楽天証券の取引ツール 概要

楽天証券は、「MARKET SPEED」と「MARKET SPEEDⅡ」という取引ツールを提供しています。

1999年に登場した「MARKET SPEED」に加え、大幅に機能が追加されアップグレードされた「MARKET SPEEDⅡ」の2種類になります。

「MARKET SPEED」は国内や米国の株式、為替、日経225先物など、さまざまな商品の取引ができます。また、20種類以上の分析チャートやリアルタイムのランキングなどの豊富な情報で、多くの人の投資活動をサポートしており、これまで60万人以上に利用されているツールです。

月額料金が発生するツールを提供しているオンライン証券もある中、「MARKET SPEED」や「MARKET SPEEDⅡ」はどなたでも無料で利用することが可能です。

さらに「MARKET SPEEDⅡ」には、登録した条件を満たすと自動的に注文される「アルゴ注文」というシステムが追加されています。日中の忙しい時間や旅行中なども、継続してアクティブなトレードを行うことができるという点が魅力です。

楽天証券のチャート(PC)

「MARKET SPEEDⅡ」ではチャートの移動や拡大縮小、表示期間の変更などの細かな設定が、マウスの操作だけで直観的に行えるようにアップグレードされました。銘柄の切り替えが容易になったり、一画面に最大4つのチャートを同時に表示できるなど、より一層便利な使い勝手になっています。

また、チャート上に注文中の指値をラインで表示し、ラインを動かすだけで指値の訂正を行うことができるため、急激な株価の増減にもリアルタイムで対応できるのが魅力です。さらに「MARKET SPEEDⅡ」はテクニカル指標が57種類も用意されています。最大5つまで重ねて表示することができるため、詳細な分析を行うことができるのです。

楽天証券の注文方法

「MARKET SPEED」ではドラッグ&ドロップですぐに注文できる「武蔵」と、ワンクリックで発注できる「エクスプレス注文」の2種類の発注方法があり、スピーディーかつ分かりやすいトレードができます。

「MARKET SPEEDⅡ」ではさらに、「アルゴ注文」という機能が追加されており、事前に条件を登録することで、条件を満たす注文を自動で取引所へ執行してくれます。

この「アルゴ注文」にはスナイパー注文、リザーブ注文、トレイリング注文、リンク注文、アイスバーグ注文の5つのラインアップがあり、目的別に選ぶことができます。「アルゴ注文」は楽天証券のサーバー上で管理されるため、ログアウトやPCのシャットダウンを行っても自動で取引されます。忙しいときでも投資ができるのが魅力です。

今、読まれている記事