私たちの人生には様々な「リスク要因」が潜んでいます。しかし、リスクを必要以上に恐れることはありません。状況によってはリスクを恐れるあまり、かえって大きな損失を招きかねないからです。リスクとは恐れるものではありません。大切なのはリスクと正しく向き合い「管理」することです。

今回は「人生のリスク管理」をテーマにお届けしましょう。

あなたが恐れているもの、それはリスクですか?

人生,不安
(画像=PIXTA)

読者のみなさんはリスクの「経済学的意味」をご存知でしょうか?

リスクは一般的に危険・危険度・危険性と理解されることが多いのですが、経済学の世界では「ある事象の変動に関する不確実性」の意味で使われます。たとえば、株式市場などの不確実な価格変動に対する投資を「リスクテイク(リスクをとる)」と呼んだりします(※工学系で使うリスクにはまた別の意味があります)。

「ビルの38階から飛び降りる」行為は経済学的にはリスク(リスクテイク)とは呼びません。100%確実に死亡するのが分かっており、不確実ではないからです。

ところで、投資経験のない人は「リスクをとる」「リスクテイク」と言われてもピンとこないかもしれません。ひょっとして、リスクは「避けるもの」と思い込んでいませんか? それも間違いではないのですが、リスク管理は「避けるだけ」では十分とはいえません。次のパートではリスク管理の一つ「リスクテイク」について詳しく解説しましょう。

あえて「リスクをとる」選択もある!?

経済学や投資の世界において、リスクは「リターン」と表裏一体となっていることが多いと考えられます。リターンとは将来的に得られる可能性のある「収益(収益率)」のことです。

たとえば、株式投資である上場企業の株を10万円で購入した場合、最大のリスクはその上場企業が経営破綻や上場廃止となり、投資した10万円がゼロになってしまうことです。一方で、その上場企業の株価が将来的に100万円、あるいは1000万円まで上昇する(リターンを得る)可能性もないとはいえません。その上場企業の株価が将来的にどうなるかは「不確実」なのですが、いずれにしても10万円を失う「リスク」をとらないとリターンも期待できないのです。

リスクとリターンの表裏一体の関係は投資の世界に限りません。転職や起業についても同じような意味があると私は考えます。たとえば、大企業で高収入を得ていた人が起業するのも「リスクテイク(リスクをとる)」と考えられます。起業が本当に成功するかは「不確実」です。しかし、あえて大企業の高収入を捨てるという「リスク」をとらなければ、起業で成功するというリターンは期待できないのです。また、資格取得も同じです。私はFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得したおかげで、新たな収益(リターン)を得ることができました。FPの資格をとるには少なからぬ資金と時間を費やしますが、それで本当に収入が増えるかは「不確実」です。でも、とにかく資格をとらなければリターンそのものも望めないのも事実なのです。

シェイクスピアの名言にもありますよね。「何もしなかったら、何も起こらない」と。長い人生、あえて「リスクテイクすべきか」判断を求められる局面は一度や二度ではないと思います。

問題は、リスクに見合った「リターンを期待できるか?」

リスクテイクすべきか判断をする際には、それに見合ったリターンを期待できるか、すなわちリスクとリターンの「バランス」について考えることも重要です。これを「リスクリワード(リスクリワードレシオ)」と呼びます。

たとえば、株式投資で損切りのレベルを-10%にすると同時に、利益確定のレベル(リターン)を何%にするか決めます。人によってその「バランス」は様々で、一概にこれが正解とはいえません。「20%のリターン」を想定する人もいれば、「200%のリターン」を望む人もいるかもしれません。

「リスクリワード」は投資の世界では一般的なのですが、私たちの日常生活、人生においても役に立つ概念です。「損して得取れ」ということわざもありますが、損に見合った得を期待できるかが重要なのです。リスクテイクを検討する際にはリスクとリターンについて、できる限り具体的にイメージするように心がけましょう。

「リスクヘッジ」のやり過ぎにご注意を!

ところで、日常生活のリスク要因について、保険の加入等で対処する人も多いと思います。これを「リスクヘッジ」と呼びます。たとえば自動車を運転する行為は、交通事故のリスク要因となります。どんなに運転技術の優れた人でも交通事故のリスクをゼロにすることはできません。そんなもしものときに備えた「リスクヘッジ」として有効なのが自動車保険です。

では、日常生活のリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか? 平成26年度の世論調査によると「日常生活での悩みや不安」について、不安を感じている割合は66.7%に達します。その主な内訳は「老後の生活設計について」が57.9%、「自分の健康について」49.7%、「家族の健康について」41.9%、「今後の収入や資産の見通しについて」41.0%……となります(複数回答)。健康についての悩みが本当に多いですね。

私はFPとして相談を受ける機会が多いのですが、確かに上記の世論調査と重なる部分が多いです。ただ、気になるのは相談に訪れる人の中には「リスク」を必要以上に恐れてしまい、驚くほど高額の生命保険に加入しているケースも珍しくないことです。「リスクヘッジ」はとても重要な考え方なのですが、やり過ぎは経済的にかえって大きな損失を招くことにもなりかねません。

リスクは恐れるものではなく「管理」するもの

保険のなかでもっとも新規契約数が多いのが医療保険です。しかし、その心配は、本当に「リスク」と呼べるのでしょうか?

日本の健康保険制度は非常に優れており、その手厚さは先進国でもトップクラスです。誰でも平等に医療を受けることができます。自己負担は3割で、しかも治療費が高額になった場合でも「高額療養費制度」が設けられており、一定以上の自己負担にならないように配慮されています。長期にわたって治療のために仕事ができなくなった場合には、傷病手当金がありますし、障害状態と認められれば、障害年金を受け取ることもできるのです。

私はFPとして多くの人の「悩み」と向き合ってきました。その中で強く感じるのは「日本の社会保障制度」をきちんと理解している人は意外と少ないことです。入院をしたら、お金がたくさんかかるという「漠然とした不安」を抱いてしまいがちで、やみくもに高額の医療保険に入っている人が多いのです。先の世論調査で「健康」に対する不安が大きいのは、日本の社会保障制度をきちんと理解せず、リスクと正しく向き合っていないことの裏返しではないのでしょうか。想像以上に多くの人が「過剰なリスクヘッジ」に走っているのではないかと危惧しています。

社会保障制度を理解し、それでも足りない部分を民間の保険で補うという考え方が「正しいリスクヘッジ」なのです。人が不安になるのは「未来が不確実」だからです。ある程度具体化したイメージを抱くことができれば、その不安は不安でなくなるのではないのでしょうか。

今回は「人生のリスク管理」をテーマに、(1)リスクテイク、(2)リスクリワード、(3)リスクヘッジの3つの考え方について紹介しました。リスクとは恐れるものではなく、「管理するもの」なのです。

長尾 義弘 (ながお・よしひろ)
NEO企画代表。ファイナンシャル・プランナー、AFP。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。著書に『コワ~い保険の話』(宝島社)、『お金に困らなくなる黄金の法則』『保険はこの5つから選びなさい』(河出書房新社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』など多数。