SBIネオトレード証券の取扱商品 概要

概要 | 国内株式と厳選された投資信託の商品ラインナップ

SBIネオトレード証券の取扱商品は、東京証券取引所上場銘柄(株式、ETF、ETNおよびREITなど)ならびに厳選された10本の投資信託と先物、オプションです。そして、NISA、つみたてNISAおよびジュニアNISAも扱っています。

日本株式などの現物取引と信用取引にサービスを絞り込んだ商品ラインナップとなっているため、非常にシンプルです。主要ネット証券のフルラインナップと比較すると物足りなく感じるかもしれませんが、商品が少なく厳選されているため、初心者にとって分かりやすい商品ラインナップといえるでしょう。また、日本株式などの本格的なトレーダーにとっては、取引手数料の安さが魅力的な十分な商品ラインナップといえるでしょう。

SBIネオトレード証券では、投資信託の取扱銘柄が比較的少なく、債券やコモディティなどの商品の取り扱いがありません。また、外国株式も取り扱いがありません。幅広い金融商品への投資を検討している場合は、他の証券会社との併用を検討しましょう。

SBIネオトレード証券の取扱商品・銘柄(国内株式)

概要 | 約4,200銘柄の東京証券取引所上場銘柄を取り扱い

SBIネオトレード証券の現物取引では、約4,200銘柄の東京証券取引所上場銘柄(株式、ETF、ETNおよびREITなど)を扱っています。信用取引には、取引所の選定基準を満たした銘柄を取引対象とする「制度信用」と、投資家と証券会社の間で返済期限などを決めることができる「一般信用」の2種類があります。証券会社によって取り扱いが異なる一般信用について、SBIネオトレード証券の信用取引では、一般信用取引は買建のみで、売建は取り扱いがありません。また、SBIネオトレード証券は、IPO(新規公開株)およびPO(公募、売出)に申し込むことができます。

個別株 | 東京証券取引所上場株式を取り扱い

SBIネオトレード証券の現物取引では、東京証券取引所に上場する3,800社以上の企業の株式に投資ができます。地方取引所上場銘柄に投資を検討している人は、他の証券会社を検討する必要があるでしょう。制度信用取引については、東京証券取引所が指定する制度信用銘柄を取り扱っています。また、一般信用取引については、SBIネオトレード証券が指定した銘柄で売建は取り扱いがありません。

ETF・ETN | 東京証券取引所に上場するETFおよびETN

SBIネオトレード証券では、東京証券取引所に上場するETFおよびETNを取り扱っています。国内外の株式や債券はもちろんのこと、コモディティやREITなど幅広い資産の指数に連動するETFを多数取り扱っています。

REIT | 61本のREITを取り扱い

SBIネオトレード証券では、東京証券取引所に上場する61本のREITを取り扱っています。REITを中心に投資を考えている人にとって、取引所と同様のラインナップから選択できる点は魅力です。なお、ネット証券大手のSBI証券および楽天証券も、同様の61本のREITを取り扱っています。

IPO | 2021年からIPO取扱銘柄数が一気に増加

SBIネオトレード証券では、2021年にSBIグループとなったことでSBI証券が幹事を務める銘柄を中心に取扱銘柄数が一気に増加しました。過去の取扱実績として、2019年は5銘柄、2020年は7銘柄でしたが、2021年は20銘柄、2022年は8月末現在までに10銘柄となっています。SBIネオトレード証券は事前入金が不要なため、資金拘束されることなく気軽に抽選に参加できる点が魅力です。また、抽選方法は10%が完全平等抽選、90%が取引実績や保有資産によって当選確率が変わるステージ制抽選の混合抽選方式になっています。大手ネット証券のSBI証券や楽天証券と比較すると取扱実績は少ないため、積極的に幅広くIPOに申し込みたい人は他の証券会社との併用も検討しましょう。

PO | POの取扱実績はなし

SBIネオトレード証券では、POの取り扱いはありますが、取扱実績はありません。大手ネット証券と比較すると取扱実績がないため、POに積極的に申し込みたい人は他の証券会社を検討すると良いでしょう。

単元未満株 | 単元未満株の取り扱いなし

SBIネオトレード証券では、単元未満株の取り扱いがありません。単元未満株への投資を検討している場合、他の証券会社を検討すると良いでしょう。

SBIネオトレード証券の取扱商品・銘柄(外国株式)

概要 | 外国株式は取り扱いなし

SBIネオトレード証券では、外国株式は取り扱いがありません。外国株式への投資を検討している場合、他の証券会社を検討すると良いでしょう。

なお、SBIネオトレード証券で米国株式に投資したい場合は、CFDを利用して米国株式へ投資する方法があります。SBIネオトレード証券では、28銘柄の米国株式のCFD取引ができます。

投資信託

概要 | 厳選された10本の投資信託を取り扱い

SBIネオトレード証券では、10本の投資信託を取り扱っています。ひふみシリーズの投資信託が5本とSBIグループのSBIアセットマネジメントが運用する投資信託が5本の合計10本のラインナップです。すべて購入手数料がかからないノーロードファンドで、積立投資もできます。なお、インデックスファンドは扱っていない点には留意しましょう。主要ネット証券に比べると取扱銘柄数は比較的少なく、投資信託を中心に投資したい人や幅広い銘柄から選択したい人は投資信託の取扱銘柄数が多い証券会社を検討すると良いでしょう。

外貨建MMF・MMF・中期国債ファンド | 外貨建MMFの取り扱いなし

SBIネオトレード証券では、外貨建MMFの取り扱いがありません。

MMFは、2016年2月に日本銀行によるマイナス金利政策が導入されたことにより、安定した利回りを確保できなくなったため、国内のMMFはすべて償還されました。現在、国内の証券会社での取り扱いはありません。

中期国債ファンドについてもMMFと同様で、マイナス金利政策が導入されたことにより、安定した利回りを確保できなくなったため、国内の中期国債ファンドはすべて償還されました。現在、国内の証券会社での取り扱いはありません。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA

NISA(一般) | 国内株式と厳選された投資信託の商品ラインナップ

SBIネオトレード証券のNISAでは、東京証券取引所上場銘柄(株式、ETF、ETNおよびREITなど)ならびに、10本の同社が厳選した投資信託を扱っています。なお、国内株式にはIPOおよびPOを含みます。

つみたてNISA | つみたてNISAの対象商品は1本の投資信託

SBIネオトレード証券のつみたてNISAでは、「ひふみプラス」に投資ができます。金融庁が定めたつみたてNISAの要件を満たす約200本(2022年9月6日現在)のうちの1本がSBIネオトレード証券のつみたてNISAにおける投資対象です。なお、ETFの取り扱いはありません。主要ネット証券の取扱銘柄数と比較すると少ないため、幅広い投資信託から投資対象を選びたい人やインデックスファンドに投資をしたい人は、他の証券会社を検討すると良いでしょう。

ジュニアNISA | 国内株式と厳選された投資信託の商品ラインナップ

SBIネオトレード証券のジュニアNISAでは、東京証券取引所上場銘柄(株式、ETF、ETNおよびREITなど)ならびに、10本の同社が厳選した投資信託を扱っています。なお、国内株式にはIPOおよびPOを含みます。

iDeCo

概要 | iDeCoの取り扱いなし

SBIネオトレード証券では、iDeCoの取り扱いがありません。iDeCoを検討している場合、他の証券会社を検討すると良いでしょう。

ロボアドバイザー

概要 | ロボアドバイザーの取り扱いなし

SBIネオトレード証券では、ロボアドバイザーの取り扱いがありません。ロボアドバイザーを検討している場合、他の証券会社を検討すると良いでしょう。

債券

概要 | 債券の取り扱いなし

SBIネオトレード証券では、債券の取り扱いがありません。債券への投資を検討している場合、他の証券会社を検討すると良いでしょう。

コモディティ

概要 | コモディティの取り扱いなし

SBIネオトレード証券では、コモディティの取り扱いがありません。コモディティへの投資を検討している場合、他の証券会社を検討すると良いでしょう。

先物・オプション

概要 | 日経平均株価を対象にした先物・オプションを取り扱い

SBIネオトレード証券では、先物取引として代表的な日経225先物、日経225miniのほか、日経225オプションの3つを取り扱っています。主要ネット証券と比較すると、取扱商品数は少ないですが、取引手数料が比較的安いことにくわえて、本格的な取引ツールを利用できる点が魅力です。

今、読まれている記事