世の中には「お金持ち」になるための情報があふれているが、実際にお金持ちとはどういった人を指すのか、あるいはお金持ちになるためにどうしたよいのか、具体的かつ客観的に記したものは少ない。

「お金持ちになる絶対的な法則は存在しない」としつつも、「お金持ちになりやすい行動パターンやお金が逃げていくパターンを知ることで成功する確率を上げることはできる」と語るのが経済評論家の加谷珪一氏だ。ベストセラー『お金持ちの教科書』(CCCメディアハウス (2014/1/29))の著書であり、億単位の資産を運用する個人投資家でもある加谷氏に「資産1億円の教科書」と題して話を聞いた。(聞き手:押田裕太)

第1回は、「お金持ちの定義」と「お金持ちになるために必要な考え方」について。

加谷 珪一氏
加谷 珪一(かや けいいち)氏
経済評論家。東北大学卒業後、投資ファンド運用会社などで企業評価や投資業務に従事。その後、コンサルティング会社を設立し代表に就任。マネーや経済に関するコラムなどを執筆する一方で、億単位の資産を運用する個人投資家の顔も持つ。 著書にベストセラー『お金持ちの教科書』(CCCメディアハウス (2014/1/29))(日本経済新聞出版社)、『お金持ちになる習慣「生きたお金の使い方」が身につく本』(清流出版 (2015/7/18))など多数

目次

  1. お金持ちに関する「よくありがちな誤解」
  2. 資産1億円に到達するために必要な2つのアプローチ
  3. 年収1000万円が一番キツイ理由とは?
  4. 資産家から庶民に転落しないために……お金持ちの思考とは? 
  5. 「10億円の壁」富裕層と超富裕層の違いとは?

お金持ちに関する「よくありがちな誤解」

加谷珪一氏
(画像=ZUU online)

――まずは加谷さんが考える「お金持ち」について教えてください。

「お金持ち」の定義について考えることは非常に重要です。実像が分からないまま、お金持ちになりたいと思っていても実現することはできません。野球がうまくなりたいと思っている人は、プロ野球選手がどのようなプレーをするのかを分かった上で、トレーニングを積みますよね。でも、なぜかお金持ちだけは、お金持ちがどのような人なのか分からないまま、お金持ちになりたいと思っている人が多い。まずはそこをしっかりと認識しましょうというのが最初のステップです。

まず、お金持ちに関する「ありがちな誤解」を解きましょう。

1つ目が「お給料が多い人がお金持ち」という考え方です。2つ目が「サラリーマン社長はお金持ち」という考え方です。

これらはあながち嘘ではありませんが、一方で巨額の資産を保有している人もお金持ちと呼ばれます。この話をする際、よく私が引き合いに出すのが、ソフトバンクの孫正義さんやファーストリテイリング(ユニクロ)の柳井正さんです。

彼らの役員報酬は、1億~2億円程度しかありません。ちょっとした芸能人のほうが、はるかに稼いでいるはずです。たしかに上場企業の社長になった人は一般社員と比べれば高い給料がもらえますし、社会的なステータスもあります。孫さんも上場企業の社長ですから、社会的ステータスがある。その社会的ステータスがあるということと、お金持ちであるということを混同してしまっている方がいるのだと思います。

では、なぜ孫さんや柳井さんがお金持ちだといわれるのかと言えば、数千億円というケタ外れの資産を持っているからです。

つまり、お金持ちというのは、給料が多い人や社会的ステータスのある人を指すのではなく、ポイントは1つで「資産額が大きい人」がお金持ちというわけです。

――具体的にどのくらいの資産があればお金持ちと言えるのでしょうか?