積立NISAの知っておきたい基礎知識

積立NISAの始め方は?積立を始めるまでの具体的な手順がわかる!
(画像=beeboys/stock.adobe.com)

積立NISAとは投資制度のひとつで、投資初心者の方でも安定的に資産を増やしていくことができる手法として注目されています。2018年1月から始まった非課税制度で、効率的に少額からの資産運用ができると話題です。

積立NISAを始めるには、銀行や証券会社などにNISA口座を開設し、投資する銘柄を選ぶ必要があります。「積立NISAを始めたいけれど、どのような手続きが必要なのかわからない」「どの金融機関がおすすめか知りたい」という方もいるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、これから積立NISAを始める方向けに、その手順やポイントをご紹介します。

SBI証券に口座を開設する

積立NISAの概要

まずは、積立NISAとはどのような制度なのか、その基礎知識を確認しておきましょう。

金融庁の公式サイトでは、積立NISAについて「特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)」と説明があります。また、投資期間や金額についての概要は次の通りです。

〈積立NISAの概要〉
・非課税で投資できる期間……最長20年
・非課税で投資できる金額……年間40万円×20年(最大800万円)
・非課税で投資できる商品……金融庁が「長期・積立・分散投資」に適していると認めた投資信託

引用元:金融庁の式サイト

投資によって利益が出ると通常は20%程度の税金がかかりますが、積立NISAなら、上記の期間と金額、商品の条件を満たしていれば、税金がかかりません

SBI証券に口座を開設する

積立NISAを始めるメリット・デメリット

積立NISAのメリットとデメリットを見ていきましょう。

まずメリットとしては、最長で20年にわたり最大で800万円までであれば、非課税で投資できることが挙げられます。長期間の積み立てによって投資のリスクを大きく抑えながら、非課税で資金を貯めていくことが可能です。

デメリットは、元本割れを起こす可能性がある点です。元本割れとは金融商品の価格が相場の変動などによって当初投資した金額を下回ることで、投資しても損してしまう可能性はゼロではありません。

しかし、積立NISAは金融庁が「長期・積立・分散投資」に適していると認めた投資信託に投資できるため、損をする可能性は低いと考えてよいでしょう。

SBI証券に口座を開設する

積立NISAを始める前に

235725

積立NISAは、「金融機関の総合取引口座を持っていない場合」「総合取引口座を持っているがNISA口座を持っていない場合」「NISAから積立NISAに変更する場合」のそれぞれのケースによって、必要な手続きが異なります。積立NISAを始める前に、自分にはどのような手続きが必要なのかを確認しておきましょう。

金融機関の総合取引口座を持っていない場合

投資未経験者など、金融機関に総合取引口座を持っていない方は、積立NISAを始める前に新たに銀行や証券会社などに口座を開く必要があります。

この場合、証券総合口座の開設手続きと、積立NISA用の口座の開設手続きが必要です。

SBI証券に口座を開設する

総合取引口座を持っているがNISA口座を持っていない場合

すでに証券総合口座を持っているものの、NISA口座は開設していないという方の場合は、積立NISA用の口座を開設する手続きのみが必要となります。

SBI証券に口座を開設する

NISAから積立NISAに変更をする場合

従来の「NISA」から「積立NISA」へと変更する場合は、以下のケース別に必要な手続きが異なります。

・金融機関を変更しない、2017年9月末までにマイナンバー提出済みの方
口座の切り替えを依頼して、積立NISAへの変更手続きを行います。

・金融機関を変更しない、2017年9月末までにマイナンバーが未提出の方
新たに積立NISA用の口座の開設手続きを行います。

・金融機関を変更したい方
現在の金融機関から勘定廃止通知書を受領した上で、積立NISA口座の開設を行います。

SBI証券に口座を開設する

総合取引口座を開設する

235726

積立NISAを始めるには、次のような手順が必要となります。

積立NISAを始める手順
  1. 積立NISA用の口座を開設する金融機関を選ぶ
  2. 必要書類をそろえて提出し、口座開設手続きを行う
  3. 投資する銘柄を選ぶ
  4. 積立金額を設定する
  5. 目論見書を確認して、積み立てを開始する

ここでは、1と2の金融機関の選び方と、口座開設時の必要書類について詳しく確認しておきましょう。

SBI証券に口座を開設する

金融機関を選ぶ

まずは、積立NISA用の口座を開設するための金融機関を選びます。口座は銀行や証券会社などで開設できますが、NISA専用の口座は1人あたりひとつしか作れないため、開設先は慎重に選びましょう。

詳しくは「金融機関の選び方」で後述しますが、特におすすめなのはインターネット専業の証券会社(ネット証券)です。

SBI証券に口座を開設する

必要書類をそろえて提出

金融機関を選んだら、NISA用の口座開設手続きに移ります。ほとんどの金融機関が公式サイトからオンラインでの申し込みに対応しているため、店頭窓口へ行く必要はありません。

入力フォーム画面から住所や氏名などの必要な情報を送信し、次のような必要書類をそろえて提出します。書類の提出についても郵送する必要はなく、スマートフォンで撮影した画像を送信するだけで済ませられるケースがほとんどです。

<必要書類の例>

  • 住所や氏名などを確認できる書類……運転免許証、健康保険証など
  • マイナンバーを確認できる書類……マイナンバーカード、通知カードなど

必要書類は金融機関により異なる場合があるため、申込先の指定する必要書類を必ず確認しましょう。

SBI証券に口座を開設する

金融機関の選び方

235727

ここでは、積立NISAの口座を開設する金融機関の選び方をご紹介します。現在、積立NISAを扱うさまざまな金融機関がありますが、口座の開設先は「取扱銘柄数の多さ」「最低積立金額」「ポイントサービス」の3つのポイントに注目して選ぶことをおすすめします。

SBI証券に口座を開設する

取扱銘柄数の多さで選ぶ

積立NISAの対象となる投資信託は全部で200本以上あり、そのうちの何本を取り扱っているのかは金融機関ごとに異なります。特にネット証券は取扱銘柄数が多いため、多くの銘柄から選びたい方や、より少額から取引したい場合に向いています。投資信託選びで迷っている場合も、より自分の希望条件に合う銘柄を選べるよう、選択肢の多い金融機関を選ぶことをおすすめします。

SBI証券に口座を開設する

最低積立金額で選ぶ

積立NISAの最低積立金額も、金融機関によってさまざまです。「まずはより少額から積み立てをスタートしたい」「非課税限度額に達するまで積み立てたい」など投資に求める条件は人それぞれのため、希望の積立金額を選択できる金融機関を選びましょう。

なお、積み立ての頻度は基本的には毎月ですが、中には毎日、毎週といった頻度で積み立てができるケースもあるため、併せて確認しておきましょう。

SBI証券に口座を開設する

ポイントサービスで選ぶ

金融機関によっては、積立NISA口座で決済することでポイントが貯まるサービスを用意しています。

例えば、楽天証券の場合は、投資信託の積み立ての引き落としに「楽天カード」のカード払いを利用すると決済額100円につき楽天ポイントが1ポイント付与されます(https://www.rakuten-sec.co.jp/nisa/tsumitate/?aid=af_TG_SEC_tanto_tsumitate&sesid=c95221d0-59b2-4490-a444-df9cc666d612)。

金融機関によって利用できるポイントサービスが異なるため、日頃からよく使用するポイントサービスに対応している金融機関を選ぶとよいでしょう。

楽天証券のレビュー

楽天ポイントが貯まる。
【手数料】積立投信なので、決済したことはないですが、最安と謳ってますのでやすいのではないでしょうか。
【取扱商品】ifree8の取り扱いで決めたようなもの。
【サポート】初心者でもフリーダイヤルの電話にてご説明してくれることがありがたい。
【総評】積立の引き落とし口座を楽天銀行にすると1%ポイントが貯まる。
過剰な売り込みもなく、良い証券会社だと思います

引用元:価格.com

お得に投資ができる!
楽天カードユーザにはお勧めです。投資も出来て、ポイントも貯まるから、いろいろとお得です!

引用元:価格.com

楽天証券で口座開設をする

積立NISA口座の開設と設定をする

235728

金融機関を選んだら、積立NISAの口座を開設し、投資先の銘柄や積立金額を設定して実際に積み立てを開始します。ここでは積立NISAを開始するまでの手順を、「銘柄を選ぶ」「積み立てる金額を設定する」「目論見書を確認して積み立てを始める」の3つのステップに分けて見ていきましょう。

SBI証券に口座を開設する

銘柄を選ぶ

口座開設手続きが完了したら、実際に投資する銘柄を選びます。口座を開設した金融機関の公式サイトなどで銘柄一覧を確認しましょう。ひとつだけ選ぶこともできますし、複数の銘柄を組み合わせることも可能です。

銘柄を選ぶ際は、投資対象や投資にかかるコストなどを比較します。金融機関の中には、人気の銘柄をピックアップして紹介しているところや、無料でその人に合う銘柄を診断するサービスを用意しているところもあるため、銘柄選びで迷ったときは活用してみることをおすすめします。

SBI証券に口座を開設する

積み立てる金額を設定する

投資する銘柄を選んだら、それぞれの銘柄に対して毎回いくらずつ積み立てていくのかを設定します。最低積立金額は金融機関によって異なりますが、楽天証券のように最低100円から積み立てられるところもあれば、SBI証券の「NISA枠ぎりぎり注文」のように、年間40万円という限度額いっぱいまで可能な限り投資できる機能を用意しているところもあります。

また、積み立てる金額を設定する際は、積み立ての頻度も設定しましょう。基本的には毎月1回のペースで積み立てていきますが、中には「毎週」や「毎日」で設定できるところもあります。

SBI証券に口座を開設する

目論見書を確認して積み立てを始める

積み立てる金額の設定まで完了すると、最後に「目論見書」が表示されます。目論見書とは投資信託の取扱説明書のようなもので、投資する銘柄の概要やリスク、手数料などが記載されています。いずれも重要な情報であるため、チェックをつけなければ積み立ての手続きは完了しません。きちんと目論見書の内容を確認し、同意した上で積み立てをスタートさせましょう。

ここまでの手続きが済むと、設定した積み立てのタイミングで、指定した口座やクレジットカードから資金が引き落とされ、選択した銘柄が購入されます。その後は自動的に毎回積み立てが行われるため、特別な手続きは不要です。口座の残高不足で引き落としができないということにならないよう、口座への入金は忘れずに行いましょう。

SBI証券に口座を開設する

銘柄の選び方

235729

積立NISAの対象銘柄は200本以上あり、各金融機関の取り扱う銘柄から自身で投資先を選ぶ必要があります。投資初心者の方の中には、どの銘柄を選べばよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

積立NISAで購入する銘柄は、「運用成果」「コストの少なさ」「投資対象や比率」の3点に注目すると選びやすくなります。それぞれどのような点を比較検討すべきなのか、ここで確認しておきましょう。

SBI証券に口座を開設する

運用成果で選ぶ

銘柄ごとの運用成果を確認し、市場平均よりも成果が高い銘柄に投資することで、損をせずに積み立てられる可能性が高くなります。各銘柄の過去の実績や、今後の成長度が高い業界が投資対象であるかどうかなどに注目すると、運用成果の高い銘柄を見つけやすいです。また、積み立てる金額や期間ごとの具体的な運用成果は、金融庁の資産運用シミュレーションから確認することもできます(https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html)。

ただし、直近の運用成果が高い銘柄が、今後も絶対に損をしないとは限らないという点には注意が必要です。

SBI証券に口座を開設する

コストの少なさで選ぶ

投資初心者の方には、運用にかかるコストが少額で済む銘柄がおすすめです。運用コストを抑えると、高い利益を得ることよりも、損するリスクを軽減することにつながるため、初めて積立NISAを運用する方にとっても安心できる要素が大きいです。

積立NISAで購入できる銘柄のほとんどは購入時の手数料は無料ですが、銘柄ごとに異なる「信託報酬」が発生します。この信託報酬を特に抑えられるのは、株価指数など、ファンドの代表的な指数に連動した運用を目指す「インデックスファンド」です。コストとリスクを抑えたい方には、このインデックスファンドの銘柄が向いています。

SBI証券に口座を開設する

投資対象や比率で選ぶ

各銘柄の投資対象や株式と債券の比率を比較して、より自分の投資目的や希望条件に合う銘柄を選ぶのもひとつの方法です。投資対象や比率は、目論見書で確認することができます。

一般的に投資においてハイリスク、ハイリターンとされているのは、投資対象のうち株式の比率が大きい銘柄です。そのため、高い利益率を目指したい場合は「株式100%型」など、株式の比率が大きい銘柄を選ぶとよいでしょう。

逆に、高い利益率よりもリスクを抑えることを優先したい場合は、株式の比率が小さく、債券なども投資対象に組み込まれている資産複合型の銘柄がおすすめです。こうした銘柄はバランス型ファンドと呼ばれており、リスクの少ない安定した運用が期待できます。

SBI証券に口座を開設する

積立NISAを始めるときの注意点

235730

ここでは最後に、積立NISAをスタートする前に確認しておきたい注意点をご紹介します。運用開始後に後悔することのないよう、次の2点に気を付けましょう。

SBI証券に口座を開設する

元本割れする可能性がある

積立NISAは運用に成功すれば利益を得られますが、元本割れによって金融商品の価格が当初投資した金額を下回り、かえって損してしまう可能性もあります。積み立てと言っても銀行の定期預金とは異なり、預金が減らないという保証はない点に注意が必要です。

SBI証券に口座を開設する

非課税枠の繰り越しや再利用はできない

積立NISAで非課税投資できるのは1年につき最大40万円までで、非課税枠の繰り越しや再利用はできません。「今年は20万円しか投資していないから、来年は60万円投資できる」のような繰り越しはできない点に注意しましょう。

また、銘柄を40万円分購入してすぐに40万円で手放した場合も「利用済み」となり、非課税枠を再利用することはできません。この場合、再び非課税投資をするためには、翌年分の非課税枠が付与されるのを待つ必要があります。

SBI証券に口座を開設する

FAQ

積立NISAを始めるまでにかかる期間は?

積立NISAは、申し込み手続きを行った翌日から1週間程度で運用開始することができると言われています。ただし、最短(翌日)で運用をスタートするには、WEBで必要書類を提出する必要があります。郵送で必要書類を提出する場合は、運用開始までに1週間以上かかってしまう可能性もある点には注意しましょう。

SBI証券に口座を開設する

積立NISAでどのくらい増える?

積立NISAで資産をどのくらい増やせるのか知りたいときは、シミュレーションを活用しましょう。例えば、金融庁の資産運用シミュレーションでは、毎月の積立金額や積立期間、想定利回り(年率)を入力すると運用成果をシミュレーションすることができます。ほかにも、年間リターンやリスクを算出できるシミュレーションサービスもあります。

ただし、相場の変動によってはシミュレーション通りのリターンが得られず、元本割れを起こす可能性がある点も覚えておきましょう。

SBI証券に口座を開設する

積立NISAを途中でやめることは可能?

積立NISAはいつでも中途解約することが可能です。新規で購入した場合は積み立て設定を解除することで停止でき、今まで積み立ててきた金融商品も好きなタイミングで売却することができます。なお、積立NISAのような投資活動は、長期的に運用することでより大きな利益が期待できるため、売却のタイミングは慎重に判断することが大切です。

また、積立NISA用の口座を廃止したい場合は、金融機関へ廃止手続きを行う必要があります。

SBI証券に口座を開設する