北朝鮮が弾道ミサイルを4月29日に発射した。失敗に終わったと言われているものの、落ち着いたかと思われていた地政学リスクが再燃する可能性もでてきた。

地政学リスクが進むと、投資家はリスク回避に動くため、株式等は売られる場合が多く、金融マーケットに与える影響は大きい。テロや戦争、政治不安等の「有事に強い金融商品」について考えてみたい。

有事に強い「金(ゴールド)」

金投資,ミサイル,有事
(写真=PIXTA)

有事に強い金融商品の一つに、金(ゴールド)がある。金は希少性が高く、かつ現物資産が存在するため、それ自体に価値がある。金価格は常に変動するが、株式や債券、預貯金等の金融商品とは異なり、世界中どこに行っても金の価値は変わらない。

投資環境が悪化する時には、リスクを回避する投資資金は有事に強いとされる金に集まりやすく、金の価値は上がる傾向にある。実際、サブプライムローン問題やリーマンショックが発生した時は、世界の株式市場は下落したが、リスクを回避した投資資金は金に向かった。NY金の価格は2011年に高値をつけるため、右肩上がりでの値上がりが続いた。

その後、世界経済の安定とともに投資資金はリスクを好むようになり、金価格は値下がりに転じた。しかし、ここ数年はテロや政治不安等から再び金が買われている。

投資金に投資できる金融商品