SBI証券で投資する時に必要な手数料は?投資信託やS株の場合も丁寧に解説
(画像=ZUU online編集部)

SBI証券で投資をする際、手数料について心配する人は多いでしょう。本記事では、SBI証券で投資する時に必要な手数料を種類別に整理し、いくらかかるのか分かりやすくまとめました。是非最後まで読んで手数料について理解しましょう。

目次

  1. 目次
  2. 手数料一覧
  3. SBI証券の株式投資でかかる手数料
  4. SBI証券で投資信託に投資する場合の手数料
  5. SBI証券でETFに投資する場合の手数料
  6. SBI証券でS株に投資する場合の手数料
  7. 他に発生する手数料
  8. まとめ
ZUU online編集部
ZUU online編集部
この記事の著者

ZUU onlineは、 お金や時間をコントロールでき、個人が夢や目標を持ち、それに全力でチャレンジしている人を増やすために記事を制作・配信しています。ユーザーの皆様にとって有益なお金に関する記事、信頼性の高い記事を配信するため、編集・制作を担当するZUU online編集部員のほか、税理士や行政書士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、元金融機関職員などの専門家の方々にも記事の執筆や監修として関わっていただいています。充実した編集体制の構築により、ユーザーの皆様に価値ある情報を提供しております。

プロフィールへ 編集方針

目次

  1. 手数料一覧
  2. SBI証券の株式投資でかかる手数料
    1. SBI証券で国内株を取引する場合
    2. SBI証券で米国株を取引する場合
    3. その他外国株の取引の場合
  3. SBI証券で投資信託に投資する場合の手数料
    1. 普通に買付する場合の手数料
    2. クレカ積立ならお得に投資できる
    3. つみたてNISAの場合は信託報酬のみ
    4. iDecoの場合は国民年金基金連合会の手数料がかかる
  4. SBI証券でETFに投資する場合の手数料
  5. SBI証券でS株に投資する場合の手数料
  6. 他に発生する手数料
    1. 入金手数料
    2. 為替手数料
  7. まとめ

手数料一覧

マネックス証券でかかる手数料について解説!商品別に何でいくら必要か分かる
(画像=BluePlanetStudio/stock.adobe.com)
種類手数料(税込)
国内現物・取引手数料

スタンダードプラン
55円〜1,070円
アクティブプラン
0円〜1,691円(300万円超の場合、以降100万円増加ごとに+295円)
国内信用(ネット)・取引手数料

スタンダードプラン
0円〜385円
アクティブプラン
0円〜880円(200万円超の場合、以降100万円増加ごとに+440円)
米国現物・取引手数料

約定代金×0.495%
最低取引手数料:0ドル(約定代金が2.02ドル以下の場合)
上限取引手数料:22ドル
米国信用・取引手数料

約定代金の0.33%(上限16.5ドル)

・買方金利

年4.50%
ETF・取引手数料

スタンダードプラン
55円〜1,070円
アクティブプラン
0円〜1,691円(300万円超の場合、以降100万円増加ごとに+295円)

・信託報酬

商品により異なる
S株・買付手数料
0円

・売却手数料
0.55%(最低手数料55円)
引用:SBI証券「手数料」

SBI証券の株式投資でかかる手数料

SBI証券で株式投資をする場合、どのような手数料が必要になるのでしょうか。ここでは、下記カテゴリーに分けて実際の手数料額も併せて説明していきます。

  • 国内株現物
  • 国内株信用
  • 米国株現物
  • 米国株信用
  • その他外国株

SBI証券で国内株を取引する場合

SBI証券で国内株を取引する場合にかかる手数料について、現物と信用に分けて解説します。

現物

一般的に株式などの取引は、その時々における市場の時価で計算した売買代金を受け渡すことで実施されます。この通常の取引のことを現物取引といいます。単に「現物」と省略して呼ばれることもあります。現物取引では、自分が持っているお金の範囲内でしか株式を買えない上、持っていない株式の売却もできません。

SBI証券の現物取引手数料(税込)

約定代金※スタンダードプランアクティブプラン
5万円まで55円0円
10万円まで99円
20万円まで115円
50万円まで275円
100万円まで535円
150万円まで640円1,238円
200万円まで1,013円
300万円まで1,013円1,691円
3,000万円まで1,013円以降100万円増加ごとに
+295円
3,000万円超1,070円
引用:SBI証券「国内株式手数料」

※スタンダードプラン:1回の約定あたり金額
 アクティブプラン:1日の約定代金合計額

上の表の通り、1日あたりの約定代金が100万円までならアクティブプランを選んだ方が手数料を安く抑えられます。資金が少ない初心者の場合、最初から1日100万円投資するのはハードルが高いため、多くの人にとってスタートはアクティブプランにしておくのがおすすめです。

その後、投資に慣れてきて1日100万円を超える資金を投資に回すようになってきたらスタンダードプランへの切り替えを検討しましょう。

例えば、トヨタ株を100株買う場合、購入代金は1株2,111円(2022年7月8日時点)×100株=21万1,100円です。手数料はアクティブプランであれば0円、スタンダードプランであれば275円(税込)が必要になります。

信用

信用取引とは、現金や株式を担保として証券会社に預け、証券会社から資金を借りて株式を購入したり、株券を借りて売却したりする取引を指します。最大で預けた担保の評価額の約3.3倍までの株式の取引が可能です。

SBI証券で国内信用取引を行う場合、手数料の違いによって3つのプランに分けられます。

・スタンダードプラン

1注文の約定代金に対して手数料がかかるプランで、1注文の約定代金が50万円を超える場合は385円(税込)の定額になります。

1注文の約定代金通常大口優遇※
10万円まで90円(税込99円)0円
20万円まで135円(税込148円)
50万円まで180円(税込198円)
50万円超350円(税込385円)

※1ヵ月の信用新規建代金合計が3億円以上、投資信託残高が3,000万円以上などの条件を満たすと受けられる優遇サービス

・アクティブプラン

1日の約定代金合計額に対して手数料がかかるプランで、約定代金100万円以下は手数料がかかりません。

1日の約定代金合計額通常大口優遇
100万円まで0円0円
200万円まで800円(税込880円)
以降100万円増加ごとに400円(税込440円)ずつ増加

・電話による注文

1注文の約定代金手数料
50万円まで2,000円(税込2,200円)
50万円超〜100万円まで3,600円(税込3,960円)
100万円超〜150万円まで4,400円(税込4,840円)
150万円超6,400円(税込7,040円)
引用:SBI証券「国内株式信用取引」

SBI証券で米国株を取引する場合

続いてSBI証券で米国株を取引する際の手数料を確認してみましょう。

現物

米国株式現物取引手数料

手数料
最低取引手数料(税込)0ドル(約定代金が2.02ドル以下の場合)
取引手数料(税込)約定代金×0.495%
上限取引手数料(税込)22ドル
引用:SBI証券「米国株式も!SBI証券の業界屈指の格安手数料!」

例えば、米国を代表するアップル株を10株買う場合、1株147.04ドル(2022年7月8日時点)の購入代金に加え、147.04ドル×10株×0.495%=7.278ドルの取引手数料がかかります。

信用

SBI証券では、米国株式信用取引サービスの提供を準備中です。

米国株式信用取引では、現金を担保として証券会社に預けることにより、その担保合計金額の約2倍の購入資金を借りて取引が可能となります。

米国株式信用取引の手数料体系、金利水準

取引手数料約定代金の0.33%(上限16.5ドル)(税込)
買方金利年4.50%
引用:SBI証券「米国株式取引」

その他外国株の取引の場合

国内株や米国株以外の外国株を取引する場合の手数料を紹介します。

国名外国株式委託手数料
中国約定代金の0.26%(税込0.286%)
・最低手数料:47香港ドル(税込51.7香港ドル)
・上限手数料:470香港ドル(税込517香港ドル)
韓国約定代金の0.9%(税込0.99%)
・最低手数料:9,000韓国ウォン(税込9,900韓国ウォン)
ロシア約定代金の1.2%(税込1.32%)
・最低手数料:500ロシアルーブル(税込550ロシアルーブル)
・売却時に売却代金の約0.1%をキャピタルゲイン税として徴収
ベトナム約定代金の2%(税込2.2%)
・最低手数料:120万ベトナムドン(税込132万ベトナムドン)
・売却代金が最低手数料に満たない場合、約定代金の50%(税込55%)が手数料
インドネシア約定代金の1%(税込1.1%)
・最低手数料:23万8,000インドネシアルピア(税込26万1,800インドネシアルピア)
・売却時には、損益に関わらず売却代金の0.10%を売却税として徴収
・売却代金が最低手数料に満たない場合、約定代金の50%(税込55%)が手数料
シンガポール約定代金の1%(税込1.1%)
・最低手数料:28シンガポールドル(税込30.8シンガポールドル)
・売却代金が最低手数料に満たない場合、約定代金の50%(税込55%)が手数料
タイ約定代金の1%(税込1.1%)
・最低手数料:761タイバーツ(税込837.1タイバーツ)
・売却代金が最低手数料に満たない場合、約定代金の50%(税込55%)が手数料
マレーシア約定代金の1%(税込1.1%)
・最低手数料:76マレーシアリンギット(税込83.6マレーシアリンギット)
・売却代金が最低手数料に満たない場合、約定代金の50%(税込55%)が手数料
引用:SBI証券「外国株式委託手数料」

SBI証券で投資信託に投資する場合の手数料

SBI証券で投資信託に投資する際の手数料を解説します。

普通に買付する場合の手数料

SBI証券で投資信託に投資する場合、投資信託の種類によってかかる手数料は異なりますが、下記のようなものが必要となります。

・申込手数料(原則無料)
・信託報酬(純資産総額に対して、最大年率3.1%(税込3.41%))
・信託財産留保額(買付時の基準価額に対して最大0.6%、換金時の基準価額に対して最大3.5%)(非課税)

具体的な銘柄でどれくらいの手数料が必要となるか確認してみましょう。ここでは、SBI証券で人気の「SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」を例に紹介します。

・申込手数料:無料
・信託報酬(税込)/年:0.0938%程度
・信託財産留保額

手数料体系は上記のようになっており、必要となるのは信託報酬のみです。仮に100万円分を購入し、1年間保有した場合にかかる手数料は、100万円×0.0938%=938円となります。

クレカ積立ならお得に投資できる

SBI証券の投資信託をクレジットカードで積み立てると、お得に投資できます。

SBI証券のクレカ積立のポイントは次の3点です。

①投資信託の積み立てをする際、上限月5万円までクレジットカードで決済できる
②毎月の積立金額は100円から設定可能
③積立金額に応じて最大2.0%分のVポイントがもらえる

還元されるポイントと対象となるカード

ポイント付与率対象カード
2.0%三井住友カードプラチナVISA/Mastercard
三井住友カードプラチナPA-TYPE VISA/Mastercard
三井住友ビジネスプラチナカードfor Owners(VISA/Mastercard)
三井住友カードプラチナプリファード
1.0%三井住友カードゴールド(NL)
三井住友カードゴールドVISA/Mastercard
三井住友カードゴールドPA-TYPE VISA/Mastercard
三井住友カードプライムゴールドVISA/Mastercard
三井住友カードゴールドVISA(SMBC)
三井住友カードプライムゴールドVISA(SMBC)
三井住友カードビジネスオーナーズゴールドVISA/Mastercard
三井住友カードビジネスゴールドカードfor Owners(VISA/Mastercard)
三井住友銀行キャッシュカード一体型カード(ゴールド/プライムゴールド)
0.5%三井住友カード(NL)
上記以外のVポイントが貯まるカード
引用:SBI証券「SBI証券ならクレジットカードでおトク!につみたて投資ができる!」

つみたてNISAの場合は信託報酬のみ

SBI証券でつみたてNISAを利用する場合、買付手数料がかかりません。また、売却時にかかる手数料も不要であるため、必要なのは信託報酬のみとなります。

ここでは、SBI証券で販売されているつみたてNISAに対応した投資信託を3つ紹介します。

分類信託報酬トータルリターン(設定来)
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)国際株式
グローバル
0.1144%62.41%
SBI-SBI・V・全米株式インデックス・ファンド国際株式
北米
0.0938%6.61%
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド国内株式
日本
0.275%214.29%

iDecoの場合は国民年金基金連合会の手数料がかかる

SBI証券でiDeCo(個人型確定拠出年金)を行う場合、さまざまな手数料がかかります。

対象者内容支払先金額
(税込)
初回加入時加入申込者加入時手数料国民年金基金連合会2,829円
掛金の拠出・運用時加入者(掛金拠出者)口座管理手数料・国民年金基金連合会
・事務委託先金融機関
171円
運用指図者口座管理手数料事務委託先金融機関66円
その他手数料給付を受ける者給付事務手数料等事務委託先金融機関440円
還付を受ける者還付事務手数料等・国民年金基金連合会
・事務委託先金融機関
1,488円
他確定拠出年金または確定給付企業年金へ移換または他の運営管理機関へ変更する者移換時手数料または運営管理機関変更時手数料運営管理機関(SBI証券)4,400円
引用:SBI証券「iDeCo手数料・その他費用」

SBI証券でETFに投資する場合の手数料

SBI証券でETFに投資する場合、購入時、保有時、売却時に手数料がかかります。

・購入時、売却時手数料

約定代金※スタンダードプラン(税込)アクティブプラン(税込)
5万円まで55円0円
10万円まで99円
20万円まで115円
50万円まで275円
100万円まで535円
150万円まで640円1,238円
200万円まで1,013円
300万円まで1,013円1,691円
3,000万円まで1,013円以降100万円増加ごとに
+295円
3,000万円超1,070円
引用:SBI証券「国内株式手数料」

※スタンダードプラン:1回の約定あたり金額
 アクティブプラン:1日の約定代金合計額

・保有時手数料

信託財産の運用や管理にかかる費用として信託報酬があります。ETFは投資信託と違い、販売会社に支払う手数料が必要ないため比較的信託報酬が低くなることが多いです。

信託報酬はETFによって違いがあり、SBI証券で取り扱うものの中から一部を紹介します。

ETF名信託報酬
ダイワ上場投信-トピックス0.06%
上場インデックスファンドTOPIX0.088%
NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信0.80%
東証マザーズETF0.50%
引用:SBI証券「ETF・ETN取扱銘柄一覧」

SBI証券でS株に投資する場合の手数料

SBI証券には、「S株」と呼ばれる1単元に満たない単元未満株を買えるサービスがあります。一般的に、銘柄ごとに100株を1口として最低限の単元株数が決まっているものの、S株を利用すれば単元株数に限らず1株から購入できて便利です。

証券会社別の単元未満株にかかる手数料

SBI証券PayPay証券マネックス証券松井証券auカブコム証券楽天証券
買付手数料(税込)0円0.5%
または
0.7%
0円なし0.55%
最低手数料:52円
なし
売却手数料(税込)0.55%
最低手数料:55円
0.5%
または
0.7%
0.55%
最低手数料:52円
0.55%0.55%
最低手数料:52円
なし
引用:SBI証券「SBI証券のS株の特徴」

例えば、SBI証券でS株を利用して単元未満株である10株分のトヨタ株を売買する場合の手数料がいくらになるか確認してみましょう。

買付手数料は無料です。一方、売却手数料は、1株2,111円×10株×0.55%=116円となります(2022年7月8日時点)。S株であれば比較的少額の手数料で買えるため、気軽に投資できて便利です。

他に発生する手数料

これまでに紹介した手数料の他に、投資をする上で忘れてはいけないものとして、入金手数料と為替手数料があります。

入金手数料

SBI証券で投資をするためには、証券口座に入金しないと始まりません。ここでは、SBI証券で入金する方法と手数料について解説します。

1.即時入金

インターネット上で、持っている銀行口座からSBI証券の証券口座へ入金する方法です。入金した後、すぐに反映されるため、投資するまでの流れがスムーズです。また、手数料がかからず安心な方法となっています。なお、即時入金を利用するためには「提携金融機関のネットバンキングの契約」が必要です。

2.リアルタイム入金

対象となる金融機関の口座を持っていれば、SBI証券の公式サイトから口座振替の登録を実施するだけで利用可能です。24時間いつでもすぐに買付余力へ反映され、かつ手数料が無料となっています。

3.銀行振込

保有している都市銀行や地方銀行などの銀行口座の窓口やATMから入金する方法です。利用するためには「お客さま専用の振込み口座」が必要です。なお、振込手数料は利用者負担となっており、利用する金融機関ごとに手数料が異なるため、事前にいくら必要かチェックしておきましょう。

4.振替入金(ゆうちょ銀行)

インターネット上で、持っているゆうちょ銀行の口座からSBI証券の口座へ入金する方法です。ゆうちょダイレクトの契約がない場合でも入金可能で、かつ手数料はかかりません。

為替手数料

為替手数料とは、円をドルやユーロなど外国の通貨に交換する時に金融機関に支払う手数料を指します。外国株式の取引を行う際に関係する手数料となっているため、しっかりと確認しておきましょう。

SBI証券のリアルタイム為替取引手数料

通貨為替スプレッド
米ドル(USD)0.25円
香港ドル(HKD)0.15円
シンガポールドル(SGD)0.83円
ユーロ(EUR)0.80円
オーストラリアドル(AUD)1.00円
ニュージーランドドル(NZD)1.00円
カナダドル(CAD)0.80円
南アフリカランド(ZAR)0.30円
メキシコペソ(MXN)0.27円
トルコリラ(TRY)0.50円
引用:SBI証券「リアルタイム為替取引」

まとめ

今回は、SBI証券における手数料について解説しました。手数料と言っても、国内株式、外国株式、信用取引など種類によってさまざまです。自分が取引したいと考えている種類の手数料を確認し、安心して投資しましょう。

ZUU online編集部
ZUU online編集部
この記事の著者

ZUU onlineは、 お金や時間をコントロールでき、個人が夢や目標を持ち、それに全力でチャレンジしている人を増やすために記事を制作・配信しています。ユーザーの皆様にとって有益なお金に関する記事、信頼性の高い記事を配信するため、編集・制作を担当するZUU online編集部員のほか、税理士や行政書士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、元金融機関職員などの専門家の方々にも記事の執筆や監修として関わっていただいています。充実した編集体制の構築により、ユーザーの皆様に価値ある情報を提供しております。

プロフィールへ 編集方針