マネックス証券のアプリ 概要

概要 | さまざまな用途のスマホ向けアプリがそろう

マネックス証券はスマホやタブレット向けアプリを豊富に提供しています。その数はネット証券の中でもかなり充実していると言えるでしょう。

国内株取引ツール「マネックストレーダー株式スマートフォン」を筆頭に、先物取引ツール「マネックストレーダー先物スマートフォン」、米国株取引ツール「マネックストレーダー米国株スマートフォン」、FX取引ツール「マネックストレーダーFXスマートフォン」、暗号資産CFD取引ツール「MONEX TRADER CRYPTO」と取引別のツールがそろっており、スマホひとつでさまざまな証券取引が可能です。iPadで利用できる「マネックストレーダー株式タブレット」も提供されています。

また、「マネックストレーダー株式スマートフォン」と連動して資産管理ができる総合アプリ「マネックス証券アプリ」や、単元未満株取引ができるSNS型投資アプリ「ferci(フェルシー)」なども用意されています。

マネックス証券のツール 概要

概要 | スマホアプリのみで株式取引が完結

マネックス証券では、スマホ用株式取引ツールとして「マネックストレーダー株式スマートフォン」が提供されています。iPhoneおよびAndroid搭載端末で利用できる無料アプリです。

国内株式取引の注文ができるほか、約定の通知や銘柄リストの登録、板やチャート等個別銘柄の情報確認、ランキング等投資情報の確認が可能。アプリのみで株式取引が完結する機能がそろっています。他社のスマホ向け取引ツールと比較して過不足ない出来と言えるでしょう。

スマホ向け取引ツールとしては、このほかに「マネックストレーダー先物」「マネックストレーダー米国株」「マネックストレーダーFX」がそれぞれ提供されています。

マネックス証券のチャート(アプリ)

概要 | スマホ画面でも見やすいチャート表示

「マネックストレーダー株式スマートフォン」では、個別銘柄の株価チャートやテクニカルチャートを表示できます。

チャートは1分足、5分足、日足、週足、月足の切り替えが可能で、最大200本表示可能です。チャート上に四本値や出来高などの株価情報を表示することもできます。

テクニカルチャートは「移動平均」「一目均衡表」「ボリンジャーバンド」など9種類のテクニカル指標を表示できます。各テクニカル指標のパラメーター設定および変更も可能です。

チャート表示画面では、スワイプによる過去チャートの確認やチャートの拡大表示および縮小表示ができます。端末を横向きにしてチャートを横長に表示させることも可能です。

マネックス証券の注文方法

概要 | スマホでスピーディーに注文可能

「マネックストレーダー株式スマートフォン」では国内株式の現物売買および信用売買の注文ができます。

通常の指値注文や成行注文のほか、損切りなどに便利な「逆指値注文」や指値と逆指値の注文を同時に出す「ツイン指値注文」も可能です。また、リアルタイムの気配値を確認しながら注文できる「2WAY注文」にも対応しています。

ほとんどの注文条件をワンタップで設定できるのでスピーディーな注文が可能です。注文内容の訂正や注文の取り消しもアプリから行えます。

マネックス証券では単元未満株「ワン株」の取引が可能ですが「マネックストレーダー株式スマートフォン」はワン株取引には対応しておらず、別アプリ「ferci」での対応となります。

今、読まれている記事