本記事は、浦井麻美氏の著書『老後資産はドルで増やしなさい 毎月3万円で1000万円貯まる方法』(かんき出版)の中から一部を抜粋・編集しています

なぜ「円」の価値が減っていくのか

円の価値
(画像=PIXTA)

運用とは、簡単に言えば「お金に働いてもらう」ことです。

私たちがお金を得る方法は3つあります。「自分が働いて稼ぐ」、「お金に働いてもらう(=運用によって増やす)」、「相続や贈与を受ける」がそれです。

最後の、「相続や贈与を受ける」については、人それぞれです。それこそ親がそこそこのお金を持っていたため、生前贈与を受けたり、親が亡くなって遺産を相続したりする人がいる反面、親が借金まみれだったため、相続放棄を余儀なくされたという人もいるかもしれません。誰にでも当てはまる方法ではないので、もし自分が相続や贈与を受けられたら、それはラッキーなことと思って、大事に活用する方法を考えてください。

1番めの「働いて稼ぐ」ことは、これからの日本の人口推移を直視すると、ひたすら働くだけでは難しいことは本書47ページで解説しています。

カンの良い方はもうお気づきかと思いますが、誰にでもできる、手元のお金を増やす方法として、私は「運用する」ことを本書でお勧めしています。

ただし、お金を運用する方法はたくさんあります。株式や投資信託が最も広く知られていますが、それ以外にFX(外国為替証拠金取引)や商品先物取引、ビットコインなどの暗号資産、債券など実にさまざまです。このなかで何を選ぶのかが、お金を運用するうえではとても大事な問題です。

では、何で運用するのが一番良いのでしょうか。

その答えが「外貨(ドル)」にあります。将来、日本の経済力・国力が低下するとしたら、外国為替市場で円が売られます。つまり円安になるということです。

円安は物価上昇(インフレ)を招きます。要するに、これはお金の価値が目減りすることを意味します。

3-1.jpg
(画像=「老後資産はドルで増やしなさい 毎月3万円で1000万円貯まる方法」より)

たとえば、この前まで赤ワインが1本980円だとすると、5000円で5本買えました。でも円安になったせいで、同じ赤ワインが1本1500円になってしまったとしましょう。すると5000円では3本しか買えなくなってしまいます。

インフレになると、こういった出来事があらゆる生活必需品にも起こります。

これから10年、20年後を見据えると、すべての資産を円で持つのは危険です。「円安→インフレ(物価上昇)→円の価値下落」という流れをたどるのは必定だからです。円の価値が下落するリスクを最小限に抑えるためには、保有資産の一部を「外貨」で保有する必要があります。

外貨といっても、無数にありますが、選ぶべきは最強の通貨である「ドル」一択です。他の選択肢はありません。

では、ドルでもって何に投資すれば良いのか。それが本書の冒頭で触れた、「ドル建て終身保険」です。米ドル建ての保険こそが、20年、30年といった長期の資産運用に適しており、さまざまなお金の悩みを一挙に解決してくれるのです。

老後資産はドルで増やしなさい 毎月3万円で1000万円貯まる方法
浦井麻美(うらい・あさみ)
東京生まれ。人生最初の勤務先、スイス銀行を皮切りにミッドランド・モンタギュー証券、パリ国立銀証券、スイス・フォルクス銀証券、クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券、米国メリルリンチ日本証券、外資系生命保険会社と30年間にわたり金融業界でキャリアを積む。とくにメリルリンチ日本証券でのセールストレーダー時代では、個別企業の業績に影響を与える主要国の経済指標や外国為替相場、商品市況、金利政策などの動向を日々追いかけ、頭に叩き込む。2012年11月に「お金の先生」という屋号で独立。2013年11月に株式会社ブルーフォースを設立。トレーダー時代に身につけた経済に関する豊富な経験や知識をもとに、日本の経済や為替の見通し、人生100年時代のお金の戦略などをテーマにした「誰も教えてくれない日本人のお金の守り方・増やし方、日本円のゆくえを学ぶ」講座を延べ500回以上開催。1000人を超える人たちにコンサルティングを実施。現在は、老後資産形成コンサルタントとして「老後の幸せのための資産運用学校」を主宰している。本書が、初めての著書となる。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます
老後資産はドルで増やしなさい 毎月3万円で1000万円貯まる方法
  1. 右肩上がりで増えていくーー攻守を備えた「ドル年金」の作り方
  2. 「ねんきん定期便」の記載金額に隠されたトリックとは
  3. 「円」の価値が減っていく理由と手元のお金を増やす方法
  4. なぜアメリカは、巨額の軍事費を維持できるのか
  5. 1株単位で買える!米国株、初めての人が銘柄を選ぶポイント
ZUU online library
(※画像をクリックするとZUU online libraryに飛びます)