保険選びで一番の悩みは「商品や種類が多く、選択が難しい」こと--。

全国の20代以上1748人に聞いた生命保険に関する調査で、保険選びで大変だと思うことへの回答で最も多かったのが、「商品や種類が多く、選択が難しい」というものだった。その割合は59.7%もあったという(複数回答)。次いで「補償内容を理解するのが難しい」が45.5%だった。(「価格.com」調べ)

実に多くの人が、保険は「分かりにくい、選びにくい」と感じているのだ。つまり、いま求められている保険の条件とはこの3つ、「簡単に申し込みができる」「補償内容が分かりやすい」、そして「保険料がお手頃」ということだろう。

3つのニーズを満たす今の時代にあった保険

家族,笑顔
(画像=PIXTA)

Webなどで簡単に申し込める、そして補償内容が分かりやすくて保険料もお手頃。補償内容も充実している……。

これらの条件を満たしている保険が「ANA 明日へのつばさ医療保険」だ。ANAが2017年5月に発売したこの保険はANAマイレージクラブ会員向けの団体保険。当然、その特徴は多くの人が保険に求める条件を満たしている。

●Webで最短5分で申し込みできる

保険の営業担当者の話を聞くのではなく、Webで必要事項を確認できるため最短5分で申し込みが行える。パソコンがなくてもスマートフォンからでも手続き可能。医師の診断書も不要で、簡単な健康告知2項目※で入ることができる。持病があっても告知内容に該当しなければ、加入することができる。詳しい持病の申告も不要だ。
※①これまでにがんと診断されたことがない方、②過去2年以内に病気により手術または入院されていない方がご加入できます。

●分かりやすい保険料と補償内容

保険料体系や補償内容をサイトで分かりやすく一覧化している。Webサイトの使いやすさにはこだわっており、サイトでは年齢と希望する補償内容を選んでいくだけで、月々の保険料と詳しい補償内容が分かる。

●団体保険とは?

この保険はANAマイレージクラブ会員向けの「団体保険」だ。団体保険とは一般に企業や官庁などの団体に利用されるものであり、一つの契約に対し、その団体に所属している人が加入できる制度だ。この保険もANAマイレージクラブ会員になることで加入が可能となる。

日帰り入院・手術・先進医療も対象

保険加入を考えている人たちが重視する「簡単申し込み」「分かりやすい」「保険料がお手頃である」ことを満たしている「明日へのつばさ医療保険」だが、以下の5点も大きな特徴だ。

●日帰り入院から補償

病気の治療を目的に入院した場合は日帰り入院でも補償の対象だ。通算180日まで補償があるので短期だけでなく長期の場合でも安心できる。

●日帰り手術も対象

日帰り入院だけでなく日帰りでの手術も補償の対象となっている。

●放射線治療・先進医療も対象

放射線治療・先進医療についてもしっかりと補償。※
※(放射線治療は疾病入院保険金日額×10倍補償、先進医療は通算1,000万円を限度に実費で補償。)

●ケガへの備えもできる

月額1,210円※~の保険料で病気による入院や手術にも備えることができる。
※ANA明日へのつばさ 医療保険[疾病入院保険金日額5,000円、疾病退院一時保険金10万円、先進医療費用保険金1,000万円]37歳でご加入の場合

さらに、20歳~74歳全年齢共通で、月額390円(傷害入院保険金日額5,000円、傷害手術保険金5万円(入院中の手術))の保険料を追加することで病気に加え、ケガによる入院、手術をカバーすることができます。
※ケガ補償のみでの加入は出来ません。

●持病があっても……

保険の加入から1年間持病の治療歴がない場合は、その翌年から持病の治療による入院や手術を補償できる。例えば、帝王切開により第1子を出産し、その後この保険に加入して1年後に同様に帝王切開で第2子を出産した場合、保険金が支払われる。

保険選びの最大の悩み「分かりにくさ・選びにくさ」を解消した新しい保険、「ANA 明日へのつばさ医療保険」。分かりやすく、選びやすいだけでなく、保険料もお手頃。Webサイトも使いやすく、10秒ほどで自分が求める補償内容で保険料がいくらになるか、もちろん無料で分かる。医療保険について考えている人は、サイトを訪れて10秒診断をしてみてはいかがだろうか?
※このページは保険の概要を説明したものです。保険の正式名称および詳細は申込画面をご覧下さい。

>> まず保険料の「10秒チェック」をしてみる

引受保険会社 三井住友海上火災保険株式会社
承認番号B17-102045 使用期限2018年9月1日