楽天証券の手数料 概要

概要 | 楽天証券なら手数料を抑えて楽天ポイントをためられる!

楽天証券では、100円から積み立てが可能です。さらに、お買い物や旅行でたまったポイントでも投資信託の購入ができるため、気軽に投資を始められるのが魅力の1つです。

また、楽天証券の手数料には「超割コース」と「いちにち定額コース」の2つのコースがあります。現物取引と信用取引のどちらにも適用できるため、自分に合ったコースを選択することができるのです。

「超割コース」は1日の取引金額が多い方や、現物取引以外での手数料でもポイントがもらえるため、ポイントをためたい方におすすめのコースです。

「いちにち定額コース」は、1日の間に取引をした現物取引や信用取引の合算金額に対して手数料が決まる仕組みです。100万円以下の場合は手数料0円となるため、1日の取引が少額の方にとってはお得なコースになっています。

SBI証券やマネックス証券でも複数のコースが用意されています。国内株式の取引の場合、SBI証券の「スタンダードプラン」は55円〜、「アクティブプラン」は1日の約定代金が100万円までは0円です。マネックス証券では「取引毎手数料コース」では最低55円〜、「一日定額手数料コース」であれば何回取引しても最低550円〜となっており、どの証券会社も手数料にほとんど差はありません。

楽天証券の取引手数料(国内株式)

楽天証券の国内株式は現物取引と信用取引のどちらにも「超割コース」と「いちにち定額コース」の2つのコースがあります。

取引金額とは、売買が成立した値段×株数で求められ、約定代金とも言います。2つのコースがあるため、自分に合ったコースを選べるのが魅力です。

「超割コース」では1回の取引金額によって手数料が決まり、一度に大きい金額を扱う方は手数料を低く抑えることができます。また、取引手数料の1.0%分がポイント還元されるのです。一方で、「いちにち定額コース」は、1日の合計取引金額で取引手数料が決まります。100万円までなら取引手数料は無料で取引することができるため、1日に何度も取引する方はお得に利用可能です。

現物取引も信用取引も、SBI証券やマネックス証券でも手数料に大きな差はありません。

現物取引 | 楽天証券の大口取引でさらに手数料がお得に!

現物取引とは、株を売買することで、値上がり益や配当金、株主優待を受け取ることができる、スタンダードな取引のことです。現物取引(他取引も含む)の「超割コース」では、大口優遇条件を達成すると、さらに手数料を安く抑えることができます。

大口優遇条件は下記の通りです。

・信用取引の当日の新規建約定金額の合計が3,000万円以上
・信用取引の1ヵ月の新規建約定代金の合計が3億円以上
・貸株の1ヵ月の平均残高が3,000万円以上
・投資信託の1ヵ月の平均残高が3,000万円以上

SBI証券やauカブコム証券と比べても、「超割コース」で大口優遇が適用されると、より低い手数料での取引が可能です。まとまった金額で投資を行いたい方には最適なプランであるといえるでしょう。

超割コース(大口優遇適用)
約定代金 ~10万円 ~5万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円 ~150万円 ~300万円 ~3,000万円 3,000万円~
手数料 0円 0円 110円 261円 468円 559円 886円 886円 936円

約定コース | 楽天ポイントを効率的にためたい方におすすめ

楽天証券の「超割コース」では、1回の約定代金によって手数料が変わります。約定代金が5万円までの取引の場合、手数料は55円、10万円までの場合は99円、20万円までの場合は115円と、約定代金が大きくなればなるほど手数料も上がっていき、約定代金が3,000万円以上の場合、手数料は最大で1,070円となります。

SBI証券やマネックス証券と比較しても、手数料はほとんど同じであり、これらよりも手数料が高い証券会社も散見されるため、楽天証券のスタンダードプランの手数料は業界最低水準であるといえるでしょう。楽天経済圏で生活をしている方や、楽天ポイントを効率的にためたい方には、楽天証券のほうがおすすめです。

超割コース
約定代金 ~5万円 ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円 ~150万円 ~300万円 ~3,000万円 3,000万円~
手数料 55円 99円 115円 275円 535円 640円 1013円 1013円 1070円

定額コース | 売買回数が多くなる方におすすめ。100万円までの取引なら何回でも手数料無料!

楽天証券の「いちにち定額コース」では、現物取引と信用取引の金額を合算した1日の合計取引金額で取引手数料が決まります。

1日の約定代金の合計が100万円までの場合、何回でも手数料無料で利用することができるのが大きな魅力です。約定代金が200万円までの場合は2,200円、300万円までの場合は3,300円となっており、それ以降は約定代金が100万円増えるごとに1,100円(税込み)が手数料として加算されていくのです。

いちにち定額コース
1日の約定代金合計 ~50万円 ~100万円 ~150万円 ~200万円 ~300万円 〜400万円 〜500万円 〜600万円 以降100万円増加ごと
手数料(税込) 0円 0円 2200円 2200円 3300円 4400円 5500円 6600円 +1100円

SBI証券やマネックス証券と手数料を比べると、手数料が安い順に、SBI証券、楽天証券、マネックス証券となり、SBI証券が一番安価となります。また、マネックス証券では約定代金が100万以下の場合、550円の手数料がかかります。

PTS取引

PTS取引は追加費用なしで取引可能

PTS取引とは、証券取引所を経由せずに株式などを売買できる「私設取引システム」のことです。東京証券取引所の時間外でも取引が可能になります。

手数料は「超割コース」、または「いちにち定額コース」の手数料が適用されます。

超割コース
約定代金 ~5万円 ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円 ~150万円 ~300万円 ~3,000万円 3,000万円~
手数料 55円 99円 115円 275円 535円 640円 1013円 1013円 1070円
いちにち定額コース
1日の約定代金合計 ~50万円 ~100万円 ~150万円 ~200万円 ~300万円 〜400万円 〜500万円 〜600万円 以降100万円増加ごと
手数料(税込) 0円 0円 2200円 2200円 3300円 4400円 5500円 6600円 +1100円

マネックス証券では現物株式の取引手数料と同額、SBI証券はスタンダードプランより安くなるため、手数料の安さで選ぶとSBI証券に分があるでしょう。

単元未満株

楽天証券では単元未満株の買取手数料も低水準

単元未満株とは、1単元株に満たない株式のことです。

楽天証券では、単元未満株は取引所で売却することができません。買取請求をすることで換金できるのです。買取請求の手数料は1件につき330円(税込み)かかります。もし、特定口座とNISA口座それぞれで保有している場合は、2件分(660円)の手数料が発生することになります。

単元未満株
買付手数料 買付できない
売却手数料(税込) 330円(1件につき)

SBI証券やマネックス証券では、買取請求には1銘柄につき550円(税込み)かかるため、楽天証券のほうが安く済ませることができるのです。しかし、どちらの証券も買取請求だけではなく、売却も可能となる点が楽天証券とは異なります。

信用取引

楽天証券の「いちにち信用」は金利0.0%で取引可能

信用取引とは、自分の保有している現金や株式を担保として、証券会社からお金を借りて株式を購入したり、株券を借りてそれを売ったりする取引のことです。

楽天証券の「いちにち信用」では金利がかからず信用取引を行うことができる点が大きなメリットです。買方金利は通常、年2.80%かかる金利が0.0%、貸株料は年1.10%かかる金利が0.0%、売方金利のすべての金利が無料となります。

また、買方金利には優遇金利もあり、下記条件のいずれかを満たすことが適用条件となります。

・判定月の信用新規建取引の約定金額の合計が5億円以上
・判定月の25日時点での未決済建玉残高が5億円以上
・判定月の日々における未決済建玉残高の平均が5億円以上

優遇金利が適用されることで、制度信用取引では通常金利が年2.80%のところ年2.28%に、一般信用取引「無期限」では年2.10%となります。

信用取引
  一般信用 制度信用
いちにち信用 短期 無期限
買方 金利(%) 0% 2.80%(優遇金利:2.10%) 2.80%(優遇金利:2.28%)
売方 貸株料(%) 0% 3.9% 1.10% 1.10%

楽天証券の「いちにち信用」では手数料が無料です。金利と貸株料も0.0%となっており、SBI証券やマネックス証券と比較しても非常にお得に投資を行うことができます。

スタンダードプラン | 楽天経済圏の方におすすめ。スタンダードプランは他社と同水準の手数料

「超割コース」では、現物取引と同様に1回の取引金額で手数料が決まります。手数料は約定代金によって決まり、1回の取引金額が10万円までの場合は手数料99円、20万円までの場合は148円、50万円までの場合は198円、50万円を超える場合は385円となっています。

超割コース
約定代金 ~10万円 ~20万円 ~50万円 〜100万円 〜150万円 〜300万円 300万円〜
手数料 99円 148円 198円 385円 385円 385円 385円

SBI証券やマネックス証券と比較しても、手数料にさほど変わりはありません。しかし、楽天証券では取引手数料の1.0%分がポイントバックされるため、楽天ポイントをためたい方におすすめです。また、1日の取引金額が50万円を超える方も手数料を安く済ませられるため、他社を利用するよりお得になります。

アクティブプラン | 楽天証券のアクティブプランは100万円までなら手数料無料

「いちにち定額コース」では、1日の合計取引金額で手数料が決まります。1日の約定代金の合計が100万円までの場合、手数料無料で取引が可能です。

それ以降は、1日の約定代金合計が200万円までの場合は手数料は2,200円、300万円までの場合は3,300円となっています。それ以降は、100万円増えるごとに1,100円(税込み)の手数料が追加されるのです。

いちにち定額コース
1日の約定代金合計 〜50万円 〜100万円 〜200万円 〜300万円 〜400万円 〜500万円 〜600万円 100万円追加ごとに
手数料 0円 0円 2200円 3300円 4400円 5500円 6600円 +1100円

SBI証券やマネックス証券と手数料を比べると、「SBI証券<楽天証券<マネックス証券」となり、こちらもSBI証券が一番安価となっています。楽天証券もSBI証券も約定代金が100万円までなら手数料が無料であることが大きな魅力でしょう。

PTS取引 | 楽天証券ならPTS取引も追加手数料なし

PTS取引とは、証券取引所を経由せずに株式などを売買できるシステムのことです。自分が選択しているコースの手数料が適用され、追加の費用は発生しません。「いちにち定額コース」を選択された場合は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算されます。

超割コース
約定代金 ~10万円 ~20万円 ~50万円 〜100万円 〜150万円 〜300万円 300万円〜
手数料 99円 148円 198円 385円 385円 385円 385円
いちにち定額コース
1日の約定代金合計 〜50万円 〜100万円 〜200万円 〜300万円 〜400万円 〜500万円 〜600万円 100万円追加ごとに
手数料 0円 0円 2200円 3300円 4400円 5500円 6600円 +1100円

マネックス証券は信用取引の手数料と同額、SBI証券はスタンダードプランより安くなるため、手数料の安さはSBI証券が一番安いといえるでしょう。楽天証券とマネックス証券の手数料は同じです。

IPO | IPOの買い付け手数料は楽天証券でも無料

IPOの買い付け手数料は楽天証券でも無料です。

IPO買い付け手数料 無料

PO | POの買い付け手数料は楽天証券でも無料

POの買い付け手数料は楽天証券でも無料です。

PO買い付け手数料 無料

楽天証券の取引手数料(外国株式) | さまざまな外国株を取り扱い!一部米国上場ETFの買い付け手数料は無料

楽天証券で購入できる外国株式は、下記の5種類になります。

・米国株式
・米国ETF
・中国株式
・アセアン株式
・海外ETF

各株式の手数料は、基本的に約定代金に応じて手数料がかかります。海外株式の取り扱いは、SBI証券と比べるとやや少なく、SBI証券では韓国株式やロシア株式、ベトナム株式なども購入することが可能です。

また、一部米国上場ETFの買い付け手数料は無料となります。これは楽天証券が、米国上場ETFへの投資を応援するために、15銘柄の買い付け手数料を完全無料としているためです。無料となっている米国ETFの中には、「VTI」というアメリカの大型株から中小型株まで米国市場全体に投資できる商品も含まれており、それぞれの運用スタイルに合った投資を行うことができます。

外国株式

米国株式/米国ETF

楽天証券指定の米国ETFの取引は手数料無料

米国株式または、米国ETFを購入する場合には、約定代金に応じて手数料がかかります。米国株式の現物では、約定代金が2.22米ドル以下の場合は手数料は無料、信用取引では約定代金が3.33米ドル以下の場合は手数料は無料となっています。

また、楽天証券では米国上場ETFへの投資を応援するため、指定の米国ETFの買い付け手数料は無料で取引が可能となっている点が楽天証券の魅力の1つであるといえるでしょう。

米国株式
約定金額 手数料(税込)
3.33米ドル以下 0米ドル
3.33米ドル超~5,000米ドル以下 約定代金の0.33%
5,000米ドル超 16.5米ドル
指定の米国ETF 無料

それ以外の外国株式

楽天証券では中国株式とアセアン株式の取引が可能!アセアン株式の現地手数料は無料

楽天証券では米国以外の外国株式は、中国株式、アセアン株式(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の2種類があります。

中国株式は約定代金20万円までの場合、手数料は550円です。20万円超〜220万円未満の場合、約定代金の0.275%となっています。また、アセアン株式は国内手数料は約定代金の1.1%となっています。現地手数料と現地諸費用は楽天証券側で負担してくれるため、無料となっているのです。

中国株式
約定代金 手数料(税込)
20万円まで 550円
20万円超 ~ 200万円未満 約定代金の0.275%
200万円以上 5,500円
アセアン株式
取引区分 インターネット取引(税込)
国内手数料(対約定代金) 約定代金の1.1%
最低手数料550円
現地手数料 なし
現地諸費用 なし

SBI証券では中国株式の手数料は約定代金の0.286%、アセアン株式はインドネシアを除き、楽天証券と同じ手数料になっており、楽天証券の方が手数料は安くなっています。また、マネックス証券では中国株式は約定代金の0.275%と同じ金額となっており、アセアン株式の取り扱いはありません。

米国株式信用取引

米国株式の信用取引は7月から開始!

2022年7月11日より、新たに米国株式信用取引が開始されました。そのため、2022年7月中は米国株式信用取引の取引手数料は無料となっています。また、外国株式信用取引口座開設完了で200ポイントプレゼントキャンペーンも実施中です。(2022年7月現在)

キャンペーン期間は手数料無料やポイントバックなどの特典があり、楽天証券での取引がお得となっているため、米国株の信用取引を検討している方にはおすすめです。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA

NISA(一般)

国内株式や投資信託は手数料無料で取引可能

楽天証券では、国内株式と投資信託の取引手数料は無料です。国内のETF、ETN、REITを含む口座開設料や管理料は0円、国内株式も売買手数料が0円となっています。また、投資信託の手数料も0円となっているため、低いコストで少額からの資産運用が可能です。

しかし、外国株式は種類や約定代金に応じた手数料がかかります。例えば、米国株式は2.22米ドル以下の取引で手数料0円、2.22米ドル超で約定代金の0.495%の手数料がかかり、その他の中国株式やアセアン株式も約定代金に応じた手数料が発生します。

他の主要ネット証券も、国内株式に関しては同じように手数料無料です。しかし、投資信託や外国株式になると違いがあり、SB証券の投資信託は買い付けと売却が無料になっているのに対し、auカブコム証券、松井証券は買い付けのみ無料です。海外ETFは、SBI証券(米国、中国、韓国)が買い付け手数料のみ無料となっています。

口座開設料・管理料 無料
国内株式 無料(買付手数料・売却手数料)
投資信託 無料(買付手数料・売却手数料)
外国株式 海外ETF 米国・中国・シンガポールの買付手数料のみ無料
米国株式 1回の取引につき、約定代金の0.495%(税込)
(最低手数料0米ドル、手数料上限22米ドル(税込))。
中国株式 1回の取引につき、約定代金の0.275%(税込)
最低手数料550円、手数料上限5,500円(税込))。
アセアン株式 約定代金の1.1%(税込)がかかります
(最低手数料550円(税込)/1取引)
出典:出典元名前

つみたてNISA | 楽天証券のつみたてNISAは販売手数料無料!

つみたてNISAの対象商品である投資信託の販売手数料は、無料とすることが政令で定められています。よって、どの証券会社でどの商品を選んでも無料となるのです。

信託報酬金額は各銘柄ごとに値段が変わるため、銘柄の商品ページの記載を確認するようにしましょう。信託報酬とは、購入者がファンドの運用や管理にかかる費用として負担する金額のことです。

他の証券会社でも手数料に違いはないため、楽天ポイントを効率的にためたい方や他の楽天サービスをすでに使っている方には楽天証券がおすすめです。

口座開設料・管理料 無料
買付手数料 無料
売却手数料 無料
信託報酬 各銘柄による

ジュニアNISA | 楽天証券のジュニアNISAは国内株式も投資信託も手数料無料!

楽天証券のジュニアNISAの手数料は、国内株式と投資信託のどちらを選んでも、手数料は無料になります。

ただし、国内株式を購入する場合には、通常の手数料を含んだ金額が一時的に拘束されます。口座には手数料も含めた残高が必要になるので、注意が必要です。また、ジュニアNISAでも課税口座の場合は手数料がかかります。

ジュニアNISAの場合、SBI証券やマネックス証券を選んでも、国内株式、投資信託ともに手数料は無料となるので、手数料に大きな違いはありません。

口座開設料・管理料 無料
国内株式手数料(買付・売却) 無料
投資信託手数料(買付) 無料
外国株式

iDeCo

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、毎月積み立てを行い、原則60歳以降に受け取れる年金のような仕組みの投資です。iDeCoで積み立てを行った金額は所得控除の対象となるだけでなく、運用して発生した利益も非課税となるため、節税しながら老後に備えることができます。

楽天証券ではiDeCoの運営管理手数料が残高や積立額、期間に関わらず誰でも0円となっています。ただし、国民年金基金連合会や信託銀行への手数料が発生するため、注意が必要です。

これらの手数料はどの証券会社で積み立てを行っても、変わらずに発生するものとなります。

加入時・移管時手数料 国民年金基金連合会 2,829円
口座管理手数料(月) 口座運営管理手数料 無料
国民年金基金連合会 105円
信託銀行 66円
合計 171円
給付事務手数料 66円
還付事務手数料 国民年金基金連合会 1048円
信託銀行 440円
合計 1,488円
移管時手数料 4,400円

ロボアドバイザー

楽ラップ | 楽天証券のロボアドバイザー「楽ラップ」初期費用0円!運営・運用管理費はかかるので注意が必要

ロボアドバイザーによる診断は、無料で利用できます。また、診断後に投資を始める際にも、申し込みにともなう手数料はかかりません。初期コストは0円のため、楽ラップでかかる費用は資産の運用状況に応じた費用のみになります。

楽ラップサービスの運営、管理費用は固定報酬型で最大年率0.715%、成功報酬併用型で固定報酬最大年率0.605%に加え、成功報酬で運用益の5.5%となっています。 楽ラップを契約している方のうち、約85%の方が「固定報酬型」を選んでいます。

最低投資額 10万円
手数料 0.97% (年率最大)

債券

国内債券と外国債券ともに手数料は無料です。しかし、通貨に応じて為替スプレッドがかかるので注意が必要です。例えば、米国ドルの場合は±25銭、ユーロの場合は±50銭ほどで、一番高いのは、トルコリラとブラジルレアルで±1.5円です。

SBI証券やマネックス証券も手数料は無料となっており、為替スプレッドは米国ドルの場合、どの証券会社も同額です。ユーロの場合はマネックス証券は楽天証券と同額、SBI証券のみ80銭と少し高めに設定されています。

国内債券 無料
外国債券 無料
※別途、購入対価のみかかります

コモディティ

コモディティとは商品の先物取引のことです。原油や天然ガス、金などといった商品に投資することができます。手数料は商品先物標準銘柄は275円、商品ミニ、スポット銘柄で77円となっており、手数料自体はマネックス証券やSBI証券と同じになります。楽天証券では、口座を持っている方に限り、コモディティに特化した投資レポートを無料で見ることができます。

また、スマホアプリ「i SPEED」では前日終値、出来高、歩み値などの投資情報をリアルタイムで確認できます。

1.65%
プラチナ 1.65%

先物・オプション

楽天証券では海外先物取引は手数料が高めに設定されています。先物取引の手数料は商品によって違いがあるため、投資する商品によって、都度手数料は確認するようにしましょう。

例えば、株価指数先物取引の日経225先物取引の手数料は275円、日経225ミニ先物取引は38.5円、マザーズ指数先物取引は41.8円となっています。

楽天証券では先物取引の手数料は他の証券会社と比べても高額になっているため、海外の先物取引をするのであれば楽天証券は避けたほうが良いといえます。

先物 日経225先物 275円
ミニ日経225先物 38.5円
マザーズ指数先物 41.8円
オプション 日経225オプション 約定代金の0.198%
証拠金 (SPAN証拠金額×当社が定める証拠金掛目)ー ネット・オプション価値総額 +「先物両建て証拠金」

今、読まれている記事