「タイム・イズ・マネー=時は金なり」誰もがよく知っている諺だ。米政治家のベンジャミン・フランクリンが1748年に若い社会人向けにしたアドバイスが語源とされている。本来の意味合いは現在とは少し違うニュアンスだったようだ。その本来の意味は現在の若い社会人にも充分に通用する。

「時は金なり」の現在の意味は時間を有効に使うこと

ベンジャミン・フランクリン,時間,タイム・イズ・マネー
(画像=PIXTA、※写真はイメージです。)

『大辞林』で「時は金なり」を引くと「時間は貴重で有効なものであるから、浪費してはならない。」とある。人が持つ「時間」は限られており貴重なもので、時間をマネジメントして「有効」に使うことが大切だという教えである。時間を無駄にせずに常に一生懸命努力して物事に向かうべきだという意味合いが強い。

非常にありがたい教訓ではあるのだが、今から270年前に初めてこの言葉を使ったベンジャミン・フランクリンが意図していたのは少し違う。

フランクリンは、『若き商人への手紙(Advice to a Young Tradesman)』という著書で、当時の若い社会人に向けたアドバイスで「タイム・イズ・マネー(Time is Money.)」というフレーズを使った。

18世紀当時は、産業革命が起き、世界的に自由貿易が拡大し、植民地戦争が繰り広げられ三角貿易が華やかしかった時代である。当時の「若い商人」へと向けたメッセージは、今で言うと若い起業を目指すような人に宛てたアドバイスに近いものだろう。

【合わせて読みたい「富裕層ネタ」シリーズ】
富裕層ってどんな人? 1億円の壁の向こう側
富裕層に集まる「超良質な提案」の中身
トップセールスが語る富裕層開拓の極意【1万字インタビュー】
富裕層の懐のコア資産を引き出すコツ【1万字インタビュー】

「タイム・イズ・マネー」本当の意味は機会損失の考え方

ベンジャミン・フランクリンは18世紀の米国の政治家でアメリカ独立に大きな貢献をした。アメリカ独立宣言の起草委員であり、アメリカ合衆国憲法に署名している「アメリカ合衆国建国の父」の一人として知られている。『フランクリン自伝』は米国のロングセラーであり、現在の100ドル紙幣にその肖像が使われているほど尊敬されている偉人だ。

『若き商人への手紙』で、お金に対してアドバイスした章に以下のようなフレーズがある。
「覚えておいて欲しい。時間はマネーだ。(Remember that Time is Money.)」
「覚えておいて欲しい。信用はマネーだ。(Remember that Credit is Money.)」
「覚えておいて欲しい。マネーはマネーを呼ぶ。(Remember that Money is of a prolific generating Nature.)」

「タイム・イズ・マネー」の後には以下の文章が続く。「労働で一日10シリング稼ぐ事が出来る人が、旅行に出掛けること、半日をダラダラと過ごすことは、その旅費などにかかった6ペンスを失うだけでなく、本来働いていればもらえた10シリングの半分を失ったことである」

賃金は労働の対価として得るものであり、仕事を休むことはその労働の対価を失うこと、つまり賃金を得るための機会を損失することを意識すべしだと説いたのだ。

「Remember that Credit is Money.」ではお金が金利を生み出すことについて、「Remember that Money is of a prolific generating Nature.」ではお金は集まるとどんどん増える性格があることについて触れている。

「タイム・イズ・マネー」のくだりは、今風に言えば、やる気に満ち足りた若い社会人に対する金融リテラシーについてのアドバイスだったのである。いわば「マネー本」であり、教訓的な意味合いは少ない。

フランクリンの勧める習慣

フランクリンはそのロングセラー『フランクリン自伝』のなかで、身につけたい良い習慣を「フランクリンの十三徳」として、「節制」、「規律」、「決断」、「節約」、「勤勉」などを挙げている。その「勤勉」の項で、「時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし」としている。

「タイム・イズ・マネー」が日本語に約された時に『時は金なり』となり、「タイム・イズ・マネー」の実用的な考え方と、「勤勉」の時間に対する態度があわされ、より教訓的な意味合いで語られるようになったのではないだろうか?

日本語には、「一刻千金」という言葉もある。『大辞林』では「ほんのわずかな時間でも千金にも値すること。」とあり、中国の詩人が語源である。中国や日本では時間に対する「慈しみ」の気持ちがより強かったのかもしれない。

若い社会人が、将来の仕事、長期の資産形成を考える上でも、「タイム・イズ・マネー」の本来の意味をもう一度理解してほしい。「タイム・イズ・マネー」の本来の意味は、機会損失しないこと、金には仕事させることなのだ。 (ZUU online 編集部)

【合わせて読みたい「富裕層ネタ」シリーズ】
富裕層ってどんな人? 1億円の壁の向こう側
富裕層に集まる「超良質な提案」の中身
トップセールスが語る富裕層開拓の極意【1万字インタビュー】
富裕層の懐のコア資産を引き出すコツ【1万字インタビュー】