証券口座の開設は、申請から完了まで時間がかかることが一般的です。マイナンバーや勤務先、投資経験などの確認事項も多く、準備や確認の時間が必要となってしまうからです。また、証券口座の開設には、本人確認も必須です。

しかし、日経平均株価やNYダウなどの値動きを見て「すぐに投資を始めたい」と感じることもあるでしょう。本記事では、すぐに取引が始められる証券会社を紹介します。各証券会社の特徴や口座開設の流れについても解説しますので、取引を始める際の参考にしてください。

ZUU online編集部
ZUU online編集部
この記事の著者

ZUU onlineは、 お金や時間をコントロールでき、個人が夢や目標を持ち、それに全力でチャレンジしている人を増やすために記事を制作・配信しています。ユーザーの皆様にとって有益なお金に関する記事、信頼性の高い記事を配信するため、編集・制作を担当するZUU online編集部員のほか、税理士や行政書士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、元金融機関職員などの専門家の方々にも記事の執筆や監修として関わっていただいています。充実した編集体制の構築により、ユーザーの皆様に価値ある情報を提供しております。

プロフィールへ 編集方針

最短当日!すぐに始められるおすすめの証券会社ランキング

投資
(画像=fizkes/stock.adobe.com)
すぐに始められるおすすめの証券会社
  • 松井証券
  • SBI証券
  • マネックス証券
  • DMM.com証券
  • auカブコム証券
  • LINE証券
  • SBIネオモバイル証券
  • 野村證券
  • 大和証券
  • SMBC日興証券
  • 岡三オンライン
  • GMOクリック証券
  • PayPay証券
  • SBIネオトレード証券

松井証券

開設完了までの最短日数最短即日
取引開始までの最短日数最短即日
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・25歳以下は現物株式の取引手数料が無料
・リモートサポートで画面を見ながら操作方法を教えてもらえる
デメリット・50万円を超える現物株取引は他社に比べて手数料が割高
・外国株式は米国のみ
こんな人におすすめ・25歳以下で取引手数料を抑えたい人
・サポートを受けながら取引したい人
・さまざまな取引ツールを利用したい人

【口座開設の流れ(スマホ&PC共通)】

口座開設の流れ(スマホ&PC共通)
  1. 松井証券の公式サイトより「口座開設」を選択
  2. 口座開設情報の入力
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 「口座開設完了通知」を受け取る
  5. ログインして取引開始

1.松井証券の公式サイトより「口座開設」を選択
「オンラインで申込む」と「申込書を取り寄せる」の2つが表示されるため、「オンラインで申し込む」を選択しましょう。なお、申込書を取り寄せて郵送で申請を行った場合、最短1週間での取引開始となります。

2.口座開設情報の入力
氏名や生年月日、国籍などの必要事項を入力します。提出する本人確認書類と相違がないように注意しましょう。

また、このときに信用取引口座や先物オプション取引口座、FX口座も同時に開設が可能です。利用する予定がある場合は「開設する」にチェックを入れて進みます。

3.本人確認書類のアップロード
運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類を、オンライン上にアップロードします。「eKYC」を利用してスマホで本人確認書類の提出や本人顔写真の提出を行った場合は、最短即日で口座開設が完了です。

4.「口座開設完了通知」を受け取る
「eKYC」を利用した場合はメールで、それ以外の場合は郵送にて口座開設完了通知が届きます。郵送での交付となる場合は、ログインIDとパスワードが手元に届くまで数日かかります。

5.ログインして取引開始
口座開設完了通知に記載されたログインIDとパスワードでマイページにログインすると、取引が開始できます。

10万円以下の取引は手数料無料なのが嬉しいですね。ツールがシンプルで使いやすく、電話でのサポートも迅速&丁寧に 対応してくれるのでお勧めの証券会社です。

引用元:価格.com

少額投資で手数料0円は素晴らしいです。少額で色々勉強するには非常に良い証券会社です。

引用元:価格.com

残高照会(保有株式の確認)が現物売の個所からしかできないのが不便。

引用元:価格.com

投資情報を紹介する動画が多いが、文字情報のページが少ないように感じる。 見方が分からないだけかもしれないが、その場合は情報への導線が不十分だと思う。

引用元:価格.com

松井証券を口座開設する

SBI証券

開設完了までの最短日数最短即日
取引開始までの最短日数最短翌営業日
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・主要ネット証券最多となる9ヵ国の外国株式を取り扱っている
・ポイント投資ができる
・毎月100円から積立ができる
デメリット・定期メンテナンスが多い
・クレカ積立ではボーナス月の増額設定ができない
・金融商品ごとにアプリが独立している
こんな人におすすめ・少額から積立投資を始めたい人
・ポイント投資をしたい人
・米国株以外の外国株にも投資をしたい人

【口座開設の流れ(スマホ&PC共通)】

口座開設の流れ(スマホ&PC共通)
  1. メールアドレスを登録する
  2. 本人情報の入力
  3. 本人確認書類の提出
  4. 初期設定
  5. 口座開設完了通知の受け取り

1.メールアドレスを登録する
SBI証券公式サイトの口座開設画面より、メールアドレスを登録します。入力したメールアドレス宛に認証コードが送られるため、間違いのないように入力しましょう。

2.本人情報の入力
氏名や住所、生年月日などの本人情報を入力します。提出する本人確認書類と相違がないように注意して入力しましょう。

3.本人確認書類の提出
オンライン上で本人確認書類の提出を行います。PCで提出した場合は、口座開設完了通知が郵送にて送付されるため、取引開始まで数日間かかります。「なるべく早く口座開設を行いたい」という人はスマホで提出を行いましょう。

4.初期設定
職業や勤務先の登録、金融機関口座などの初期設定を行います。

5.口座開設完了通知の受け取り
郵送もしくはメールにて口座開設完了通知が送付されます。マイページにログイン後、取引が開始可能です。メールの場合は「取引パスワード設定ページへにアクセス後、任意の取引パスワード設定するというひと手間が必要です。

手数料や取引できる投資商品も豊富でクレカでの積み立ても可能なため口座開設しておきたい証券会社。

引用元:価格.com

住信SBIネット銀行と連携しているので銀行から証券と資金移動が簡単なのは資金管理にとても利便性を感じます。

引用元:価格.com

一部顧客のフル板が落ちる(画面が消える、再表示には再起動が必要)などの障害が発生した。

引用元:価格.com

注文が入らない時があり、入れたい時に入れることができませんでした。

引用元:価格.com

マネックス証券

開設完了までの最短日数最短2営業日
取引開始までの最短日数最短2営業日
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・クレカ積立で1.1%のポイント還元を受けられる
・IPOが完全平等抽選
・100円から積立投資が利用できる
デメリット・外国株式は米国・中国のみ
・貯まったポイントの使い道が限定的
・定額手数料コースは他社に比べてやや割高
こんな人におすすめ・IPO取引を行いたい人
・単元未満株を購入したい人
・貸株サービスで金利を受け取りたい人

【口座開設の流れ(スマホ&PC共通)】

口座開設の流れ(スマホ&PC共通)
  1. メールアドレスの登録
  2. 本人確認書類の撮影(スマホ)
  3. 開設完了メールの受信
  4. ログイン

1.メールアドレスの登録
マネックス証券公式サイトより「口座開設」をクリックし、メールアドレスの登録を行います。登録したメールアドレス宛にURLが送付されるので、そこから口座開設ページを開きます。

2.本人確認書類の撮影(スマホ)
本人確認書類の撮影はスマホで行います。ここまでPCで手続きをしていた人は、スマホでの手続きに切り替えます。

なお、オンライン口座開設で利用できる本人確認書類は「マイナンバーカード」もしくは「運転免許証+通知カード」に限ります。該当書類を持っていない場合は、郵送で手続きを行いましょう。

3.開設完了メールの受信
マネックス証券での審査後、開設完了メールが送付されます。メールに記載されているURLから画面の指示に従って、ログインIDやパスワード等を確認します。確認したらログイン画面へと進みます。

4.ログイン
ログインIDとパスワードでマイページにログインしたら、取引が始められます。初回ログイン時は投資方針に適した商品・サービスを紹介するためのアンケートが表示されるため、画面に沿って回答しましょう。

市中の証券会社と比較すると手数料も安価で、何しろインターネットで手続きできることが大きなメリットです。

引用元:価格.com

一番いいのは、外国債券の種類が多いことです。為替の影響もありますが、かなりの金利であり、ある程度配当がもらえると思います。

引用元:価格.com

サイトの情報が整理されておらず、わかりにくいため使いづらい。

引用元:価格.com

出金や他社へ株式移管に難があり、信用取引の金利が高い。

引用元:価格.com

マネックス証券を口座開設する

DMM.com証券

開設完了までの最短日数最短即日
取引開始までの最短日数最短即日
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・取引手数料でポイントが貯められる
・DMM株で保有している株式をFXの証拠金に利用できる
・25歳以下は現物株取引にかかる手数料がキャッシュバックされる
デメリット・投資信託の取り扱いがない
・つみたてNISAが開設できない
・手数料の1日定額コースがない
こんな人におすすめ・FX取引にもチャレンジしたい人
・スマホでもチャート分析をしたい人
・25歳以下で取引手数料を抑えたい人

【口座開設の流れ(スマホ&PC共通)】

口座開設の流れ(スマホ&PC共通)
  1. 公式サイトから口座開設を申し込む
  2. 本人確認書類を送付する
  3. 口座開設の完了
  4. マイページへログイン

1.公式サイトから口座開設を申し込む
氏名や住所、生年月日などの必要事項を入力し、口座開設を申請します。この時に「契約締結前交付書面」が表示されるため、しっかりと内容を確認しましょう。

2.本人確認書類を送付する
本人確認書類は次の方法で送付できます。

本人確認書類の送付方法
  • スマホでスピード本人確認
  • アップロード
  • メール
  • FAX
  • 郵送

なお、最短即日で口座開設ができるのは「スマホでスピード本人確認」によって本人確認を行った場合です。

3.口座開設の完了 DMM.com証券にて口座開設の審査が行われたのち、開設完了の通知が届きます。通知が届く方法は、本人確認書類の方法によって異なります。

本人確認方法完了通知方法
スマホでスピード本人確認メール
上記以外郵送

4.マイページへログイン
口座開設完了メールに記載しているURLへアクセスし、本人認証を行います。その後、IDとパスワードでマイページへログインすれば、取引が開始可能です。IDとパスワードは失念したり、第三者に知られたりすることのないように、しっかりと保管しておきましょう。

取引手数料が安いのが一番の魅力だと感じ口座開設を行いました。口座開設も即日でできました。

引用元:価格.com

株式は、国内株式と米国株式の現物取引と信用取引ができます。また、ポイントサービスや特典・キャンペーンなどお得なサービスも充実しています。

引用元:価格.com

FXの口座開設が通りにくく、不便さを感じました。

引用元:価格.com

IPOの案件は一見豊富に見えます。しかし、実際のところ割り当てはかなり少ないと思います。

引用元:価格.com

auカブコム証券

開設完了までの最短日数最短翌営業日
取引開始までの最短日数最短翌営業日
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・単元未満株が売買できる
・クレカ積立が利用できる
・投資信託の月間平均保有残高に応じてポイントが付与される
デメリット・外国株式は米国のみ
・つみたてNISAでポイント投資ができない
こんな人におすすめ・単元未満株で取引したい人
・投資信託を中心に取引したい人
・auじぶん銀行を利用している人

【口座開設の手順(スマホ&PC共通)】

口座開設の流れ(スマホ&PC共通)
  1. 口座開設の申し込み
  2. 本人確認書類のアップロード
  3. 開設完了通知が届く

1.口座開設の申し込み
auカブコム証券の公式サイトより「口座開設」を選択します。その後、氏名や住所、生年月日などの必要事項を入力しましょう。

2.本人確認書類のアップロード
本人確認書類をオンライン上にアップロードします。スマホで顔写真の撮影も一緒に行うと、最短翌営業日に口座開設が完了します。

PCでアップロードする場合は開設完了の通知が郵送となるため、開設完了まで最短でも4営業日かかる点に注意しましょう。

3.開設完了通知が届く
メールもしくは郵送にて口座の開設完了通知が届きます。口座番号とパスワードでマイページへログインすれば手続き完了です。

【スマホアプリ(SMART証券口座開設)での開設】

auカブコム証券では、スマホアプリ「SMART証券口座開設」で口座開設を行うことも可能です。アプリを利用した口座開設の方法には、次の2種類のパターンがあります。

  1. マイナンバーカードをスマホで読み取って口座開設を行う
  2. 本人確認書類をカメラで撮影して口座開設を行う

本人確認書類を撮影して口座開設を行う場合は、撮影した内容が自動で入力フォームへ反映されるため、開設手続きに手間がかかりません。

フリーETFは他社にないカブドットコム証券の魅力です。手数料もかからず、投資信託よりも保有コストが安く済みます。

引用元:価格.com

WEBサイトの使い勝手がよく、投資初心者におすすめです。

引用元:価格.com

口座にお金を入金したり、売却して口座から出金する時も手数料がかかる。

引用元:価格.com

平日でも急にログインができなくなったりチャートの表示がおかしくなることがよくあり、システムの使い心地は良いとは言えない。もう少し利便性を考慮してほしい。

引用元:価格.com

auカブコム証券を口座開設する

LINE証券

開設完了までの最短日数最短翌営業日
取引開始までの最短日数最短翌営業日
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・LINEアプリで手軽に取引できる
・単元未満株を売買できる
・LINEポイントで投資ができる
デメリット・一般NISAが開設できない
・外国株の取り扱いがない
・投資信託の取り扱い銘柄が少ない
こんな人におすすめ・スマホで手軽に取引したい人
・ポイント投資をしたい人
・少額投資から始めたい人

【口座開設の手順】

口座開設の手順
  1. 口座開設のお申し込み
  2. 携帯電話番号の認証
  3. 本人確認書類の提出
  4. 暗証番号の設定
  5. 口座開設完了通知
  6. アンケート

1.口座開設のお申し込み
LINEアプリから「口座開設」のページを開いて「はじめる」をタップし、画面の案内に沿って氏名や住所、生年月日などの情報を入力します。

2.携帯電話番号の認証
携帯電話番号を入力し、認証を行います。SMSで認証番号が送付されますので、間違いのないように入力しましょう。

3.本人確認書類の提出
オンライン上に本人確認書類およびマイナンバー確認書類をアップロードします。マイナンバーカードもしくは運転免許証を持っている場合は、「かんたん本人確認」が利用できるので、最短で翌営業日に口座開設が完了します。

マイナンバーカードまたは運転免許証以外の本人確認書類を利用する場合は、郵送で口座開設完了通知が送付される流れです。

4.暗証番号の設定
6桁の暗証番号を設定します。今後の取引で使用するものであるため、忘れないようにしっかりと保管しておきましょう。

5.口座開設完了通知
LINEアプリもしくは郵送にて、口座開設完了通知が届きます。案内に従って初回ログインを行いましょう。

6.アンケート
初回ログイン後は投資経験などに関するアンケートが表示されます。アンケートに回答すると取引が可能になります。

LINEから開けて株を1株単位で取引でき、操作も簡単です。
企業情報は割と本格的な情報が載っていて、当初のイメージより機能も充実していました。

引用元:価格.com

他の証券会社もいくつか作ってみましたが、口座開設の簡単さと購入の簡単さには驚きました。
毎日ポートフォリオでどのくらい増えたのか見るのが今では楽しみです。

引用元:価格.com

アプリが使いにくく、突然lineの他のサービスのページに移ってしまう場合があるので不便です。

引用元:価格.com

投資信託の種類が少ないので、もっと増やしてほしい。

引用元:価格.com

SBIネオモバイル証券

開設完了までの最短日数最短2営業日
取引開始までの最短日数最短2営業日
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・1株からIPOに申し込みできる
・Tポイントで投資ができる
・手数料が月額制で分かりやすい
デメリット・投資信託の取り扱いがない
・NISAが開設できない
・取引が0円でもサービス利用料がかかる
こんな人におすすめ・貯まったTポイントの使い道に悩んでいる人
・少額投資からチャレンジしたい人
・スマホで手軽に資産運用を行いたい人

【口座開設の手順】

口座開設の手順
  1. メールアドレスの登録
  2. 必要事項の入力
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 口座開設完了通知
  5. サービス利用料の支払い設定を行う

1.メールアドレスの登録
SBIネオモバイル証券の公式サイトより「口座開設」をタップし、メールアドレスの登録を行いましょう。入力したメールアドレス宛にURLが送付されるため、URLからページを開きます。

2.必要事項の入力
氏名や住所、生年月日などの必要事項を入力して登録します。源泉徴収区分も選ぶ必要があるため、自分の取引状況に合わせて「ネオモバにまかせる(源泉徴収あり)」「自分で確定申告をする(源泉徴収なし)」を選択しましょう。

3.本人確認書類のアップロード
オンライン上に本人確認書類をアップロードします。本人確認の方法には4種類あり、提出する本人確認書類によって流れが異なります。

本人確認方法提出する本人確認書類
スマホで書類撮影と顔認証・マイナンバーカード
・マイナンバー通知カード+運転免許証
スマホで書類撮影と銀行認証
※銀行認証は住信SBIネット銀行のみ
・マイナンバーカード
・マイナンバー通知カード+運転免許証
上記のいずれも利用できない場合
もしくはマイナンバー記載の住民票を利用する場合
・マイナンバー確認書類
・本人確認書類

最短2営業日で口座開設が完了するのは、「スマホで書類撮影と顔認証」もしくは「スマホで書類撮影と銀行認証」を利用した場合です。

4.口座開設完了通知
口座開設完了通知がメールもしくは郵送にて送付されます。IDやパスワードは忘れることのないようにしっかりと保管しておきましょう。

5.サービス利用料の支払い設定を行う
SBIネオモバイル証券では、取引の有無にかかわらず月額のサービス利用料がかかります。支払いはクレジットカードでのとなっているため、ネオモバの総合取引口座と同一名義のクレジットカードを設定しましょう。

初心者向けなので、アプリ自体もわかりやすく株に詳しくない私でも簡単に使いこなすことが出来ました。
ポイントを使って株を購入する際も、簡単に買えるので初心者でも安心して取引が出来ました。

引用元:価格.com

月額220円で月50万円までの取引が可能なので、非常に安くて良い。
さらに220円はTポイントとして還元されるので、少額の取引なら実質手数料は無料。

引用元:価格.com

優待詳細があるがお気に入りが50銘柄と少ないのでもっと増やして欲しいと思う。

引用元:価格.com

単元未満株は指値での注文が出来きないため、その点が改善されればさらに使いやすくなると思う。

引用元:価格.com

野村證券

開設完了までの最短日数最短即日
取引開始までの最短日数最短即日
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・実店舗で運用の相談ができる
・野村證券のアナリストによるレポートや動画が配信される
・総合証券ならではのコンサルサービスを受けられる
デメリット・ネット証券に比べて手数料が割高
・つみたてNISAの対象商品が7銘柄のみ
こんな人におすすめ・営業担当者に相談をしながら運用を行いたい人
・セミナーに参加したい人
・退職金や老後資産など資産全体のことを相談したい人

【口座開設の手順(スマホ&PC共通)】

口座開設の流れ(スマホ&PC共通)
  1. メールアドレスの登録
  2. 本人確認書類のアップロード
  3. 本人情報の登録
  4. 口座開設完了通知の受け取り

野村證券では、オンラインや郵送、店舗窓口で口座開設手続きが可能です。ここでは、オンラインでの口座開設の手順について紹介します。

1.メールアドレスの登録
野村證券公式サイトより「口座開設」をタップし、メールアドレスを登録します。入力したメールアドレス宛に申込用URLが記載されたメールがが送付されるため、アクセスしてお手続き画面を開きましょう。

2.本人確認書類のアップロード
オンライン上に本人確認書類の画像をアップロードします。スマホでの手続きかつマイナンバーカードを持っている場合は「スピード口座開設」が利用できます。個人認証専用アプリを利用してマイナンバーカードを読み取れば、最短即日で口座開設が可能です。

PCでの手続きの場合やマイナンバーカードを持っていない場合は、最短5営業日での開設となります。

3.本人情報の登録
氏名や住所、生年月日などの本人情報を登録します。提出した本人確認書類と相違がないように注意して入力しましょう。

4.口座開設完了通知の受け取り
メールもしくは郵送にて口座開設完了通知を受け取り、手続き完了です。「スピード口座開設」で平日13時までに手続きを終えた場合は、最短当日に口座開設完了通知が届きます。

困った時にコールセンターの手厚いサポートがあり、窓口のオペレーターの方が親切に教えてくれるので初心者でも安心です。

引用元:価格.com

大手の証券会社なので取扱商品の種類が豊富です。IPOの数も多いです。

引用元:価格.com

他社に比べて、手数料が高い。
オンラインでも最低でも1つの取引で300円くらい手数料がかかる。

引用元:価格.com

基本的にPCで売買される事を念頭に置いたシステムになっているのか、スマホアプリは情報量が少ないと感じる。

引用元:価格.com

大和証券

開設完了までの最短日数最短翌営業日
取引開始までの最短日数最短翌営業日
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・オンラインや店舗の無料セミナーに参加できる
・営業担当者からコンサルサービスを受けられる
デメリット・ネット証券と比較すると手数料が割高
・オンラインの申し込みでも郵送物の受け取りが必要
・ポイントサービスがない
こんな人におすすめ・店舗で営業担当者に相談しながら運用を行いたい人
・セミナーに参加したい人
・金融商品や預金、保険などワンストップで管理したい人

【口座開設の手順(スマホ&PC共通)】

大和証券ではオンラインや郵送、店頭で口座開設手続きが可能です。ここではオンラインでの口座開設の流れについて紹介します。

口座開設の流れ(スマホ&PC共通)
  1. メールアドレスの登録
  2. 必要事項の入力
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 簡易書留の「口座開設のお知らせ」受け取り
  5. マイナンバーの登録

1.メールアドレスの登録
大和証券の公式サイトより「口座開設」をタップし、メールアドレスを登録します。口座開設にあたっての約款や規定も表示されるため、しっかりと内容を確認しましょう。

2.必要事項の入力
氏名や住所、生年月日などの必要事項を入力します。提出する本人確認書類と相違がないように注意しながら入力を行いましょう。

3.本人確認書類のアップロード
オンライン上で本人確認書類のアップロードを行います。

4.簡易書留の「口座開設のお知らせ」受け取り
大和証券では、オンラインで口座開設を行った場合でも簡易書留での書類受け取りが必要です。必ず保管期限内に受け取るようにしましょう。

5.マイナンバーの登録
マイナンバーの登録を行います。マイナンバーカードもしくは通知カードを持っている場合は、「大和証券マイナンバー登録用アプリ」を利用すると便利です。マイナンバーの登録が完了したら取引が開始可能となります。

さすが大手の大和と思うほど充実しています。分析ツールはいろいろ楽しんで活用させてもらっています。

引用元:価格.com

サポートが充実しており、投資初心者として安心しました。

引用元:価格.com

手数料が他の証券会社と比べると高く、一般人としては気軽に投資できない。

引用元:価格.com

信用取引の使い勝手が悪いので改善してほしいです。

引用元:価格.com

SMBC日興証券

開設完了までの最短日数最短即日
取引開始までの最短日数最短即日
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・100円から株式が買える「日興フロッギー」が利用できる
・dポイントで投資ができる
・口座開設から3ヵ月はIPOの当選率がアップする
デメリット・ネット証券と比較すると手数料が割高
・IPOで当選辞退をするとペナルティがある
・オンラインで取引できる外国株式は中国株のみ(パソコンから取引可能)
こんな人におすすめ・少額投資からチャレンジしたい人
・貯まったdポイントの使い道に悩んでいる人
・営業担当者に相談しながら取引を進めたい人

【口座開設の手順(スマホ&PC共通)】

SMBC日興証券では、オンラインや郵送、店頭窓口で口座開設手続きが行えます。ここでは、オンラインでの口座開設手続きの流れについて解説します。

口座開設の流れ(スマホ&PC共通)
  1. 本人情報の入力
  2. 本人確認書類のアップロード
  3. 口座開設完了通知の受け取り

1.本人情報の入力
SMBC日興証券の公式サイトの「口座開設」から、氏名や住所、生年月日などの本人情報を入力します。

2.本人確認書類のアップロード
スマホもしくはPCから本人確認書類をアップロードします。スマホでアップロードした場合は最短即日で口座開設が可能です。なるべく早く口座を利用したい人は、スマホで簡単顔認証を利用しましょう。

なお、PCの場合の口座開設は最短で3営業日となっています。スマホでも「かんたん顔認証」でない場合は同様です。

3.口座開設完了通知の受け取り
郵送もしくはメールにて口座開設完了通知を受け取ります。郵送で受け取った場合、パスワードは仮のものとなっているため、初回ログイン後に変更手続きを行いましょう。その後、取引が開始となります。

dポイントを貯めているため、dポイントを利用して金額していて購入できるところにすごくメリットを感じています。

引用元:価格.com

初心者向けのサイトがあるのが特徴ですね。単元未満株とか中国株とか、ニッチっぽい物も扱っている。

引用元:価格.com

色々な金融商品が一緒くたに表示されるので、目的の場所、アイテムまで行きにくい。その割には、異なるジャンルの金融商品の買い替えが面倒。

引用元:価格.com

個人にとっては手数料も高めで、IPOも、引受数はなかなかだが、資金拘束があり、最低250万円の資産残高がないとステージ判定の対象にならない。

引用元:価格.com

岡三オンライン

開設完了までの最短日数最短即日
取引開始までの最短日数口座開設完了から翌営業日以降
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・営業担当者から直接コンサルサービスを受けられる
・営業店舗でセミナーを開催している
・FXやCFD取引でも対面サポートが受けられる
デメリット・つみたてNISAが開設できない
・大手ネット証券と比較すると投資信託の取り扱いファンドが少ない
・外国株式は中国株のみ
こんな人におすすめ・セミナーに参加したい人
・営業担当者に相談しながらFXやCFD取引を行いたい人
・暗号資産のCFD取引を行いたい人

【口座開設の手順(スマホ&PC共通)】

口座開設の流れ(スマホ&PC共通)
  1. メールアドレスの登録
  2. 口座開設申し込みフォームへの入力
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 口座開設完了通知
  5. 利用者情報の登録

1.メールアドレスの登録
岡三オンラインの公式サイトより「口座開設」をタップし、メールアドレスを登録しましょう。入力したメールアドレス宛に口座開設ページのURLが記載されたメールが送付されるため、タップして進みます。なお、URLの有効期限は24時間です。

2.口座開設申し込みフォームへの入力
氏名や住所、生年月日などの必要事項を入力します。提出する本人確認書類と相違がないように注意しながら入力しましょう。

3.本人確認書類のアップロード
オンライン上で本人確認書類のアップロードを行います。ただし、画像アップロードによる提出が行えるのは、下記の書類を利用する場合のみです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 通知カード

マイナンバー記載の住民票などを利用する場合は、郵送での提出となるため注意しましょう。

4.口座開設完了通知
岡三オンラインでの審査が終わると、登録したメールアドレス宛に口座開設完了通知が届きます。メールには認証キーおよびログインパスワード確認画面のURLが記載されていますので、タップして進みましょう。

なお、メールに記載された認証キーはメール送信後48時間が有効期限となっています。

5.利用者情報の登録
ログインパスワードの確認後、勤務先や職業などの登録を行いましょう。その後取引が可能となりますが、取引に必要な「取引パスワード」は別途簡易書留にて郵送されます。口座開設完了の翌営業日以降から発送されるため、必ず受け取りましょう。

手数料・サポートともに、優秀です。ツールも非常に充実しています。
総合的に見て、文句の付けようの無い証券会社と思います。

引用元:価格.com

口座利用の利便性は、手数料が安い、クイック入金に対応する銀行が多い、取扱い商品が多い、画面操作が使いやすい、キャンペーンが多い等、総合的に使いやすく、おすすめだと思います。

引用元:価格.com

手数料が高く、手数料の体系がややこしいです。

引用元:価格.com

全体的には満足していますが、サポートがやや乏しく感じるという印象です。

引用元:価格.com

GMOクリック証券

開設完了までの最短日数最短2営業日
取引開始までの最短日数最短2営業日
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・月100円から投信積立が利用できる
・取引ツールが豊富
・証券コネクト口座の利用で優遇金利が受けられる
デメリット・つみたてNISAが開設できない
・クレカ積立が利用できない
・外国株式の取り扱いがない
こんな人におすすめ・取引コストを抑えたい人
・少額投資から始めたい人
・長期保有の株式を有効活用したい人/貸株サービスを利用したい人

【口座開設の手順(スマホ&PC共通)】

口座開設の流れ(スマホ&PC共通)
  1. かんたん座開設フォームより必要事項の入力
  2. 本人確認書類の提出
  3. 口座開設完了通知の受け取り

1.かんたん座開設フォームより必要事項の入力
GMOクリック証券公式サイトより「口座開設」をタップし、かんたん口座申込フォームに必要事項を入力します。この時にFXやCFDなど他の取引口座の開設も同時に申請可能です。利用する予定がある場合は、該当する口座に「一緒に申し込む」にチェックを入れて進みましょう。

2.本人確認書類の提出
本人確認書類およびマイナンバーの提出を行います。提出方法は、次の4つの方法が利用できます。

  • スマホでスピード本人確認
  • アップロード
  • 郵送
  • ICカードリーダー

運転免許証もしくはマイナンバーカードを持っている場合は、「スマホでスピード本人確認」がおすすめです。最短2営業日で口座開設が行えるため、なるべく早く口座を利用したい人にも向いています。

3.口座開設完了通知の受け取り
メールもしくは郵送にて口座開設完了通知が届きます。記載された情報に基づきログインパスワードなどの設定が完了したら、取引が可能です。

手数料体系、ツールの使い易さ、電話での対応、メールサポート等、総合的に一番評価できるのがGMOクリック証券でした!
絶対、口座開設しておいて損はありません!

引用元:価格.com

色々なサービスがあって一つ一つが面白くて、サービスに対してさまざまな機能が使えるようになっていて、画面がとても見やすいので使いやすくて、時間短縮にもなっていいことだらけでした。

引用元:価格.com

GMOクリック証券ではシステム障害を3回程経験しています。こちらの通信環境に問題は無く、ログインできず、いずれも任意のタイミングで決済が出来ませんでした。

引用元:価格.com

気になるのは注文方法が少ない事です。最低でもトレール注文は欲しいところ。

引用元:価格.com

PayPay証券

開設完了までの最短日数2~3週間程度
取引開始までの最短日数2~3週間程度
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・3タップで株式が購入できる
・1,000円から日米企業へ投資できる
・IPOが1株から申し込みできる
デメリット・取り扱い銘柄が限定されている
・NISA口座が開設できない
・手数料がスプレッド方式
こんな人におすすめ・少額投資から始めたい人
・スマホで手軽に投資をしたい人
・有名企業に手軽に投資したい人

【口座開設の手順】

口座開設の手順
  1. メールアドレスの登録
  2. 本人情報の入力
  3. 投資経験などの入力
  4. 本人確認書類、マイナンバー確認書類の提出
  5. 口座開設完了通知の受け取り

1.メールアドレスの登録
PayPay証券公式サイトの「口座開設」よりメールアドレスを登録します。入力したメールアドレス宛に口座開設専用のURLが記載されたメールが送付されるため、タップして開きましょう。

2.本人情報の入力
氏名や生年月日、住所などの本人情報を入力します。提出する本人確認書類と相違がないように注意しましょう。

3.投資経験などの入力
投資経験や職業、年収などの情報を入力します。投資の適性を判断するためのものであるため、偽りのないように申告しましょう。

4.本人確認書類、マイナンバー確認書類の提出
オンライン上に本人確認書類とマイナンバー確認書類をアップロードします。次の書類を提出する場合は、郵送物の受取不要で本人確認が可能です。

・運転免許証 ※運転経歴証明書も可
・マイナンバーカード(個人番号カード) ※顔写真付き
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民基本台帳カード ※顔写真付き

引用:PayPay証券「口座開設の流れ」

5.口座開設完了通知の受け取り 郵送またはメールにて口座開設完了通知を受け取ります。書面に入金先銀行の口座番号が記載されているため、投資資金を入金して取引を始めましょう。

やはりアメリカの株が買えるというのが魅力的だと思います。非常に便利です。

引用元:価格.com

特筆すべきは画面の見やすさで、デザイン的にもストレスがないですし、含み損や含み益も一眼でわかりやすいのが気に入っています。

引用元:価格.com

購入手数料ばかりでなく、出金手数料も高い。せめてPayPay銀行への出金手数料は無料のような配慮が欲しい。

引用元:価格.com

買い付け、売却ともにパスワードの入力時間が短すぎてとても使いにくいと感じました。

引用元:価格.com

SBIネオトレード証券

開設完了までの最短日数1週間程度
取引開始までの最短日数1週間程度
口座開設に必要な書類・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
メリット・信用取引の手数料が無料
・株式の発注方法が豊富
・SBIグループで取り扱うIPOに応募できる
デメリット ・投資信託の取り扱いファンドが少ない
・外国株式の取り扱いがない
こんな人におすすめ・国内株式や信用取引を中心に取引したい人
・複数の証券会社を使い分けたい人
・IPO投資を行いたい人

【口座開設の手順】

口座開設の手順
  1. 口座開設フォームより申し込み
  2. 本人確認書類のアップロード
  3. 口座開設完了
  4. ログインパスワードの設定

1.口座開設フォームより申し込み
SBIネオトレード証券の公式サイトより「口座開設」をタップして「【個人口座】証券口座開設」に進み、申し込みフォームをタップ、必要事項を入力します。

2.本人確認書類のアップロード
本人確認書類およびマイナンバー確認書類のアップロードを行います。利用できる書類の組み合わせは下記の通りです。

  • 個人番号カード【1書類の提出のみで可】
  • マイナンバー記載の住民票の写し+運転免許証
  • マイナンバー記載の住民票の写し+各種健康保険証
  • 現住所記載のマイナンバー通知カード+運転免許証
  • 現住所記載のマイナンバー通知カード+ 各種健康保険証+住民票

参考:SBIネオトレード証券「本人確認書類・マイナンバー(個人番号)確認書類」

3.口座開設完了
書類提出から1週間ほどで口座開設が完了します。転送不要の簡易書留にて「ログインIDのご案内」が送付されるため、必ず受け取りましょう。

4.ログインパスワードの設定
初回ログイン時にログインパスワードの設定を行い、手続き完了です。IDやパスワードは失念することのないように、しっかりと保管しておきましょう。

手数料の安さがいいですね。IPOも数も豊富で利用しやすさがよいです。
わずらわしい手続きもいらないし、ネットで完結できるので重宝します。

引用元:価格.com

SBIネオモバイル証券は単元未満株の購入が凄く便利に感じた。

引用元:価格.com

投資信託の数が非常に少なく感じる点は、今後の拡充に期待。

引用元:価格.com

個人的に、口座開設に少し時間がかかった点が面倒だった。

引用元:価格.com

初心者におすすめの
証券会社ランキング
証券会社の特徴 IPO実績 少額投資 クレジットカード
積立
銀行との連携サービス つみたてNISA
first
1
口座開設をする 楽天サービスとの連携に強み
楽天カード

楽天銀行
second
2
口座開設をする 口座数が国内No.1
三井住友カード(NL)など

住信SBIネット銀行
third
3
口座開設をする 暗号資産の取引もできる
マネックスカード
-
4 口座開設をする LINEで少額から始められる - -
5 口座開設をする auユーザー
必見

au Payカード

auじぶん銀行

SBI証券を口座開設する