GMOクリック証券のアプリ 概要

概要 | 希少なApple Watch対応のアプリ

GMOクリック証券では、商品別に8種類のアプリを利用することができます。株式取引を行う「GMOクリック 株」および「GMOクリック 株 for iPad」をはじめ、FX取引を行うApple Watchにも対応した「GMOクリック Fxneo」のほか、外為オプション、取引所CFD、店頭CFDおよび株価指数バイナリーオプション専用のアプリが提供されています。

GMOクリック証券のアプリでは、スマホでスピード本人確認を利用して、最短2営業日後から取引を始めることができます。

日本株式を取引したい人は「GMOクリック 株」または「GMOクリック 株 for iPad」をアプリストアから無料でダウンロードして利用できます。GMOクリック証券のアプリは1つのアプリで完結する点が魅力です。

GMOクリック証券のツール 概要

概要 | スマートフォンとタブレットで使える「GMOクリック 株」

GMOクリック証券では、国内株式の取引に置いて、スマートフォン用株式取引アプリ「GMOクリック 株」とiPadサイズに最適化された「GMOクリック 株 for iPad」の2つのアプリをデバイスに合わせて利用できます。主要ネット証券においてスマートフォン用アプリは提供していても、そのアプリをタブレット用に最適化して提供していない会社があります。広い画面でタッチ操作ができる「GMOクリック 株 for iPad」は高い操作感と高性能な機能を搭載しており、快適に取引ができるでしょう。

「NISA口座」には対応しているものの、アプリが現物取引のみ対応のため、アプリ内で投資信託の照会および売買はできません。アプリのみですべてのポジションを管理できないため、ブラウザでの取引および管理が必要になります。

GMOクリック証券のチャート(アプリ)

概要 | バリエーション豊かなテクニカル分析が可能な高機能チャート

GMOクリック証券のアプリ「GMOクリック 株」では、「ブラウジングモード」を搭載しており、気になる銘柄のチャート、気配値、保有状況、新着ニュースなどを1画面にまとめて表示できます。また、縦横表示切り替えボタンで横表示にできます。さらに、チャート分析として、12種類のテクニカル指標と11種類の描画機能を利用できます。また、アプリはPC版と異なり、チャート注文機能が利用できます。テクニカル指標を参照しながら価格設定ができるため、大変便利です。

GMOクリック証券の注文方法(アプリ)

概要 | 3種類の注文方法

GMOクリック証券のアプリ「GMOクリック 株」では、PC版取引ツールと同様、3種類の注文方法から選択することができます。一般的な「成行」および「指値」のほか、利益確定や損切を自動的に行うことができる「逆指値」の3種類です

さらに、注文パネルから発注する方法のほかに、チャート上のラインからそのまま注文できるチャート注文機能があります。発注が完了すると、指値/逆指値ラインがチャート上に表示されるため視覚的に捉えやすくなっています。大手ネット証券のSBI証券と比較すると、選べる注文方法は少ないため、投資上級者には少し物足りないかもしれません。

今、読まれている記事