確定申告,とは
(写真=Thinkstock/Getty Images)

納税は国民の義務であるため、納税額を確定する確定申告もやはり対象者とっての義務である。しかしながら、多くの給与所得者は年末調整によってこれを済ませてしまうので、改めて確定申告を行う必要が生じると何から手を付けて良いか分からない場合も少なくないだろう。今回は確定申告を初めて行う人へ向けて、その申告手続きの基礎的な部分をまとめた。ぜひ参考にしていただければ幸いである。


確定申告とは

確定申告とは、数ある税金のうち所得税を確定させるために行う税務申告である。なお、住民税も確定申告において確定すると混同している方が少なからずいるかもしれないが、これはやや認識が誤っている。ただ、ある意味では正しいとも言える。

厳密には所得税は国税であり、住民税は地方税である。国税の申告先は税務署であり、地方税の申告先は各市町村役場となっているため、双方は本来同一視するべきではない。

しかしながら、年末調整や確定申告によって所得税を確定させた場合、税務署より各市町村役場へ申告内容の通知がなされるため、結果的に別途住民税を申告する必要がなくなるのだ。

さておき、確定申告が必要になる人とは、給与所得者の中で年末調整を受けていない人である。法人や個人事業主を始め、年末の時点でいずれかの勤務先に所属していない者、あるいは年末調整を受けるための一定の要件を満たしていない者などがこれに該当する。

またその他、年末調整を受けていても確定申告を行うべきケースが存在する。具体的には、年末調整において適用されない控除を利用する場合などがこれに当たり、この際行われる確定申告は還付申告といって通常のそれとはやや扱いが異なる。

確定申告の書き方と手続きの流れ

確定申告は、本来単純な手続きである。前述の通り確定申告を行う目的は所得税を確定させることにあるため、もっとも大切なのは「その年に得た所得の申告」だ。

だが、所得税には各種控除が設けられており、これを利用するために各種書類を用意する必要があるのだ。

確定申告の必要書類

確定申告で提出が求められる書類は、申告者の立場や適用を受ける控除によって異なる。まず、いずれのケースであっても共通に提出するものとして、確定申告書がある。

確定申告書にはA(簡易版)とB(通常版)の2タイプがあり、還付申告の場合はA、確定申告の場合はB、と認識しておけばおおむね問題はないだろう。

還付申告においては、申告書のほか給与所得の源泉徴収票(原本)を始めとして、適用を受けたい各種控除内容に沿った書類を提出しなければならない。

通常の確定申告ではそれに加えて、帳簿等を始めとする支出の明細書を提出する必要があるなど、用意する書類は多岐に渡る。

確定申告で控除されるもの

確定申告で適用される控除は非常に種類が多いため、2つに分けてこれを紹介する。

所得そのものから差し引かれる控除

雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、地震保険料控除、寄附金控除、寡婦・寡夫控除、勤労学生控除、障害者控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、基礎控除

所得金額に対して課税された税額から差し引かれる控除

配当控除、事業所得等の特例に係る税額控除、(特定増改築等)住宅借入金等特別控除、政党等寄附金特別控除、認定NPO法人等寄附金特別控除、公益社団法人寄附金特別控除、住宅耐震改修特別控除、住宅特定改修特別控除、認定住宅新築等特別税額控除、外国税額控除

申告しない場合のペナルティーと延滞した場合の対処法

申告義務のある者が確定申告を行わなかった場合、罰則として無申告加算税が課されることとなる。無申告加算税は、納付すべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える部分には20%の割合で課される。

ただし、期限内に申告する意思が見られた場合や、申告期限から1か月以内に自主的に申告がなされた場合には、無申告加算税は課されない。

また、自主的な申告があった場合には、期間に関わらず無申告加算税が一定の割合で軽減されるため、申告忘れに気付いた際は速やかに期限後申告を行うべきである。

税務調査によってこれが発覚すると、支払わなかった期間に応じて延滞税が発生するほか、無申告が故意であったとされれば重加算税が課されることとなってしまう。

確定申告における注意点

確定申告を初めて行う場合どうしても、控除が適用されるか否か、還付金がどれほどになるかなどを意識してしまいがちだ。しかし、確定申告において重要なのは、正しく所得税を確定させ、課せられた税額を期限内に納めることである。

たとえ、控除の適用が認められるとしても、納付の忘れや遅延により延滞税などが発生してしまっては本末転倒である。確定申告へのぞむ方は、ぜひ注意していただきたい。

【あわせて読みたい 「確定申告」記事】
税務署へ出す確定申告の書類は何がある?提出方法から注意点まで
確定申告とは?必要書類は年末までに準備を整えよう
消費税の確定申告の仕組みとは?個人事業主になるなら
2018年の確定申告期間はいつまで?申告の流れから修正申告方法まで
「住民税が6月から増えた」のはなぜ? 税のキソを税理士が解説