株式投資を始めるにあたって、どの証券会社で口座開設すべきか悩む人も多いだろう。ネット証券大手の一つ楽天証券で口座開設を検討するのであれば、評判や口コミを確認し、取扱商品や手数料についてしっかり理解を深めてから口座開設したほうがいいだろう。

この記事では、インターネット上の評判などとあわせて楽天証券のメリット・デメリットを解説する。

評判から見た楽天証券のおすすめポイントまとめ

楽天証券,評判
(画像=公式webサイトより)

まず、楽天証券の評判を踏まえておすすめポイントを5つ紹介する。

手数料がとにかく安い

株式投資を始めるときに手数料が気になる人は多いだろう。せっかく投資で利益が出ても、手数料が高ければ利益が目減りしてしまうからだ。手数料にこだわりたい人には、楽天証券がおすすめと言える。

そもそもネット証券は手数料が安い傾向にあるが、その中でも、楽天証券は業界最低水準の手数料を誇っている。特に、「いちにち定額コース」なら、1日100万円までは取引手数料が0円だ。

まずは口座開設して投資経験を積みたい投資初心者にとって、手数料を気にせず投資できるのは大きなメリットだろう。

楽天ポイントで投資も可能

楽天証券では、楽天ポイントを使って投資ができる。楽天ポイント投資なら、万一失敗しても現金を失う心配がない。楽天ポイント投資で投資経験を積んでから現金で投資を始めるのもいいだろう。

日ごろから楽天ポイントを貯めている人にとって、楽天証券で口座開設するメリットは大きいと言える。

投資初心者でもサポートが充実

楽天証券は「トウシル」という投資情報メディアを運営している。トウシルでは、投資のプロフェッショナルが書いたレポートやコラムを無料で読むことができる。テーマは家計防衛、最新のマーケット情報など幅広い。

口座開設後はメールマガジンの設定ができるため、移動時間などに気軽に投資レポートに目を通すことができる。投資初心者にとっても投資経験者にとってもうれしいサービスと言えるだろう。

高機能なアプリ

高機能なアプリも楽天証券のおすすめポイントだ。スマホ用アプリ、タブレット用アプリなど、豊富な取引ツールが用意されている。

アプリでは、各種指数や為替レート、ニュース、ランキングなどのマーケット情報を簡単にチェックできる。また、個別銘柄情報を収集したり、テクニカルチャートを用いて相場を分析したりすることも可能だ。

外出先でもスマートフォンで発注できるため、投資チャンスを逃す心配がない。

投資信託が豊富

楽天証券は2021年8月2日現在、2,693本の投資信託(外貨建てMMFを含む)を取り扱っている。ほかのネット証券と比較しても最高水準の投資信託の取り扱い本数だ。

楽天証券では、最低購入単位を従来の1,000円から100円に引き下げ、初心者でも始めやすいよう配慮している。また、楽天ポイントを投資信託の買付代金にあてることも可能だ。さらに、投資をしながら楽天ポイントを貯めるチャンスも豊富にある。

投資信託は長期投資・分散投資に適しており、投資初心者におすすめの投資商品だ。初めて投資をするなら、投資信託の取り扱い本数にはこだわって証券会社を選ぶようにしたい。

楽天証券の公式ページはこちら
 

楽天証券の評判・口コミでわかるメリットとデメリット

続いて、楽天証券の悪い評判・良い評判について、価格.comの口コミを引用しながら紹介する。

評判・口コミから見た楽天証券のメリット

まず、楽天証券の良い評判・口コミを3つピックアップして紹介する。

ネット証券なので、手数料が安いという利点があり利用しています。注文方法もアプリで簡単なところが気に入っています。アプリで情報サービスが利用でき、情報も集めやすいです。 積み立てニーサの取扱商品して、楽天バンガードを選びたいので、楽天証券を利用しました。

困ったときは、楽天証券のサポートが受けられるのでいいと思います。総評として、初めてネット証券を開設するのに、いつも楽天カードを利用している方は、楽天証券を選べばポイントも貯まるので、お得で使いやすいと思います。

楽天会員だったので楽天証券を利用してみました。会員のため面倒な手順がなくスムーズに申し込みできました。利用する前に会員になったほうが申し込みが楽です。便利なところは、楽天ポイントで投資ができるところですね。投資でポイントをすべて使ってもいいし上限を決めて運用することもできます。投資信託の積立を楽天カードで払えばポイントが付与されるので、これもメリットです。投資しながらポイントが貯まります。楽天証券のスマホアプリもあり、見やすくて便利です。

資産運用をするため開設し、使用しています。楽天カードを使用して積立可能でありながら、積立をした金額に対してポイントが付与されるのが他の会社だとあまりないので素晴らしいと思います。また一定金額を利用することで他のサービスにも影響が出るSPUに反映されるのも楽天サービスを利用しているので助かります。積立NISAも利用していますが、取扱商品についても非常に多いので非常に満足しています。

良い評判を見ると、口座開設の手続きがスムーズで簡単に投資を始められたという内容が多い。また、手数料が安いこと、アプリが使いやすく情報収集しやすいこと、商品が多いことなどもメリットと言えるだろう。

さらに、楽天ポイントで投資ができたり、投資することで楽天ポイントが付与されたりと、日ごろから楽天グループのサービスを利用し楽天ポイントを貯めている人にとっては、特にメリットが多いことがわかる。

評判・口コミから見た楽天証券のデメリット

一方で、楽天証券の悪い評判・口コミには以下のようなものがある。

カスタマースタッフから端末操作権限がないので担当者に取り次ぐので時間が欲しいと言われました。電話をかけて応答までの時間も約30分、カスタマー相談後のレスポンスも非常に遅いです。マニュアルどおりの対応しかしてくれません。

悪い評判の多くは、カスタマーサービスに関する内容だった。特に電話対応に関しては、待ち時間が長いうえに、オペレーターの対応もよくなかったと感じている人がいるようだ。また、システムトラブルに関する不満の声もあった。丁寧な対応を望むなら、店舗型の証券会社を選び、窓口を利用したほうが満足度が上がるかもしれない。

楽天証券の公式ページはこちら
 

楽天証券がおすすめな人はこんなタイプ

楽天証券がおすすめなのは次のような人だ。どれかに当てはまるなら、楽天証券での口座開設を検討してもいいだろう。

・店舗窓口に行く時間がない
・ネットで自分のペースで投資商品を選びたい
・仕事で忙しく、スキマ時間に投資をしたい
・窓口や電話相談がなくても自分で手続きするのが苦ではない
・取引コストを抑えて投資したい
・1日100万円以下で投資経験を積みたい
・楽天会員に登録している
・楽天銀行を利用している
・楽天経済圏でお得に生活したい
・楽天ポイントを貯めたい
・楽天グループは知名度があるので安心できる

楽天証券の公式ページはこちら
 

楽天証券の詳細情報

続いて、楽天証券の会社概要や取扱商品、取引時間などを解説する。

会社概要

楽天証券は、楽天グループが運営するネット証券だ。楽天グループは、楽天証券のほかにも、楽天銀行や楽天ペイなどさまざまな金融サービスを提供している。また、楽天市場・楽天トラベル・楽天モバイル・みん就など幅広い事業を展開している。

2021年5月に楽天証券の証券総合口座は600万口座を突破した。また、「オリコン顧客満足度ネット証券ランキング(2021年)」では1位を獲得するなど、人気を博している。

楽天証券の会社概要は次のとおりだ。

商号 楽天証券株式会社(金融商品取引業者)
代表者 代表取締役社長 楠 雄治
本店所在地 東京都港区南青山2-6-21
設立 1999年(平成11年)3月24日
資本金 7,495百万円
従業員数 538名
加入取引所 東京証券取引所
大阪取引所
名古屋証券取引所
公式ホームページ https://www.rakuten-sec.co.jp/

※2021年8月9日現在。

取引の基本的なルール

楽天証券の取扱商品は次のとおりだ。




国内株式 現物取引・信用取引・REIT(リート)・国内ETF・ETN・新規公開株(IPO)・公募・売出株式(PO)・立会外分売・貸株サービス
外国株式・海外ETF 米国株式・中国株式・海外ETF・アセアン株式
投資信託 投資信託・外貨建MMF
楽ラップ 楽天ラップ(ロボアドバイザー)
債券 国内債券・外国債券
先物・オプション 日経225先物/日経225ミニ・日経225オプション・商品先物・海外先物取引
楽天FX
CFD
バイナリーオプション
外国為替
金・プラチナ

※2021年8月9日現在。

楽天証券で利用できる制度は次のとおりだ。

・iDeCo(イデコ)
・NISA(ニーサ)

政府が資産運用を推進するために打ち出した主な制度はすべて利用できる。NISAについては、一般NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAから好きなものを選択できる。

続いて、楽天証券の取引時間について、いくつかの商品を取り上げて紹介する。

なお、市場取引時間外でも、一定の時間を除けば基本的に注文は可能だ。土日は市場取引がないため、注文の受付のみとなる。また、毎週日曜日の午前2時30分から午前3時30分まではシステムメンテナンス中なので、その間は取引ができないことに留意しておこう。

国内株式(東証) 月~金 市場取引時間9:00~11:30 12:30~15:00
外国株式(米国株式) 【標準時間】  月~金 市場取引時間23:30~翌6:00
【サマータイム】月~金 市場取引時間22:30~翌5:00
楽天FX 【標準時間】  月~金 市場取引時間7:10~翌6:55
【サマータイム】月~金 市場取引時間6:10~翌5:55

※2021年8月9日現在

楽天証券の公式ページはこちら
 

現物・信用手数料一覧

楽天証券の手数料には、「超割コース」と「いちにち定額コース」の2種類がある。

それぞれの特徴と手数料は次のとおりだ。

超割コース

超割コースでは、国内株式・外国株式の取引手数料の1~2%が楽天ポイントとしてバックされる。楽天ユーザーにとってはうれしいメリットだ。

また、1回の取引金額に応じて取引手数料が決まる。現物取引・信用取引の約定代金(注文が成立した値段)ごとの手数料は次のとおりだ。

現物取引


約定代金 取引手数料(税込)
5万円まで 55円
10万円まで 99円
20万円まで 115円
50万円まで 275円
100万円まで 535円
150万円まで 640円
3,000万円まで 1,013円
3,000万円超 1,070円

信用取引

約定代金 取引手数料(税込)
5万円まで 55円
10万円まで 99円
20万円まで 148円
50万円まで 198円
50万円超 385円

超割コースでは、1ヵ月の投資信託の平均残高が3,000万円以上など一定の条件を達成すると、「大口優遇」が適用される。大口優遇が適用された場合の現物取引の手数料は次のとおりだ。なお、大口優遇は、一度条件を達成すると3ヵ月間適用される。

現物取引


約定代金 取引手数料(税込)
5万円まで 0円
10万円まで 0円
20万円まで 110円
50万円まで 261円
100万円まで 468円
150万円まで 559円
3,000万円まで 886円
3,000万円超 936円

大口優遇が適用されると、信用取引の手数料は約定代金にかかわらずすべて0円となる。

いちにち定額コース

いちにち定額コースだと、1日の取引金額が100万円までなら、取引手数料は0円だ。1日100万円以下で取引する投資初心者や、1日にたくさんの取引をするデイトレーダーに向いているコースだ。

1日の約定代金合計 取引手数料(税込)
100万円まで 0円
200万円まで 2,200円
300万円まで 3,300円

300万円以降は、100万円増えるごとに、1,100円(税込)が追加される。

なお、デイトレーダーは「デイトレード割引」を活用することでさらにお得に取引できる。

楽天証券の公式ページはこちら
 

楽天証券の始め方(簡単な流れを解説)

続いて、楽天証券で投資を始める手順を簡単に解説する。

1.公式ホームページで口座開設を申し込む
2.スマートフォンもしくはアップロードで本人確認書類を提出
3.氏名・住所等の情報を入力する
4.ログインIDをメールで受け取る
5.ログイン後、初期設定を行う(5分程度)
6.投資資金を証券口座に入金する
7.投資商品を選び、取引をスタートする

楽天証券の公式ページはこちら
 

楽天証券で投資を始めよう

楽天証券なら、自宅で好きな時間に投資ができる。投資状況もスマホアプリで簡単に確認できるため、忙しい人にもおすすめだ。iDeCoやつみたてNISAといった初心者におすすめの節税・非課税制度も網羅している。

また、商品のラインナップが豊富なので、最初は投資信託などリスクの低い商品から始め、投資に慣れてきたら外国株式や先物取引、バイナリーオプションなどと幅を広げることもできる。運用を任せたいなら、AIが投資商品を選んでくれる「楽ラップ」も利用できる。

リスクを抑えてリターンを狙うためには、長期で投資に取り組むことや、投資経験を積むことが何より大切だ。投資を始めたいけれど迷っている人は、限られた時間を無駄にすることがないよう、勇気をもって第一歩を踏み出してほしい。

楽天証券の公式ページはこちら