フォーブズランキング,大富豪
(写真=Thinkstock/Getty Images)

フォーブスが例年発表している世界の大富豪ランキングによれば、ビリオネアの数は1810人で、前年の1826人から16人減少しているとのことだ。総合ランキング1位は、おなじみのビル・ゲイツ氏で、資産額は750億ドルだった。ここでは、フォーブズが発表している「年齢の高い(oldest)」ビリオネアたちを紹介することにしよう。

10位 James France(ジェームス・フランス) 72歳

72歳で10位にランクされたのは、全体の906位だった米国のジェームス・フランス氏だ。氏の2016年12月11日のリアルタイム資産は20億ドル。1948年には、父親のウィリアム・フランス氏が設立したストックカーレース事業のナスカーの推定36%のシェアを継承した。フォックスとNBCとの10年間のTV取引が貢献して、ビジネスは順調に推移している。

9位 Leslie Alexander(レスリー・アレクサンダー) 73歳

73歳で9位にランクされたのは、全体の1198位だった米国のレスリー・アレクサンダー氏だ。氏の2016年12月11日のリアルタイム資産は19億ドル。氏が1993年に8500万ドルで買収したバスケットボールチームのヒューストン・ロケッツは、今や15億ドルの価値を持つ。

8位 Jerry Jones(ジェリー・ジョーンズ) 74歳

74歳で8位にランクされたのは、全体の270位だった米国のジェリー・ジョーンズ氏だ。氏の2016年12月11日のリアルタイム資産は52億ドル。氏はアーカンソー大学フットボールチームの元共同キャプテンで、1989年にはダラス・カウボーイズを1億5000万ドルで買収した。チームの現在の価値は42億ドルに達している。

7位 Arthur Blank(アーサー・ブランク) 74歳

74歳で7位にランクされたのは、全体の666位だった米国のアーサー・ブランク氏だ。氏の2016年12月11日のリアルタイム資産は32億ドル。氏が1978年に友人のバーニー・マーカスと共同設立したホームデポは、米国、カナダ、メキシコに2200以上の店舗を持つ世界最大のホームセンターのひとつに成長した。氏は2001年にホームデポを引退した後にも、プロスポーツの世界で名を上げている。

6位 Robert Kraft(ロバート・クラフト)75歳

75歳で6位にランクされたのは、全体の298位だった米国のロバート・クラフト氏だ。氏の2016年12月11日のリアルタイム資産は52億ドル。氏は1994年に製紙コングロマリットで得た利益で、ニュー・イングランド・ペイトリオッツを1億7200万ドルで購入したが、このチームの現在の価値は34億ドルに上る。氏はまた、メジャーリーグサッカークラブのニューイングランド・リボリューションのオーナーでもある。

5位 Robert McNair(ロバート・マクネイアー)79歳

79歳で5位にランクされたのは、全体の495位だった米国のロバート・マクネイアー氏だ。氏の2016年12月11日のリアルタイム資産は35億ドル。氏は1999年に電力ジェネレータの会社をエンジェロンに15億ドルで売却した資金を元手に、フットボールのヒューストン・テキサンズを共同設立した。スタジアムや放送権のリーグ全体からの収益の増加のおかげで、今やチームは26億ドルの価値を持つ。

4位 Jerry Reinsdorf(ジェリー・レインズドルフ)80歳

80歳で4位にランクされたのは、全体の1367位だった米国のジェリー・レインズドルフ氏だ。氏の2016年12月11日のリアルタイム資産は13億4000万ドル。氏は1980年代にシカゴ・ブルズとシカゴ・ホワイトソックスを買収している。現在氏が推定40%のシェアを持つブルズには、23億ドルの価値がある。

3位 Bernard Eccelstone(バーナード・エクレストン)86歳

86歳で3位にランクされたのは、英国のバーナード・エクレストン氏だった。氏とそのファミリーの2016年12月11日のリアルタイム資産は29億ドルで、全体の527位。英国のタブロイドから「F1の支配者」と呼ばれる氏は、元F1ドライバーの実業家であり、著名なレーシングシリーズを監督するF1グループの企業を経営している。氏は1971年にブラバム・レーシング・チームを買収し、シャシー・ビルダーの組合に関わった後、ニッチだったF1をグローバルなスポーツへと発展させた。

2位 Tom Benson(トム・ベンソン)89歳

89歳で2位にランクされたのは、米国のトム・ベンソン氏だった。氏とそのファミリーの2016年12月11日のリアルタイム資産は25億ドルで、全体の810位。ニューオリンズのシボレー販売店で簿記を始めた氏は、自動車販売店、地元の銀行、そして最終的にはスポーツチームに資金を投入した。1985年にはNFLのセインツを、さらに2012年にはNBAのペリカンズを買収している。ニューオリンズには26階建てのオフィスビルと、セインツがプレイするスーパードームがある。

1位 Alexander Spanos(アレクサンダー・スパノス)93歳

93歳で最高齢のビリオネアとなったのは、米国のアレクサンダー・スパノス氏だった。氏とそのファミリーの2016年12月11日のリアルタイム資産は24億ドルで、全体の1067位。ギリシャ系移民の息子である氏は、1951年に800ドルのローンで設立したケータリング会社で得た利益を使って不動産を購入し、国内最大のマンション開発会社を築くことになる。氏が1984年に支配権を手にしたサンディエゴ・チャージャーズは、現在20億ドルの価値を持つ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)