DMM.com証券の取扱商品 概要

概要 | 株式などに特化した商品ラインナップ

DMM.com証券の取扱商品は、日本の各取引所上場銘柄(株式、ETF、ETNおよびREITなど)ならびに、DMM.com証券が選定した米国の各取引所上場銘柄(株式、ETFおよびADR)です。くわえてNISAとジュニアNISAも扱っています。

DMM.com証券は株式などに特化した商品ラインナップとなっているため、非常にシンプルです。一方で、大手ネット証券のフルラインナップと比較すると物足りなく感じるかもしれません。しかしながら、多数の商品の様々な投資情報に溢れ、情報過多の状態に陥ってしまう人もいます。まずは株式投資から始めたい初心者にとって、DMM.com証券は分かりやすい商品ラインナップといえるでしょう。

DMM.com証券では、ほかのネット証券で取り扱いがある投資信託をはじめ、債券や先物・オプションなどの商品の取り扱いがありません。また、米国以外の外国株式も取り扱いがありません。幅広い金融商品への投資を検討している場合、他の証券会社を併用する必要があるでしょう。

DMM.com証券の取扱商品・銘柄(国内株式)

概要 | 約4,300銘柄の日本の各取引所上場銘柄を取り扱い

DMM.com証券の現物取引では、約4,300銘柄の日本の各取引所上場銘柄を扱っています。

信用取引には、取引所の選定基準を満たした銘柄を取引対象とする「制度信用」と、投資家と証券会社の間で返済期限などを決めることができる「一般信用」の2種類があります。証券会社によって取り扱いが異なる一般信用について、DMM.com証券の信用取引では、一般信用取引は買建のみで、売建は取り扱いがありません。

また、DMM.com証券は、IPO(新規公開株)およびPO(公募、売出)に申し込むことができます。

個別株

概要 | 国内すべての証券取引所上場株式を取り扱い

国内すべての証券取引所に上場する約4,000社の株式を扱っています。東京証券取引所上場株式のみではなく、地方証券取引所上場銘柄にも投資が出来る点が魅力です。

制度信用取引については、国内すべての証券取引所が指定する制度信用銘柄を取り扱っています。また、一般信用取引については、DMM.com証券が指定した銘柄で売建は取り扱いがありません。

ETF・ETN

概要 | 日本の各取引所上場銘柄に上場するETFおよびETN

DMM.com証券では、日本の各取引所上場銘柄に上場するETFおよびETNを取り扱っています。国内外の株式や債券はもちろんのこと、コモディティやREITなど幅広い資産の指数に連動するETFを多数取り扱っています。

REIT

概要 | 61本のREITを取り扱い

DMM.com証券で投資できるREITは東京証券取引所に上場する61本です。REITを中心に投資を考えている人にとって、当該取引所と同様のラインナップから選択することができます。

なお、ネット証券大手のSBI証券および楽天証券も、同様の61本のREITを取り扱っています。

IPO

概要 | 委託販売のみ取り扱い

DMM.com証券では、2019年2月からIPO(新規公開株)の取り扱いが開始されました。委託販売のみであるため、割当数は少ないですが、申し込み時に購入資金を準備せずとも抽選に申し込むことができる点が魅力です。さらに、抽選は完全平等抽選で、取引実績や資産残高に左右されない抽選が行われるため、資金力が少ない人も応募しやすいでしょう。

過去の取扱実績として、2021年は5銘柄、2022年は6月現在までに6銘柄を取り扱いました。大手ネット証券のSBI証券や楽天証券と比較すると取扱実績は少ないため、IPOに積極的に申し込みたい人は他の証券会社との併用も検討しましょう。

PO

概要 | POの取扱実績は1件

DMM.com証券では、過去のPO取扱実績は1件となっています。過去案件については、PO銘柄もIPOと同様、抽選は完全平等抽選ですが、申し込み時に購入資金の準備が必要であった点が異なります。大手ネット証券のSBI証券や楽天証券と比較すると取扱実績は少ないため、POに積極的に申し込みたい人は他の証券会社との併用も検討しましょう。

単元未満株

概要 | 単元未満株の取り扱いなし

DMM.com証券では、単元未満株の取り扱いがありません。単元未満株への投資を検討している場合、他の証券会社を検討すると良いでしょう。

DMM.com証券の取扱商品・銘柄(外国株式)

概要 | 約2,000銘柄のDMM.com証券が選定した米国の各取引所上場銘柄

DMM.com証券では、同社が選定した約2,000銘柄の米国の各取引所上場銘柄(株式、ETFおよびADR)を扱っています。取扱銘柄数について、米国株式は1,615銘柄、米国ETFは245銘柄、インド・中国・ブラジル・その他の米国外の企業のADRは123銘柄を取り扱っています。米国以外の株式の取り扱いはありませんが、ADRを利用して米国以外の株式の所有権を持つことができます。

ネット証券大手のSBI証券および楽天証券と比較すると、取扱銘柄数は少ないですが、米国株式取引における取引ツールの使い勝手の良さや取引手数料が無料である点が魅力でしょう。

投資信託

概要 | 株式投資信託等の取り扱いなし

DMM.com証券では、株式投資信託等の取り扱いがありません。株式投資信託等への投資を検討している場合、他の証券会社を検討すると良いでしょう。

外貨建MMF・MMF・中期国債ファンド | 外貨建MMFの取り扱いなし

DMM.com証券では、外貨建MMFの取り扱いがありません。

MMFは、2016年1月に日本銀行によるマイナス金利政策が導入されたことにより、安定した利回りを確保できなくなったため、国内のMMFはすべて償還されました。現在、国内の証券会社での取り扱いはありません。

中期国債ファンドについてもMMFと同様で、マイナス金利政策が導入されたことにより、安定した利回りを確保できなくなったため、国内の中期国債ファンドはすべて償還されました。現在、国内の証券会社での取り扱いはありません。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA

一般NISA | 日米の各取引所上場銘柄を幅広く取り扱い

DMM.com証券のNISAでは、約4,300銘柄の日本の各取引所上場銘柄ならびに、約2,000銘柄の同社が選定した米国の各取引所上場銘柄を扱っています。なお、国内株式にはIPOおよびPOを含みます。

つみたてNISA | つみたてNISAの取り扱いなし

DMM.com証券では、つみたてNISAの取り扱いがありません。

ジュニアNISA | 日米の各取引所上場銘柄を幅広く取り扱い

DMM.com証券のジュニアNISAでは、約4,300銘柄の日本の各取引所上場銘柄ならびに、約2,000銘柄の同社が選定した米国の各取引所上場銘柄を扱っています。なお、国内株式にはIPOおよびPOを含みます。

iDeCo | iDeCoの取り扱いなし

概要

DMM.com証券では、iDeCoの取り扱いがありません。

ロボアドバイザー

概要 | ロボアドバイザーの取り扱いなし

DMM.com証券では、ロボアドバイザーの取り扱いがありません。

債券

概要 | 債券の取り扱いなし

DMM.com証券では、債券の取り扱いがありません。

コモディティ

概要 | コモディティの取り扱いなし

DMM.com証券では、コモディティ(商品)の取り扱いがありません。コモディティへの投資を検討している場合、他の証券会社を検討すると良いでしょう。

なお、DMM.com証券でコモディティに投資したい場合は、CFDを利用してコモディティへ投資する方法があります。DMM.com証券では、金および銀、原油の3銘柄のCFD取引ができます。

先物・オプション

概要 | 先物・オプションの取り扱いなし

DMM.com証券では、先物・オプションの取り扱いがありません。

今、読まれている記事