大富豪,飲料,飲食,ビール,事業承継
(写真=M. Unal Ozmen/Shutterstock.com)

アサヒグループホールディングスがビール世界最大手であるベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブから東欧5カ国のビール事業を買収するなど、グローバル化の進展に伴い、飲食業の世界展開も加速している。

そんな業界で影響力を持つ人物は誰か。米国経済紙『フォーブス』がまとめた2016年の世界大富豪ランキングのうち、飲食業界カテゴリーの億万長者たちトップ10を紹介しよう。

業界になじみのない場合は意外な印象を受けるかもしれないが、ビジネスパートナーであるブラジル人の3人がランク入り。アメリカのマース兄弟は3人揃ってトップ10を確保し、アジアからはタイから一人ランクインしている。

10位 チヤローン・シリワダナパクディ 107億ドル タイのアルコール王

タイで「アルコール王」と呼ばれ、同国の大手財閥TCCグループを率いる。ドイツの流通大手のメトロ・キャッシュ&キャリー社のベトナム事業を7億1100万ドルで買収するなど積極的なM&Aを仕掛けている。

9位 カルロス・アルベルト・スクピラ 113億ドル インベブ株主の事業家

世界最大の酒類メーカーのアンハイザー・ブッシュ・インベブの株式を約3%保有するブラジル人。本国では、低価格小売業や不動産投資会社の支配権を握る。

8位 シャーリーン・デ・カルバリョ・ハイネケン 123億ドル 父からハイネケンのビジネスを継承

名字から推測できるように、世界65カ国以上で170以上のプレミアムブランドを販売するオランダのビール醸造会社ハイネケンの25%の支配権を保有し、世界でも最も裕福な女性の1人。父から継承したハイネケンのビジネスは、「朝起きて最初に考えることでもあり、寝るときに最後に考えることでもある」と語っている。

7位 マルセル・ヘルマン・テレス 130億ドル 飲料メーカーの買収手がける

9位のスクピラのビジネスパートナーとして飲料メーカーの世界的な買収を手掛けるブラジル人。スクピラ同様、アンハイザー・ブッシュ・インベブの株式を5%弱保有している。

6位 ディートリヒ・マテシッツ 132億ドル レッドブル創業者の一人

世界で最も名前の知られた飲料である栄養ドリンク・レッドブルを創業した一人で、オーストリア人の実業家。飲料の開発も去ることながら、積極的なマーケティングを展開し、F1など数々のスポンサーとしてその名前を広めることに成功。レッドブルの売り上げ総本数は59億本に上り、ほぼ全世界で1人1本飲んだ計算になる。

5位 マリア・フランカ・フィソロ 221億ドル ヌテラグループ代表の未亡人

世界中で愛されるようになったイタリア発のチョコスプレッドの「ヌテラ」を製造するフェレログループを率いた代表の未亡人。第二次世界大戦中にイタリアの北部でビジネスをスタートさせ、地元で豊富に獲れたヘーゼルナッツとココアを使って、世界的なヒット商品を生み出した。世界企業となった今でも、フェレログループは家族経営を基本としている。

2位 ジョン・マース、ジャクリン・マース 各234億ドル 世界最大のキャンディメーカー継承

父から世界最大のキャンディーメーカーを兄妹とともに引き継いだ。「M&M’s」を主力商品にして、スニッカーズなどで350億ドルを超える売り上げをたたき出す企業を率いる。会社そのものはジョンの祖父が1911年に設立したものが起源。

ジャクリンはジョン・マースの妹で、マースの共同経営者を務めるジャクリン。マースはお菓子だけにとどまらず、レトルトライスやペットフードなどの製造も手掛けている。

2位 フォレスト・マース・ジュニア 234億ドル ジョン、ジャクリンの兄

のフォレストは、アメリカの名門イエール大を卒業し、軍隊を経験して1959年にマースに入社。当時は売上が1億ドルに満たない会社だったが、その後世界規模の成長路線を促進し、78カ国に8万人を超える従業員と年間330億ドルの売り上げを誇る国際的な企業に育て上げた。2016年7月に84歳で死去。亡くなった際の資産額は、世界で25番目の大富豪に相当した。

1位 ジョルジ・パウロ・レマン 278億ドル スポーツも万能な事業家・投資家

トップに輝いたのは、9位のスクピラ、7位のTelles のビジネスパートナーであるブラジル人のJorge Paulo Lemann氏。

2人と同様にアンハイザー・ブッシュ・インベブの株式を保有するほか、3人でニューヨーク、トロント証券所に上場するバーガーキングやドーナツチェーン・ティムホートンズの株も手にしている。

卓越した能力をビジネスで発揮しているが、スポーツも万能で、テニスの腕前はブラジルチャンピオンまで登り詰め、ウィンブルドンに出場した経験があるほどだ。飲食業界でトップ、全体の大富豪ランキングでもトップ20に入る資産額。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)