して引き出すべきか

つみたてNISAはいつでも引き出し可能

つみたてNISAは途中引き出しできる?やり方や注意点を詳しく解説
(画像=beeboys/stock.adobe.com)

つみたてNISAは、回数や時期の制限なくいつでも引き出しが可能な資産形成方法です。

つみたてNISA以外の資産形成方法には、一般NISAやiDeCo、国債、定期預金、普通預金、貯蓄性保険などがあります。これらの中には、好きなタイミングで自由に引き出しや現金化ができるものもあれば、できないもの、制約があるものもあります。

たとえば、定期預金は満期前に解約することで引き出せますが、解約以外の一部引き出しは、多くの場合できません。国債も、換金できるのは発行から1年以上経過してからです。

また、iDeCoは途中引き出しだけでなく、解約も基本的にできません。国民年金保険料免除者といった要件をすべて満たせば解約可能ですが、要件がかなりシビアなため、該当する方は限られます。

制限なく引き出しが可能なつみたてNISAは、自由度の高い資産形成方法だといえるでしょう。

\NISA口座開設数No.1/

楽天証券で積立NISAを始める

つみたてNISAの「引き出し」の意味

本記事では、つみたてNISAで積み立てた資金を現金化することを「引き出し」と呼んでいます。しかし、実際にはつみたてNISAの引き出しと預貯金の引き出しはシステムが違います。

つみたてNISAでは、定期的に指定した金額分の金融商品(主に投資信託)を購入して資産形成をします。そのため、つみたてNISAに毎月1万円積立設定をした人が12ヵ月後に保有しているのは、12万円の預貯金ではなく、12万円で購入した金融商品です。

つみたてNISAの引き出しとは、この金融商品を売却することです。売却時の金額は、その時々の経済情勢によって変動します。購入時よりも値上がりしていれば利益が出ますが、値下がりしていると、積み立てた金額よりも少ないお金しか受け取れません。

解約と引き出しは違う

つみたてNISAの解約と引き出しは、意味が違います。つみたてNISAで保有している投資商品をすべて引き出したとしても、口座の解約手続きをしなければ、証券会社にはつみたてNISA口座がそのまま残ります

解約せずにそのまま口座を放置しても、手数料が発生するなどのデメリットはありませんので安心してください。

first1 second2 third3 4 5
証券
会社
買付
手数料

無料

無料

無料

無料

無料
取扱
商品数

182

183

152

33

171
最低積立金額 100円〜 100円〜 100円〜 1000円〜 100円〜
積立
頻度
毎日
毎月
毎日
毎週
毎月
毎日
毎月
毎月 毎月
特徴 楽天サービスとの連携に強み 口座数が国内No.1 クレカ積立のポイント還元率1.1% 初心者でも簡単!LINEから投資を始められる auユーザー
必見
公式
サイト
口座開設をする 口座開設をする 口座開設をする 口座開設をする 口座開設をする

一部引き出しが可能

つみたてNISAでは、積立設定をしている金融商品の一部だけを売却することが可能です。

例)
投資信託Aを30万円分、投資信託Bを10万円分つみたてNISA口座で保有している

上記の場合、投資信託Aの半分だけを売却して15万円を引き出すこともできれば、投資信託Bだけをすべて売却して10万円を引き出すこともできます。

積立のストップや減額もできる

つみたてNISAでは、引き出しや解約だけでなく、金額の変更や積立の停止も自由です。家族構成や収入、世界情勢などの変化によって、積立額や投資先を見直したいというときは、何度でも無料で変更できます。

また、積立を一時的にストップすることも可能です。すべての積立を止めたり、一部だけを止めたりすることが可能で、積立停止中の口座維持手数料もかかりません。

\NISA口座開設数No.1/

楽天証券で積立NISAを始める

つみたてNISAの引き出し方

つみたてNISAの引き出しは、画面上の操作だけで簡単に行えます。具体的な手順を見てみましょう。

つみたてNISAを引き出すためのステップ

つみたてNISAの引き出し方法は以下の通りです。

つみたてNISAの引き出し方法
  1. つみたてNISAで保有している商品を表示させる
  2. 引き出したい商品の「売却」ボタンをクリックする
  3. 売却口数または金額を指定する
    保有商品の一部のみを売却する場合は、どれだけ売却するのかを指定する必要がありますが、指定方法は証券会社によって異なります。たとえばSBI証券では、金額と口数どちらでも指定できますが、auカブコム証券では、口数でしか指定できません。
  4. 売却内容の確認を行う
  5. 売却の注文を行う

あとは、売却代金が預り金に反映されるのを待つだけです。

なお、つみたてNISAの保有商品は、日付を指定して売却することができません。また、株取引のように「売却希望額をあらかじめ指定しておいて、それを超えたら売却する」といった注文も不可能です。

引き出し後の積み立てはどうなる?

つみたてNISAを途中で引き出したとしても、積立設定はそのまま継続されます。引き出しと同時に積立もストップしたい場合は、引き出し手続き(売却手続き)とは別に、積立停止の手続きも行いましょう。

\NISA口座開設数No.1/

楽天証券で積立NISAを始める

つみたてNISAを引き出す際の注意点

つみたてNISAは、いつでも手数料なしで引き出せる便利な資産形成方法です。ただし、引き出しには注意点もあります。つみたてNISAの引き出しにあたって知っておきたいポイントを4点ご紹介します。

現金化に数日~1週間程度かかる

つみたてNISAの現金化には、数日から1週間程度時間がかかります。売却注文をした後、即座に現金が受け取れるわけではないことに注意しましょう。具体的にいつ現金化できるのかは、それぞれの銘柄ごとに異なります。

銀行を通して引き出すことになる

証券口座への入金や出金は、銀行を通して行われます。金融機関のATMやコンビニATMなどから直接引き出すことはできません。

つみたてNISAで購入した金融商品を売却すると、まず、証券口座に「預り金」といった名目で資金が入金されます。その後、出金指示を行うことで指定の銀行口座に資金が移動され、ATM等での引き出しが可能になります。

なお、楽天証券の自動入出金(スイープ)のように、証券口座の資金を自動で楽天銀行に移動させるサービスを行っている証券会社もあります。

\NISA口座開設数No.1/

楽天証券で積立NISAを始める

複利効果が得られない

積立を長期間継続せずに途中で引き出すと、複利効果が得られなくなってしまいます。

複利効果とは、資産運用によって得られた利益を再度投資に回すことで、効率よく資産を増やしていくことです。

例)
毎月1万円を20年間、年利3%で運用した場合、積み立てた金額は240万円、20年後の資産額は328万3,020円です。

一方、毎月1万円を10年間、年利3%で運用した後、全額を引き出し、その後、再度10年間同じ条件で積み立てと運用を行った場合、積み立てた金額の合計は240万円、10年後の引き出し額と20年後の資産額の合計は279万4,828円です。

このように、毎月同じ1万円を積み立てていても、途中引き出しをするかどうかで、最終的に受け取れる金額が変わります

信託財産留保額がかかることがある

売却する銘柄によっては、信託財産留保額と呼ばれる売却手数料が発生する可能性があります。信託財産留保額は、売却する投資信託の基準価額(売却代金)から差し引かれます。ただしそれほど高額ではなく、かからない投資信託も多くなっています。

信託財産留保額がかかるかどうかは、それぞれの投資信託の目論見書に記載されています。

\NISA口座開設数No.1/

楽天証券で積立NISAを始める

つみたてNISAを引き出す前に検討したいこと

つみたてNISAを引き出すときは、実際に売却注文を出す前に、次の3点について考えておきましょう。

本当に引き出すべきか

つみたてNISAを引き出すときは、本当にそれ以外の選択肢がないのかどうか考えてみてください。一度引き出してしまうと、福利効果が得られなくなってしまうからです。

お金が必要な場合は、取り崩せる預貯金が本当にないのかどうか考えてみてください。定期預金などがある場合は、多少面倒でも定期預金を解約した方が長期的なメリットが大きい可能性があります。

また、投資信託の基準価額が下がってしまった場合は、「このまま積立を続けても大丈夫だろうか」と不安になるかもしれません。もちろん市場の動向に応じて運用の方針を見直す必要はあるものの、焦って売却してしまうことは避けましょう。投資の基本は「長期投資」であるため、長く積立を続けていくことで「ドルコスト平均法」の恩恵が得られます。

とはいえ、「下がり続けていく資産に投資を続けることが不安」と感じる場合は、積立の減額もしくは積立停止を検討することが必要です。

「ドルコスト平均法」とは:定期的に同じ金額の積立を継続することで、取得平均価額を抑える投資方法です。

なお、ほかに積み立てたい商品があるときは、積立設定だけを変えることを検討しましょう。市場の回復により値上がりが期待できる商品であれば、焦って損切りするよりもじっくりと価格動向を注視する方がいいかもしれません。短期目線での値動きに左右されるのではなく、長期目線での市場動向と自分の投資意向と照らし合わせて検討することがおすすめです。

一部引き出しをするとしたらどの商品を売却するか

つみたてNISAで購入している投資商品がひとつの場合はどれを売却するか悩む必要はありません。しかし、複数の商品を買っている場合は、価格の推移を見た上でもっとも利益が見込みにくいと判断したものや自分の投資スタイルに合致しないと思ったものを選んで売却することをおすすめします。

いつ売却して引き出すべきか

投資信託の基準価額は日々変化します。売却するタイミングによって、手にできる金額が変わってしまうので注意が必要です。お金が必要になるときまでに時間的な余裕があるのであれば、値動きを確認して、できるだけ値上がりしたタイミングでの売却を目指しましょう。

ただし、前述のとおり投資信託の売却は注文後すぐに行われるわけではありません。数日後の価格が基準になる点は理解しておく必要があります。

\手数料は業界最低水準/

楽天証券を口座開設する