(本記事は、横山 光昭の著書『キャッシュレス貧乏にならないお金の整理術』クロスメディア・パブリッシングの中から一部を抜粋・編集しています)

物理的に小さくすれば、余計なカードやレシートは入らない

財布
(画像=Getty Images)

あなたは今、自分の財布にいくら入っているかわかりますか?

だいたいの金額を思い浮かべたら、1度、本を閉じて財布を開き、答え合わせをしてみてください。

どうでしたか?だいたい合っていましたか?この質問、講演会などの冒頭で会場の皆さんに問いかけることもあります。1円単位まで正確に把握している人はほとんどいませんが、誤差数百円のレベルで答えられる人は少なくありません。

逆に、「いくらくらいだったかな......」と見当がつかない人もいます。

どちらのタイプがお金の貯まる人かは書くまでもないかもしれません。もちろん、誤差数百円のレベルで財布の中身を把握している人です。

そう聞くと、「やっぱりお金に細かいことが大事なんだな」と思われるかもしれません。あるいは、「ちまちま数えて、みみっちい」と、くさす、財布の中身に無頓着なタイプの人もいることでしょう。

でも、大事なのはお金に細かいことではありません。

財布やお金に意識を向けていることです。

例えば、都市伝説のように語られる「お金持ちは長財布を使っている」「長財布を持つとお金が貯まる」という話があります。

実際、私も取材などで「長財布を持つと、本当にお金が貯まるのですか?」と聞かれますが、はっきり言って「長財布を持つこと」と「お金が貯まること」に因果関係はありません。

ただ、「財布を変える」と「お金が貯まること」があるとは言えます。

大きい財布から小さい財布へ。お金に対する「意識」が変わる

財布,ブランド,ミニ財布
(画像=Vladimir Sukhachev/Shutterstock.com)

お金が貯まる人は財布の形に関係なく、自分の財布に愛着を持ち、とても大切に扱っています。丁寧に使っているので、財布そのものの見た目も概してきれいです。財布の中身はお金だけのことがほとんどで、1万円札、5000円札、1000円札の順にお札の向きも合わせています。

そこまでお金に意識が向いている人は、お札を折るのが嫌だな、小銭とお札を分けて持ち歩きたいなと思うようになり、結果的に長財布を選ぶ流れはあるでしょう。その結果、お金持ちは長財布を使っているというイメージが広まったのかもしれません。

一方、お金が貯まらない人は、自分の財布を雑に扱っている傾向があります

角が擦り切れ、表面に汚れがあり、中身はお金以外のものがいっぱい。レシート、割引券、ポイントカード、クレジットカードなどでパンパンに膨らみ、いわゆる「ブタ財布」状態になっています。

また、お札も2つ折りで入っていたり、3つ折りで入っていたり、1000円札、5000円札、1万円札が整理されずに混在していて、お札とお札の間にレシートが挟まり、支払いの際にお札を出すとぱらぱら落ちるなんてことも......。

まさに、財布にもお金にも意識が向いていない状態です。

「お金が貯まらない人」の財布には、次のような傾向があります。

・財布がパンパンに膨らんでいる
・お札の入っている方向が上下、表裏バラバラ
・お札がくしゃくしゃになっている
・1回しか行ったことのないお店のポイントカードが何枚も入っている
・クレジットカードが複数枚入っている
・期限切れの割引券など、ゴミ化した紙がそのまま入っている
・レシートが目いっぱい入っている

もし、自分の財布を見直してみて、ひとつでも該当する項目がある場合には、もう少し自分の財布、そして自分のお金に興味を持つようにしましょう。

家計相談のとき、相談者の方がブタ財布状態になっていたら財布を新調するよう勧めています。それも「できれば、小さな財布」にするように提案しています。

というのも、財布を小さくすると、物理的に入れられる量が限られてくるからです。

まず、場所を取るクレジットカード、キャッシュカード、ポイントカードの枚数を見直すことになります。

本当に持ち歩く意味があるポイントカードはどれかを絞り込むうち、日頃のムダ遣いに気づくこともあるでしょう。また、レシートを乱雑に突っ込んでおくこともできなくなるので、必然的に1日、2日で財布の外に出すことになります。

そのタイミングで自分の買ったものを振り返り、「ちょっと買いすぎたな......」と思ったら、翌日から「引き締めていこう」と気持ちを切り替えることもできるでしょう。

つまり、財布を新調し、小さくするとお金自体に意識が向くようになるのです。

財布からのお金の出入りに気が向くようになれば、管理をきちんとしようという意識が芽生え、「お金が貯まらない人」から卒業する一歩を踏み出すことになります。

財布を小さくすれば、お金がどんどん貯まり始める

キャッシュレス貧乏にならないお金の整理術
横山 光昭(よこやま・みつあき)

株式会社マイエフピー代表、家計再生コンサルタント。
お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、家計の問題の抜本的解決、確実な再生をめざし、個別の相談・指導に高い評価を受けている。
これまでの相談件数は2万3000件を突破。各種メディアへの執筆講演も多数。
著書は60万部突破の『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』を代表作とし、著作は120冊、累計330万部となる。
個人のお金の悩みを解決したいと奔走するファイナンシャルプランナー。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます
ZUU online library
(※画像をクリックするとZUU online libraryに飛びます)