資本主義開拓者 ビッグデータやAIを活用することで劇的な効率化を図る「第4次産業革命」について、世界的な有識者らがダボス会議で議論するなど、熱い視線を注いでいる。実際に「産業革命」となるかどうかはともかく、ICTを中心に目覚ましい技術進歩が進行していることは誰の目にも明らかだ。

最新のテクノロジーが注目されるワケは、まったく新しい資本主義の構造を作り出しかねないからだ。資本主義の新たな仕組みは試行錯誤を通じて、現実的な形を作り上げていくだろうが、すでにその萌芽は現れてきている。

まだ曖昧模糊としているこの新・資本主義の新しい仕組みやビジョンの方向性を、すでに動き出しているビジネスや文明評論家の卓見を手がかりに、探ってみよう。

シェアリングエコノミーが先陣を切る新・資本主義への旅

資本主義の先端を読み解くキーワードの一つが「シェアリングエコノミー」で、従来型の取り引きにはない特徴を反映したものとされる。ただ、最新の取り組みから導き出される「新しい経済」を読み解くには、背景をよく理解する必要があるだろう。

そこで登場を願うのが、ジェレミー・リフキンだ。同氏が作り出した「限界費用ゼロ社会」という「資本主義のパラドックス」の最初の兆候は1999年、音楽配信サービス「ナップスター」とともに現れたという。

実際、さまざまなアーティストの音楽を手軽にダウンロードでき、自由にデジタル機器に移し替えられるナップスターは、非常に大きな驚きをもって迎えられた。その後、音楽業界との確執もあり、早々にサービスを停止してしまった。が、音楽データを手軽にコピーしたり、友人と共有するのは、当時の音楽市場を根本から変えてしまいかねない、革新的な仕組みだったと言えるだろう。

デジタル技術を駆使してデータやモノを共有するプラットフォームを作る試みは、現在では、「ウーバー」に象徴されている。最近では、ウーバーが引き起こしたタイプの既成秩序の破壊を「ウーバライゼーション」と呼ぶ動きもあるという。ほかにも、空き部屋の貸出し仲介の「エアビーアンドビー」もシェリングエコノミーを実現していくプラットフォームとして注目を集めている。

いずれのプラットフォームも未使用だった「資源」を「共有」という形で活用する道を開く存在だといえ、立ち上がってくる「シェアリングエコノミー」の生態系が新たな資本主義の仕組みを作り出していく。そんな未来を構想できるだろう。

もちろん、国内にも同じ兆候を見て取れる。日本ではハンドバッグ、ドレスから、マイカー、空きスペースまでさまざまなシェア仲介サービスが起業されている。PwCが2014年に実施した調査によればシェアリングの市場規模は2013年の150億ドル(約1.6兆円)から2025年には20倍以上の3350億ドルと伝統的なレンタル市場とほぼ肩を並べるまでに成長するという。

「コモンズ」経済の時代は再来するか?

他方で、いったい誰が、IT・デジタル化がさらに進み、AIやビッグデータの活用も自動で進む「SFのようなシステム」を動かすのかでも資本主義の姿は大きく変わるだろう。リフキンの見通しによれば、「協働型コモンズ」がその役割を担うという。

「コモンズ」とはそもそも、伝統的な経済論議では「共有地」や「コミュニティで共有される資源」のようなニュアンスで使われるが、多数の人々や共同体のメンバーが一緒に管理しており、「自分は管理の負担を負わず、そのメリットだけを享受する」というフリーライダー(ただ乗り)問題の文脈で語られてきた。

一方、現代型の共有地ともいえる「協働型コモンズ」は、特定の集団の共通利益を高める形で参加する社会空間と言えるだろう。例えば、ウィキペディアが巨大なインターネット百科事典になったように、非常に多数の人々が共通の目的のために、協働で作業をするような「場」を作り出していくことになりそうだ。また、多数の良心的なプログラマが集まり、一つのOSを作り上げていった「リナックス」についても、同様の取り組みだと言えそうだ。

ほかにも、非営利組織(NPO)にも同様の特徴を見て取れる。新しいコモンズともいうべき社会的起業が、その地平を切り拓きつつあるという。例えば、無料オンライン講座として代表的な「ムーク(MOOC)」はインターネット上で誰もが無料で受講できる大規模な開かれた講義の場となっており、。米国での利用者数は数百万人にも上る。

実際、米国では、NPOはこの10年間で、収入を40%も増加させており、GDPの2倍の速度で拡大。米国に加えて、英国、カナダでも、労働力の10%がNPOで働くなど、NPOの存在感は増してきている。若手ビジネスリーダーたちの間に株主至上主義の限界を打破すべく「公益資本主義」を目指そうという運動があり、「コモンズ」を盛り立てていこうとする流れもある。

21世紀型経済への移行に差し掛かる製造業

では、シェアリングエコノミーや協働型コモンズが大きな影響力を行使する新しいカタチの資本主義とはどのようなものだろうか。産業構造や企業経営の在り方には、米国を筆頭に実際、大きな変化の波が明らかに押し寄せており、伝統的大企業中心の20世紀型資本主義をどこかへ追いやろうとしているようにも見える。

情報・サービスというICTの得意分野に加えて、伝統的資本主義企業の牙城ともいうべきモノ作りの世界にも、大企業離れの風が吹き始めている。注目されるのは、パーソナルファブリケーション(個人製造)を推進しようとする「メイカームーブメント」と呼ばれる米国発の動きだ。

具体的には、「個人による自由なものづくりの可能性を広げるための実験工房」を標榜する「ファブラボ (Fab Lab)」がそれにあたる。2012年時点で40カ国145カ所に存在し、現在も増加中という。ファブラボには、3Dプリンターやレーザーカッターなどの多様なデジタル工作機械が常備され、個人が、自らの必要性や欲求に応じて、市場では手に入らないものを含め、自分自身で作り出せる。

転じて言えば、大規模な資本や生産インフラがなければ成立させられなかった製造業そのものが、一個人を中心に回り始める可能性もあり、従来の製造業のあり方を大きく変えてしまう可能性を持ち始めたということだ。その先には、シェアリングエコノミーや協働型コモンズといった共通基盤で、大半の人々が日常生活を送る未来が構想されるだろう。

いずれにしても、新しい経済の形は今後、実際に作られていくことになるが。新しい技術体系が予感させる新たな経済社会の姿をここまで垣間見てきた。さらに、現代資本主義の核心をなすマネーの世界に何が起きるのかを吟味して、21世紀型資本主義の見通しの全体像を、次回に完結させる。(岡本流萬)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)