米国株式は長期上昇トレンドにあり、「日本の株式とは違い単元株がない」「配当のタイミングが多い」といった特色があります。日本株と米国株の投資方法の具体的な違いや注意点、米国株の魅力などをおさえて、あなたも米国株投資に挑戦してみませんか。
 

目次

  1. 日本と米国を比較してわかる「高配当銘柄への投資」の違い
    1. 配当金への税金が違う!NISA制度で投資する際も注意
    2. 米国株は銘柄別に権利日が異なる!細かな日程の確認を
    3. 為替手数料など、外国株ならではの投資時のコストに注意
    4. 米国株は日本株よりも情報収集が難しい場合も
  2. きっとあなたも投資したくなる!米国株の魅力4つ
    1. 米国株の魅力1:単元株がないため1株から購入可能
    2. 米国株の魅力2:配当回数が年4回と配当チャンスが多い
    3. 米国株の魅力3:最長65年!連続増配している企業が多い
    4. 米国株の魅力4:「コカ・コーラ」「IBM」など著名な大企業銘柄が豊富
  3. 1万円台でも買える、米国の高配当株5選
    1. IBM(IBM):大手テクノロジー関連会社
    2. ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ):電気通信会社の持ち株会社
    3. シスコシステムズ(CSCO):コンピュータネットワーク機器の開発会社
    4. コカ・コーラ カンパニー(KO):大手飲料メーカー
    5. メルク・アンド・カンパニー(MRK):化学・医薬品メーカー
  4. 長期保有に向いている銘柄を探すには。連続増配ランキングを見てみよう
    1. 第1位:アメリカン・ステイツ・ウォーター(AWR)
    2. 第2位:ジェニュイン・パーツ(GPC)
    3. 第3位:ノースウェスト・ナチュラル・ガス(NWN)
    4. 第4位:ドーバー(DOV)
    5. 第5位:プロクター・アンド・ギャンブル(PG)
  5. 米国株の購入は難しくない。米国株投資の始め方
    1. ステップ1:口座開設
    2. ステップ2:銘柄を選定
    3. ステップ3:米国株を購入
  6. まとめ:高配当銘柄が揃う米国株は魅力がたくさん

日本と米国を比較してわかる「高配当銘柄への投資」の違い

日本株と米国株の高配当銘柄への投資にはどのような違いがあるのでしょうか。税金の違いや権利日など、気になる違いを説明します。

配当金への税金が違う!NISA制度で投資する際も注意

日本株と米国株それぞれの運用では、かかる税金が異なることをご存じでしょうか。日本株の場合、売却益や配当金に対して20.315%の税率で課税されるのに対し、米国株の場合は配当金に対してまず米国で10%課税され、日本で20.315%の課税がされる仕組みとなっています。つまり二重課税されるということです。

この二重課税は、確定申告で「外国税額控除」として総合課税、または申告分離課税どちらかを選択すると回避できます。具体的には、控除限度額内で所得税、住民税額から差し引くことができる仕組みです。なお、NISA口座で米国株を取引している場合は日本での税金はすでに控除されており、二重課税とみなされないため「外国税額控除」の対象にはなりません。

米国株は銘柄別に権利日が異なる!細かな日程の確認を

株式は、保有期間は関係なく権利落ち日の前日(権利付最終日)までに購入していれば配当権利を得ることができますが、米国株は銘柄別に権利日が異なることに気をつけましょう。現地での現地権利付最終日までに株を購入し、その日のアフターマーケット終了の時点で株を保有していることがポイントです。

為替手数料など、外国株ならではの投資時のコストに注意

米国株を購入するには、米国株取引口座に資金を用意しておく必要があります。米ドルで決済する場合は投資時のコストに為替手数料がかかる点もおさえておきましょう。為替手数料は証券会社により異なり、たとえばSBI証券や楽天証券の場合は1米ドルあたり25銭が為替手数料として案内されています。

米国株は日本株よりも情報収集が難しい場合も

日本株と米国株の投資の違いとして、情報収集の難しさも挙げられます。日本企業の情報は新聞やネットニュースなどで目にする機会が多く、株価の分析やチェックも容易です。ところが米国株の企業の情報は英語が基本で、株投資初級者にとっては特に情報収集に苦労するのではないでしょうか。キャピタルゲインを狙って積極的に情報を調べたり、市場を予測したりすることが日本株と比べて難しい印象があります。

そんなときは、証券会社等で紹介されている注目株を検討することもおすすめです。日本語での投資情報が充実している証券会社もあるので、まずは情報収集のために口座開設してみるのもよいのでしょう。また、海外の時事的な経済情報を知るために、ロイターやウォール・ストリート・ジャーナルなどの日本語配信されているニュースをチェックするのもおすすめです。
 

米国株おすすめ証券会社比較一覧表
ネット証券
会社名
米国株銘柄数 特定口座 売買手数料
3,600銘柄以上 最低0ドル
約定代金の0.45%
約3,500銘柄 最低0ドル
約定代金の0.45%
約3,200銘柄 最低0ドル
約定代金の0.45%

きっとあなたも投資したくなる!米国株の魅力4つ

日本株と米国株の投資の違いを踏まえて、次は米国株を購入する魅力について考えていきます。

米国株の魅力1:単元株がないため1株から購入可能

まず1つめの魅力は、米国株は1株から購入可能というポイントです。日本株の場合は100株単位の単元株での購入が基本のため、まとまった投資資金が必要です。しかし米国株は1株単位から購入できて、口座を開設すれば少額から気軽に投資を始めることができる点が魅力的です。

米国株の魅力2:配当回数が年4回と配当チャンスが多い

2つめの魅力として、米国銘柄は配当金の支払いを四半期に1度、つまり年4回としているケースが多いことが挙げられます。配当金を受け取るチャンスが日本銘柄と比較してグンとアップするため、購入株の組合せによっては毎月配当を受けとることも可能です。

米国株の魅力3:最長65年!連続増配している企業が多い

3つめの魅力として、米国企業には連続増配している企業が多いことも挙げられます。NYダウ指数は右肩上がりの傾向が見られ、一時的にリーマンショックなどの影響があっても、長期的に見ると市場は成長を続けているのが特徴です。また、株主への還元を積極的に行うブランド力の高い企業が多く、毎年連続で株主への配当を増やしている連続増配企業も日本と比べて多くなっています。

米国株の魅力4:「コカ・コーラ」「IBM」など著名な大企業銘柄が豊富

4つめの魅力は、著名な企業が多い点です。たとえば飲料大手のコカ・コーラやテクノロジー関連会社のIBMなど、誰もが知っているような大企業に投資できるのは米国株だからこそです。

巨大IT企業であるGoogle、Amazon、Facebook、Apple、Microsoftの5つの企業の頭文字からできた「GAFAM」という言葉を耳にしたことがある人もいるでしょう。2020年4月にこのGAFAMの合計時価総額が東証1部全企業を上回ると話題になりましたが、このような企業に投資できるのも米国株の魅力です。

1万円台でも買える、米国の高配当株5選

米国株の魅力として1株から購入可能というポイントを紹介しましたが、これにより1万円台でも株の購入が可能となっています。そこで今回は、米国の高配当株のなかから1万円台で購入できる高配当株を5つ紹介します。低額から気軽に購入できるので、検討をしてみてはいかがでしょうか。

選定基準は、ニューヨークダウ平均株価で配当利回り3%以上の企業で、景気に左右されづらいディフェンシブ銘柄(IT、日用品、薬品、通信など)をセレクトしています。

▽1万円台で購入できる米国の高配当株5選
 

銘柄名 配当利回り 株価(USD)
IBM(IBM) 5.53% 114.50
ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) 4.11% 60.79
シスコシステムズ(CSCO) 3.66% 38.67
コカ・コーラ カンパニー(KO) 3.06% 53.01
メルク・アンド・カンパニー(MRK) 3.01% 79.86

2020年11月12日現在

IBM(IBM):大手テクノロジー関連会社

「International Business Machines Corporation(インターナショナル・ビジネス・マシーンズ)」はアメリカ合衆国ニューヨーク州に本社がある大手テクノロジーサービス関連会社です。かつてはコンピュータ-業界の覇者でしたが、現在はソフトウェアとテックサービス提供企業として大きな変化を遂げています。2020年11月12日現在、株価は114.50ドルで、配当利回りは5.53%、連続増配年数23年となっています。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ):電気通信会社の持ち株会社

「Verizon Communications Inc.(ベライゾン・コミュニケーションズ)」はアメリカ合衆国ニューヨーク州に本社がある持ち株会社です。子会社を通じて電気通信製品やサービスなどを提供しています。2020年11月12日現在、株価は60.79ドルで、配当利回りは4.11%、連続増配年数14年となっています。

シスコシステムズ(CSCO):コンピュータネットワーク機器の開発会社

「Cisco Systems Inc.(シスコシステムズ)」はアメリカ合衆国カリフォルニア州に本社があるコンピュータネットワーク機器の開発会社です。ネットワーキングやセキュリティのほかアプリケーション、クラウドなどの各種テクノロジーの設計・販売を行っています。2020年11月12日現在、株価は38.67ドルで、配当利回りは3.66%、連続増配年数8年となっています。

コカ・コーラ カンパニー(KO):大手飲料メーカー

「The Coca-Cola Company(ザ コカ・コーラ カンパニー)」は大手飲料メーカーです。水やジュース、スポーツ飲料など非アルコール性飲料ブランドを500種類以上所有しており、ライセンス供与や販売を行っています。「Coca-Cola」や「Fanta」、「Sprite」などの非アルコール性炭酸飲料のブランドが有名です。

2020年11月12日現在、株価は53.01ドルで、配当利回りは3.06%、連続増配年数58年となっています。

メルク・アンド・カンパニー(MRK):化学・医薬品メーカー

「Merck & Co. Inc.(メルク・アンド・カンパニー)」はアメリカ合衆国ニュージャージー州に本社がある化学・医薬品メーカーで、処方薬やワクチンの製造販売をしています。ドイツの化学・医薬品メーカーのメルクがアメリカで独立した企業です。

2020年11月12日現在、株価は79.86ドルで、配当利回りは3.01%となっています。

長期保有に向いている銘柄を探すには。連続増配ランキングを見てみよう

米国株式には配当金を年々増やしている、長期投資家にとって魅力的な企業が多くあります。株式の長期保有でインカムゲインを得ることを検討している人は、増配が続いている安定した企業への投資がおすすめです。下記の連続増配銘柄ランキングを参考にしてください。

▽連続増配銘柄ランキング
 

  銘柄名 連続増配年数 株価(USD)
1 アメリカン・ステイツ・ウォーター(AWR) 65 76.88
2 ジェニュイン・パーツ(GPC) 64 95.93
3 ノースウェスト・ナチュラル・ガス(NWN) 64 47.82
4 ドーバー(DOV) 64 120.00
5 プロクター・アンド・ギャンブル(PG) 63 142.15

2020年11月12日現在

第1位:アメリカン・ステイツ・ウォーター(AWR)

「American States Water Company(アメリカン・ステイツ・ウォーター)」は持ち株会社で、子会社を通じて水道、電気、契約サービス事業を展開しています。2020年11月12日現在、株価は76.88ドルで、連続増配年数は65年で1位を誇り、配当利回りは1.69%です。

第2位:ジェニュイン・パーツ(GPC)

「Genuine Parts(ジェニュイン・パーツ)」は大手流通業者です。自動車の交換部品、付属品、工業交換部品やオフィス用品、電気材料などの流通や販売を行っています。2020年11月12日現在、株価は95.93ドルで、連続増配年数は64年、配当利回りは3.24%です。

第3位:ノースウェスト・ナチュラル・ガス(NWN)

「Northwest Natural Holding Company(ノースウェスト・ナチュラル・ガス)」は天然ガス会社で、天然ガスの供給やガス機器の設置に加え点検サービスを提供しています。また、オレゴン州とカリフォルニア州において、天然ガス貯蔵サービスも展開しています。2020年11月12日現在、株価は47.82ドルで、連続増配年数は64年、配当利回りは3.82%です。

第4位:ドーバー(DOV)

「Dover Corporation(ドーバー)」は総合工業製品メーカーで、通信産業や航空宇宙産業、エネルギー関連など産業市場向けの通信機器や部品を製造しています。2020年11月12日現在、株価は120.00ドルで、連続増配年数は64年、配当利回りは1.64%です。

第5位:プロクター・アンド・ギャンブル(PG)

「Procter & Gamble(プロクター・アンド・ギャンブル)」は大手一般消費財メーカーです。P&Gのブランド名で日本でも有名なメーカーです。パーソナルケア用品やベビー用品、ヘアケア・スキンケア用品などの製造販売をしています。2020年11月12日現在、株価は142.15ドルで、連続増配年数は63年、配当利回りは2.23%です。

米国株の購入は難しくない。米国株投資の始め方

米国株には魅力的な銘柄が多く、実際に米国株にチャレンジをしてみたいという人もいるでしょう。米国株投資は、口座さえ開設すれば難しいことはありません。手順を解説していきます。

ステップ1:口座開設

米国株の購入には外国株式口座が必要です。さまざまな証券会社から口座開設できますが、利便性が高いのはリアルタイムで取引ができるネット証券会社でしょう。また、ネット証券会社には手数料をおさえられるというメリットもあります。証券会社により扱う銘柄数が異なるので、目当ての銘柄がある場合は事前に確認しましょう。

もし、すでに国内株式や投資信託を購入しているという人は、同じ証券会社で外国株式口座を作ると特定口座として取引ができて、ほかの保有株などとあわせて損益通算が容易に行えるので便利です。

ステップ2:銘柄を選定

外国株式口座を開設したら、次は株の銘柄の選定です。銘柄の選定に迷うときは、ネット証券を中心に人気銘柄ランキングがあるので参考にするとよいでしょう。また、ネット証券では外国株の情報を細かに発信しているのでそちらも参考になります。長期投資の予定なら、前章で紹介したような配当利回りが高い銘柄や、連続増配銘柄を中心にセレクトすることをおすすめします。

ステップ3:米国株を購入

外国株の購入は、円貨決済と外貨決済の2種類があります。為替のレートなどを確認して選択、価格、数量や条件などを確認して購入しましょう。取引手数料はネット証券が圧倒的に安く、レポートなども充実しています。

多くのネット証券会社が約定代金の0.495%を取引手数料として設定していますが、ネット証券の中には約定代金が少なければ手数料無料になるところや、約定代金にかかわらず取引手数料無料といった証券会社もあるようです。口座開設の際に確認しておきましょう。

まとめ:高配当銘柄が揃う米国株は魅力がたくさん

米国株にはコカ・コーラ、IBM、プロクター・アンド・ギャンブルなど、日本人にとって馴染みのある大手企業銘柄が多くそろっています。配当回数も年4回がスタンダードで、1株から購入可能とあってポートフォリオが作りやすいのも特徴です。米国株初心者の人も、まずは高配当銘柄や連続増配銘柄に的を絞って投資を検討、購入してみてはいかがでしょうか。

文・青山 香

【関連記事】
長期投資ならアメリカ株がおすすめ?高配当・高い成長が魅力
米国株(アメリカ株)の買い方とは?注意点とおすすめの証券口座を解説
アメリカ株の始め方は?初心者のためのアメリカ株スタートガイド
米国株投資のエキスパートが教える 日本株より米国株に投資すべき6つの理由(前編)
S&P500インデックスファンドで米国株投資を始めたい!投資初心者のための購入・運用のいろは