企業が環境の変化に対応しながら成長を続けていくために、欠かせない戦略の一つが新規事業の立ち上げです。しかし、実際に携わったことのある経営者や担当者は少ないのが現実です。「何から手を付ければいいのかわからない」といった悩みを持つビジネスパーソンは多いといえます。

新規事業の立ち上げにはさまざまなタスクが発生し、検討すべき要素は多岐にわたります。また、事業として取り組む以上、利益の出るビジネスモデルを構築する必要があります。本稿では、立ち上げる際に必要な5つのステップや注意点、フレームワーク、成功事例をお伝えします。

目次

  1. なぜ新規事業が必要か?
  2. 新規事業を立ち上げる5つのステップ
  3. 新規事業を成功させるポイント6つ
  4. 新規事業の成功例4つ
  5. 新規事業に挑戦しないことがリスク

なぜ新規事業が必要か?

新規事業を立ち上げる5つのステップ|フレームワークや成功事例も紹介
(画像=ponta1414/stock.adobe.com)

そもそもなぜ新規事業展開が必要なのでしょうか。その目的やメリットは次の通りです。

・企業の長期的な存続のため
・社会の変化を成長に変えられる
・成長志向の組織に変えることができる

それでは具体的に見ていきましょう。

企業の長期的な存続のため

新規事業の立ち上げに取り組む目的の一つは、企業の長期的な存続のためです。国内経済が長期低迷し、市場が伸びにくいなかで、既存事業だけで成長を図るには限界があります。そして、成長を続けない企業はやがて衰退していきます。

コンサルティング会社のマッキンゼーが過去30年にわたってアメリカの上場企業を調査したところ、成長率がGDPを上回っている企業は、そうでない企業に比べて5割ほど会社が存続する確率が高かったということです。裏を返せば、成長しない企業は消滅する可能性が高いということです。

成長を実現する手段の最たるものが新規事業の加速です。どんどん立ち上げて成長を果たすことが、企業の存続につながります。

参考:野中賢治、梅村太朗『マッキンゼー 新規事業成功の原則 Leap for growth』日経BP 日本経済新聞出版、2022年

国内の調査でも同様の状況は見て取れます。新規事業展開に成功した企業と成功していない企業に対する調査によると、新事業展開に成功した企業ほど経常利益率が増加傾向にあることがわかっています。

画像引用:中小企業庁『2016年版中小企業白書』
画像引用:中小企業庁『2016年版中小企業白書』

社会の変化を成長に変えられる

既存事業だけでは社会の変化に対応できないというのも、新規事業に取り組むべき理由の一つです。コロナ禍やインフレなどの逆風に見舞われたことで、既存事業が急激に縮小して市場からの退場を余儀なくされた企業は数多くありました。変化に対応できない企業は、残念ながら衰退せざるを得ません。

一方で、環境の変化をチャンスに変えた企業もあります。茨城県ひたちなか市で写真スタジオなどを運営する小野写真館では、コロナ禍で結婚式が減った影響で売上高が約8割減りました。しかし、スマホアプリ事業と老舗高級旅館を買収し、写真館サービスと組み合わせた新たな事業を始めたことで、売り上げをコロナ前の水準にまで急回復させました(※)。

※「コロナ禍で中小のM&Aに変化 アプリと旅館を買収した写真館「今が事業拡大のチャンス」東京新聞、2021年9月5日

小野写真館の事例以外にも、オンライン診療やオンライン体験ツアーなど、コロナ禍の逆風のなかで新サービスが次々と登場しています。社会が変化する時は、新たな価値観が生まれるタイミングでもあります。新規事業に取り組む企業は、その変化を好機と捉えることができます。

成長志向の組織に変えることができる

企業にとって既存事業の拡大も重要ですが、その戦略は「市場シェアの数%を競合から奪い取る」といった方向性になりがちで、大きな成長にはつながりにくいという一面もあります。どうしてもこれまでの延長線上での取り組みになるため、従業員が獲得する経験も限られてしまいます。

しかし、新規事業に取り組めば従業員は全く新しい経験を数多く積むことになり、能力が大きく伸びる可能性が高まります。事業が実際に成功すれば、売り上げや利益の大きな伸長という成果を得られます。さらに組織全体を活性化させ、「自分たちの力で新たな市場を創造する」といった成長志向を持つ会社に生まれ変わることができるのです。

『2016年版中小企業白書』でも、「新規事業展開を実施したことによる効果」として「従業員の意欲向上」が上位に挙げられていました。

画像引用:中小企業庁『2016年版中小企業白書』
画像引用:中小企業庁『2016年版中小企業白書』

新規事業を立ち上げる5つのステップ

新規事業を立ち上げる5つのステップ

新規事業の立ち上げは、どのように進めていけばいいのでしょうか。大まかなステップは、「①新しい事業アイデアを考える」「②市場ニーズの調査・分析を行う」「③事業戦略を練る」「④事業計画書を作成する」「⑤事業を立ち上げ改善する」という流れです。それぞれのステップを解説していきましょう。

①新しい事業アイデアを考える

まずは事業の種となるアイデアを考えます。アイデア創出ノウハウは世の中にたくさんありますが、ここでは新規事業に特化した方法として以下の4つを紹介します。

ユーザーの不平不満や課題を探る

新規事業のアイデアを生み出す考え方の一つが、ユーザーの不平不満を探る方法です。どのような優れた商品・サービスでも不平不満を抱えているユーザーはいるはずで、その不平不満を解決することがビジネスにつながります。キュービーネットが展開する1,000円カットの美容室QBハウスも、「美容室は髪を切るだけでいいから安くしてほしい」という不平不満から生まれたと考えられます。

ユーザーの不平不満を知るには、有料のマーケティングリサーチを使う方法もありますが、より手軽にできるのがAmazonなどのECサイトのレビューを確認する方法です。売れている商品であっても、「低評価レビュー=ユーザーの不平不満」があり、そこに儲かるヒントが隠されています。売れている商品の不平不満を解決すれば、より高い満足度を与えられる商品をつくることができるからです。

商品レビューと同じように、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などのQ&Aサイトも参考になります。特定のキーワードを入れて検索することで、ユーザーが知りたいことや悩んでいることなどリアルな姿が見えてくるからです。大量のQ&Aを見ることがアイデアの発掘につながります。

参考:松本剛徹、小島幹登『99%失敗しない新規事業の創り方』ぱる出版、2022年

アイデアを生み出す発想法3つ

ビジネスになりそうなアイデアを生み出すための、3つの簡単な発想法をご紹介します。

・逆張り発想法
・掛け算発想法
・モノマネ発想法

(1)逆張り発想法

売れている商品・サービスの逆を考える発想法です。あのヒット商品は「大衆向け」だから、「富裕層向け」にアレンジしたらどうか。「痩せたい人向け」のサプリがあるなら、「太りたい人向け」のサプリは売れるだろうか。日傘は「女性向け」のイメージがあるけれども、「男性向け」にしてはどうか……といったように、何でも逆に考えてみると新しいアイデアが生まれる可能性が高まります。

(2)掛け算発想法

複数の商品やアイデアを掛け合わせて新しいアイデアを生み出す方法です。お互いに関係ないもの同士を掛け合わせることで、面白いアイデアが生まれます。「寿司」と「ベルトコンベアー」を組み合わせることで、「回転寿司」が生まれるといった要領です。新規事業のアイデア探しで行う場合は、自社の独自技術や保有資産と全く関係のないキーワードの組み合わせを考えてみるといいでしょう。

実現可能性などは考慮せずに、ゼロベース思考でさまざまな要素を掛け算してみてください。

(3)モノマネ発想法

売れている商品・サービスをまねて応用する発想法です。対象となる商品・サービスの切り口やコンセプト、販売方法、広告展開、商品名の付け方などを、知的財産権の侵害にならない範囲でモノマネするという方法です。

例えば、カーシェアなどを参考に始まったシェアサービスは、民泊、配車サービス、貸し会議室、スキルシェアなどに応用され、幅広いシェアリングエコノミーを生みました。業界を超えてビジネスコンセプトをモノマネした例といえます。

参考:松本剛徹、小島幹登『99%失敗しない新規事業の創り方』ぱる出版、2022年

アライアンスを前提に考える

新規事業の種となるアイデアを思いついたとしても、自社のリソース(人材やノウハウ、販売チャネルなど)だけではそのビジネスを推進できない可能性があります。しかし、あきらめる必要はありません。自社単独での実施は無理だとしても、パートナーとアライアンスすることで実現可能性は大きく高まるからです。

アライアンスの類型には、技術連携や業務連携、産学連携、オープンイノベーションなどさまざまなものがありますが、目的はいずれもお互いのリソースを補完して大きな成果を生むことです。「自社の技術があの市場でも生かせるかもしれない」「あの業界での販売チャネルや参入資格があれば当社の商品を売れるかも」といった点があるならば、アライアンスを検討してみましょう。

②市場ニーズの調査・分析を行う

筋の良さそうなアイデアを見つけたら、ユーザーは本当にいるのか、その商品・サービスは求められているのか、市場のニーズを調査する必要があります。市場ニーズの調査・分析を行うための基本的な手法をいくつかご紹介します。

3C分析

3C分析

「自社(Company)」「競合(Competitor)」「市場(Customer)」の3つの視点から市場を分析する手法です。

まず市場を分析し、見込み客がどのような悩みを持ち、今までにその悩みをどう解決してきたのかを探ります。次に、これから参入しようとする分野において、どんな商品・サービスがあるのかを調べます。その上で、自社の強みを生かしてどんなビジネスを展開していけるかを考えます。「顧客(市場)ありき」で考えなければ、新規事業が空振りに終わる可能性が高くなります。

参考:木下雄介『改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門』幻冬舎メディアコンサルティング、2022年

SWOT分析

SWOT分析

自社環境を客観的に分析するためのフレームワークがSWOT分析です。自社の内部環境を「強み(Strength)」と「弱み(Weakness)」で、外部環境を「機会(Opportunity=プラス要因)」と「脅威(Threat=マイナス要因)」でとらえ、それぞれの要素を挙げていきます。

強みの例としては「既存事業の顧客数」や「ブランド力」などが、弱みの例としては「人材不足」「新規事業分野での実績不足」などが挙げられます。機会の例としては、市場の拡大や法改正など追い風の要因が、脅威の例としては反対に向かい風となる要因が挙げられます。

参考:木下雄介『改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門』幻冬舎メディアコンサルティング、2022年

クロスSWOT分析

クロスSWOT分析

SWOT分析をより精緻に行うためのフレームワークが、クロスSWOT分析です。SWOT分析では「強み」「弱み」「機会」「脅威」の4要素をそれぞれ分析しましたが、クロスSWOT分析ではこれらの要素を組み合わせて、以下のような状況分析を行います。

①積極的攻勢:「機会」と「強み」の組み合わせ
(例、既存顧客に新製品を売り込み、その成功事例を生かして成長市場を開拓する)

②段階的施策:「機会」と「弱み」の組み合わせ
(例、人材不足を採用によって補い、市場拡大に備える)

③差別化戦略:「脅威」と「強み」の組み合わせ
(例、独自サービスを確立して、価格競争の激しい市場で生き残る)

④戦略的撤退:「脅威」と「弱み」の組み合わせ
(例、撤退を検討する)

参考:木下雄介『改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門』幻冬舎メディアコンサルティング、2022年

STP分析

「セグメンテーション(Segmentation)」「ターゲティング(Targeting)」「ポジショニング(Positioning)」の3つのプロセスを通じて、市場における優位性を探っていく分析手法です。

セグメンテーションのプロセスでは、ニーズや性質に応じて顧客をグループ分けします。ターゲティングでは、同じニーズや性質を持つ顧客の集団(セグメント)のなかから、ターゲットとするセグメントを絞り込みます。不特定多数を対象にする商品は誰のニーズも満たさないので、できるだけ絞り込むことことが重要です。

最後のポジショニングでは、競合製品と差別化して顧客へアピールできるように提供する商品・サービスの価値を明確に位置づけます。

参考:木下雄介『改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門』幻冬舎メディアコンサルティング、2022年

③事業戦略を練る

「②市場ニーズの調査・分析を行う」の分析結果を元に事業戦略を練っていきます。つまり「誰に、何を、どのように売っていくのか?」を明確にします。事業戦略を考える際には、次のようなフレームワークが役立ちます。

4P戦略

4P戦略

次の4つの視点から売れる仕組みを考えるフレームワークです。

①Product(商品):どのような商品・サービスか?

「顧客に対してどのような価値を提供するのか」と言い換えることもできます。新商品を開発するだけでなく、既存の商品との組み合わせなども考慮しながら顧客に対して価値のある商品・サービスを考えます。

②Price(価格):いくらで売るのか?

値決めは重要な検討事項です。京セラ創業者の稲盛和夫氏も、「値決めはトップの仕事。お客様も喜び、自分も儲かるポイントは一点である」と語っています(※)。競合商品との比較も踏まえた上で、自社にとって利益が最大になる価格を慎重に探る必要があります。

※「稲盛経営12ヵ条」稲盛和夫OFFICIAL SITE

③Place(流通):どの販売チャネルで売るのか?

商品・サービスを顧客に届けるまでの販売・流通網の構築について考えます。チャネルには、直販と代理店経由、対面とネットなどさまざまな方法がありますが、いずれにしても大切なことは顧客ファーストの視点です。

④Promotion(販売促進):どのようなプロモーション活動をするのか?

プロモーションの方法としては、広告やパブリシティ、販売促進、人的販売、口コミなどが考えられます。限られた資金を活用して効果を上げるためには、インターネットを使ったプロモーションから検討してみるといいでしょう。

参考:木下雄介『改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門』幻冬舎メディアコンサルティング、2022年

AIDMAモデル

画像引用:総務省『ICT インフラの進展が国民のライフスタイルや社会環境等に及ぼした影響と相互関係に関する調査研究』
画像引用:総務省『ICT インフラの進展が国民のライフスタイルや社会環境等に及ぼした影響と相互関係に関する調査研究』

プロモーション戦略を考える上で、消費者の購買行動プロセスを表す代表的なモデルが「AIDMA(アイドマ)モデル」です。消費者がある商品を知って購入するまでには「Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Memory(記憶)→Action(行動)」というプロセスがあり、これらに即したプロモーションを実施することが大切とされています。

現在ではAIDMAだけでなく、ネット上での検索行動も含めた「AISAS」や「AISCEAS」などの購買行動プロセスも提唱されていますが、基本的な流れは同じものと考えていいでしょう。

参考:総務省『平成23年版 情報通信白書

アンゾフの成長マトリクス

画像引用:経済産業省 中小企業庁「ミラサポplus」
画像引用:経済産業省 中小企業庁「ミラサポplus」

4P戦略によって新規事業を立ち上げることに成功したら、次のステップとしてさらなる成長・拡大を目的とした戦略が必要になります。その際に参考となるのが、アメリカの経営学者イゴール・アンゾフが提唱した成長マトリクスです。

アンゾフの成長マトリクスでは「製品」と「市場」の2軸を、それぞれ「新規」と「既存」の2軸で捉えて成長の方向性を探ります。その結果、成長戦略は「市場浸透戦略」「新製品開発戦略」「新製品開発戦略」「多角化戦略」の4パターンに分かれます。これを元に、どのような順で戦略を展開して成長・拡大を図るのか検討していきます。

参考:経済産業省 中小企業庁「ミラサポplus

ビジネスモデルキャンバス

画像引用:Strategyzer
画像引用:Strategyzer

ビジネスモデルの立ち上げで役立つ思考フレームワークが「ビジネスモデルキャンバス」です。1枚のシートのなかに、ビジネスモデルを考える際に必要となる「9つの要素(顧客セグメント、顧客関係、提供価値、チャネル、収入構造、費用構造、業務活動、経営資源、提携先)」が詰まっています。

この要素を埋めていくだけで、事業を実現するための課題が明確になるとともに、抜けている要素に気づくこともできます。具体的な事業計画を作成する前に、ビジネスモデルキャンバスを作成して思考を明確化するといいでしょう。

ビジネスモデルキャンバスは、創始者であるアレックス・オスターワルダー氏が代表を務めるストラテジャイザーのホームページからダウンロード可能です。

④事業計画書を作成する

事業戦略の案がまとまったら、新規事業戦略を実行に移すための具体的な事業計画を作成します。

3年間の数値目標を立てる

まずは3年後に到達したい売上目標を設定し、その上で3年後に至る過程として1、2年目の売上目標を設定します。そして1、2年目の売上目標を達成するためには製品別にどのくらい売ればいいのか、「製品単価×件数」を分解していきます。すると、各年度の製品別売上目標が明確になります。

ここであまりにも無謀な目標を立てているようなら、目標数値や製品価格などの見直しが必要になります。さらに、売上原価や販管費を設定することで、より精緻な予測PL(損益計算書)を作成することができます。

参考:木下雄介『改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門』幻冬舎メディアコンサルティング、2022年

資金計画を考える

作成した予測PLを元に、収支計画を策定します。入金・出金のタイミングも考慮した試算を行い、現金収支計画表も作成することで、初期に準備すべき必要資金が明確になります。

必要資金が明確になったら、その調達方法を考えます。会社の余裕資金を投入するのもいいですが、新規事業展開する際に利用できる融資や補助金もあるので積極的に活用するといいでしょう。

参考:木下雄介『改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門』幻冬舎メディアコンサルティング、2022年

変動費と固定費を洗い出す

事業計画では、売り上げだけでなく損益にも注意を払う必要があります。最低限押さえておきたいポイントは費用を構成する変動費と固定費であり、中身を徹底的にチェックしてムダを省くことで利益を確保できる事業計画を策定できます。新規事業ではマーケティング経費が大きくなりがちなので、適正な額に保つ意識が重要です。

参考:木下雄介『改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門』幻冬舎メディアコンサルティング、2022年

⑤事業を立ち上げ改善する

計画策定まで終わったら、いよいよ事業を立ち上げるステップとなります。立ち上げた新規事業を着実に軌道に乗せるための施策は次の通りです。

PDCAサイクルを回す

PDCAサイクルを回す

事業計画の実行にあたっては、PDCAサイクルを回していくことが必須です。PDCAとは、「Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)」のサイクルのことで、典型的なフレームワークですが使いこなせば非常に強力なマネジメント手法となります。小さな失敗を繰り返しながら高速でPDCAサイクルを回していくことで、事業計画を実現に近づけていきます。

参考:木下雄介『改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門』幻冬舎メディアコンサルティング、2022年

事業拡大の準備

新規商品やサービスが立ち上がったら、次はビジネスとして拡大していく段階です。事業のスケールを大きくして、大きな利益の獲得を目指します。この段階で目を向けるべき要素は、テクノロジー、製品・サービス、顧客獲得、人材・チーム、事業運営の5点です。ここでは顧客獲得と人材・チーム形成についてやるべきことを知っておきましょう。

参考:野中賢治、梅村太朗『マッキンゼー 新規事業成功の原則 Leap for growth』日経BP 日本経済新聞出版、2022年

顧客獲得

現在あるリソースで、より多くの顧客を効率的かつ効果的に獲得していく方法を考えなければなりません。

BtoCサービスの場合は、製品開発・販売・マーケティングが一体となったチームを作成し、販売チャネルやセグメントごとのコンバージョンなど、全員が同じ指標を使いながら改善点を検討していきます。

BtoBサービスの場合は、いわゆる「THE MODEL型」と呼ばれる営業プロセスを取り入れます。つまり、「認知拡大」から「リード獲得」「リード育成」、そして「有望リード」を選定して「アポイント・訪問」「商談」「受注」につなげるプロセスです。事業拡大には、こうした体制を整えていく必要があります。

参考:野中賢治、梅村太朗『マッキンゼー 新規事業成功の原則 Leap for growth』日経BP 日本経済新聞出版、2022年
福田 康隆『THE MODEL』翔泳社、2019年

人材・チーム形成

事業拡大で最も大きな課題となるのが人材です。適切なタイミングで適切な人材を投入できれば事業を大きく伸ばせますが、人材が足りなければ事業拡大の足かせになります。その際、当然ながら新規事業に適した人材を投入する必要があります。

特にIT人材は不足傾向にあって採用も難しいため、確保するためには相応のコストや時間が必要になることを覚悟しておかなければなりません。

参考:野中賢治、梅村太朗『マッキンゼー 新規事業成功の原則 Leap for growth』日経BP 日本経済新聞出版、2022年

新規事業を成功させるポイント6つ

新規事業の成功確率は10%未満といわれます。では、その10%の成功を引き寄せるポイントはどこにあるのでしょうか。

①絶対にあきらめない姿勢

「あきらめたらそこで試合終了ですよ……?」――漫画『スラムダンク』(井上雄彦、集英社)でバスケ部顧問の安西先生が言ったように、新規事業の推進もあきらめれば失敗に終わり、あきらめずに続ければやがて芽が出る可能性はあります。新規事業で成功を収めるためには、絶対にあきらめないという姿勢が何より重要です。

千葉県の銚子電鉄は「あきらめない経営」で知られています。設備修理費用の不足、当時の社長の横領などが重なった経営危機も、「ぬれ煎餅」の売り上げで乗り切った過去があります。その後も、「まずい棒」のクラウドファンディング、映画『電車を止めるな!』の制作など、新たなことに次々とチャレンジして危機を乗り越えてきました。まさに、あきらめない姿勢を体現しています。

参考:「銚子電鉄の“あきらめない経営”支える「究極の宿直室」の正体」ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

②失敗を恐れない姿勢

あきらめないことと同時に、失敗を恐れないことも重要です。日本企業でよくあるのは、積極的なチャレンジを奨励しておきながら、失敗を許さない風土があることです。失敗によって人事評価が下がることもあります。そのような不寛容な社風があると、失敗を恐れて誰も新規事業にチャレンジしなくなってしまいます。

新規事業の成功はそもそも難しいことを認識し、失敗に目を向けるのではなく、挑戦にかけた活動量や失敗から得た学びなどにきちんと目を向けて評価する仕組みをつくることが重要です。ファーストリテイリングの柳井正氏も「10回新しいことを始めれば9回は失敗する」と語っています(※)。たくさんの失敗があるからこそ、成功を手に入れられるのです。

※柳井正『一勝九敗』新潮社、2003年

③初期段階で十分な資金投入を行う

新規事業を小規模で始めて小さな成功体験を獲得しながら徐々に拡大していく、いわゆる「スモールスタート」という考え方ももちろんあります。しかしそれが結果的に、事業を大きく広げる好機を見逃すことになる場合もあります。

優れたビジネスモデルを確立しても、すぐに他社に目を付けられて模倣される時代です。好機と見極めた時には最大限の資金を投入して急いで事業を軌道に乗せ、他社が追随できないほどのスケールに早期成長させることが重要です。

④優秀な人材を率先して送り込む

企業のなかで新規事業開発を担当する人はどんな人が多いでしょうか。既存事業ばかりを重視する経営者は優秀な人材を担当者にしません。これではいつまでたってもうまくいきません。

新規事業に理解がある経営者は、事業運営の経験があって次代のリーダーになるようなエース級の人材を担当者として据えます。そして、新規事業の成否ではなく立ち上げた経験自体を評価します。それが結果的に事業の成功確率を上げることにつながります。

⑤迅速な意思決定を行う

独創的なアイデアや優れたビジネスモデルを考案したとしても、市場に出るタイミングを逸してしまうと新規事業は成功しません。石橋を叩いて渡るように検討していたら、ビジネスモデルを模倣してきた同業他社に先を越されてしまう可能性もあります。

新規事業はスピードが命です。通常の稟議・承認とは異なるプロセスを経るなどして、経営者がスピーディーな意思決定を行うことが成功率を上げる鍵となります。

⑥既存事業部との連携は欠かせない

新規事業は、基本的に自社の強みやリソースを生かして展開するものです。そのため、立ち上げて拡大していく際には、社内の他部署の協力が欠かせません。しかし、大企業では新規事業部門はごく小さな存在であり、他部署の協力がうまく得られないこともしばしば起こります。

新規事業チームのメンバーに社内に幅広い人脈を持つメンバーを入れる、あるいは特定の役員に部門間のシナジーを創出するミッションを与えるなどの工夫が必要です。新規事業に注力していく姿勢を社内にメッセージとして伝えることで、事業部を超えた協力体制が生まれやすくなります。

参考:野中賢治、梅村太朗『マッキンゼー 新規事業成功の原則 Leap for growth』日経BP 日本経済新聞出版、2022年

新規事業の成功例4つ

他社はどのようにして新規事業を立ち上げ、発展させていったのでしょうか。業種も企業規模もさまざまな企業の成功例を4つ紹介していきます。

①富士フイルム

新規事業を立ち上げる5つのステップ|フレームワークや成功事例も紹介
(画像=gesrey/stock.adobe.com)

富士フイルムでは2000年以降、主力だった写真フィルム事業がデジタル化の波を受けて大幅に縮小しました。同社は「本業消失」の危機を乗り越えるためにコア技術を生かした新規事業を模索し、化粧品や医薬品といった事業を展開して成功させました。現在では、化粧品や医薬品を含むヘルスケア事業は同社の主要事業の一角となっています。

一方、富士フィルムのかつてのライバルで写真フィルム事業を主力としていたコダックは、環境の変化に対応できず破たんしています。

参考:富士フイルムホールディングス「技術と事業の進化のあゆみ

②和多屋別荘

新規事業を立ち上げる5つのステップ|フレームワークや成功事例も紹介
(画像=kai/stock.adobe.com)

和多屋別荘は佐賀県嬉野温泉にある旅館運営企業で、新型コロナ禍で大きなダメージを受けました。利益率の低い従来型の宿泊ビジネスから脱却するため、新規事業として2万坪の敷地を活用したサテライトオフィス事業を開始しました。4社が入居したほか、有名パティスリーショップなどのテナントも誘致したことで地元客の需要の取り込みを進めています。

これらの取り組みによって安定した賃料の確保に成功するとともに、知名度の向上や既存事業とのシナジー創出に成功しています。

参考:中小企業庁「2022年版中小企業白書・小規模企業白書

③ワークマン

新規事業を立ち上げる5つのステップ|フレームワークや成功事例も紹介
(画像=Nagahisa_Design/stock.adobe.com)

ワークマンは、現場作業向けの作業服や関連用品を販売する専門店チェーンとして知られていました。しかし、今では「WORKMAN Plus」「#ワークマン女子」など、お洒落で手ごろな価格のアウトドアウェアやスポーツウェアも販売するアパレルブランドとしての地位を確立しています。新業態に展開するきっかけは、ECサイトの台頭や作業服市場の限界を感じたことでした。

同社は、縦軸に「市場」の大小、横軸に「価格」の高低という4象限で市場を細かく分析し、「機能性」が高くかつ「低価格」のポジションに巨大な空白市場を見つけました。このブルーオーシャン市場に乗り込んだことが、後のワークマンの躍進につながりました。

参考:ダイヤモンド・オンライン「ワークマン式ブルーオーシャンを発見する市場戦略マップ

④ゑびや

新規事業を立ち上げる5つのステップ|フレームワークや成功事例も紹介
(画像=norikko/stock.adobe.com)

伊勢神宮の参道にあり、100年を超える歴史を持つ老舗企業「ゑびや大食堂」。経営不振に陥ったこの食堂の建て直したのは、ITの力でした。それまで手書きだった帳簿をデータ化し、POSシステムを導入しました。さらにExcelや機械学習、RPA、カメラ、AI画像解析ツールなどを駆使し、売り上げや客数の予測を高い精度で的中させられる仕組みを考案したことで、店舗の生産性を大幅に向上させました。

さらにはその店舗分析のノウハウを製品化して販売し、コンサルティングサービスも含めた新事業「EBILAB」を立ち上げました。自社の成功ノウハウを他社に展開することが、有望な新規事業になるという一例です。

参考:THE OWNER「サービス産業を儲かる産業へ!老舗食堂が提供する最先端のデータ経営ツール

新規事業に挑戦しないことがリスク

新規事業立ち上げについての理解は深まったでしょうか。19世紀ドイツの哲学者ニーチェは次の言葉を残しています。

 脱皮しない蛇は破滅する。  人間もまったく同じだ。古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、やがて内側から腐っていき、成長することなどできないどころか、死んでしまう。  常に新しく生きていくために、わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくてはならないのだ。

引用元:フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ『超訳 ニーチェの言葉』白取 春彦(編訳)、ディスカヴァー・トゥエンティワン、2010年

企業も人間と同じです。変化の激しいこの時代においては、新規事業に挑戦をしないこと自体が新陳代謝を遅らせて衰退を招くリスクとなります。一方、失敗を恐れずに積極的に挑戦する企業にはチャンスが訪れます。自社の成長のために、新規事業への取り組みを今日から始めてみてはいかがでしょうか。