松井証券の手数料 概要

松井証券の取引手数料は1日の約定代金合計額が50万円までなら無料!

松井証券の現物取引と信用取引の手数料は、1日の約定代金の合計額で決まる、1日定額制の「ボックスレート」が適用されています。現物取引と信用取引を合わせた1日の約定代金の合計が50万円以内なら、手数料は無料です。

手数料のコースが1種類でわかりやすく、金額も管理しやすい点がメリットといえるでしょう。ただし、50万円超~100万円の場合は1,100円(税込)の手数料が発生し、他社よりも割高となってしまう点には注意しましょう。

他にも、松井証券の各種サービスの手数料には次のような特徴があります。

NISAは株式取引手数料無料

つみたてNISAは投資信託の購入時手数料無料

ジュニアNISAはネット経由で取引すると株式の買付時と売却時の手数料無料

iDeCoは運営管理手数料無料

ロボアドバイザー(投信工房)が低コスト

松井証券の取引手数料(国内株式)

現物取引

松井証券の現物取引は1日の約定代金合計額が50万円までなら手数料無料!

松井証券の現物取引では、取引所とPTSの取引を合わせた1日の約定代金の合計額から手数料が決まる「ボックスレート」が適用されます。1日の約定代金の合計額が50万円までなら、手数料が無料となります。ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、REIT(不動産投資信託)も、このボックスレートを適用した定額料金で利用可能です。

1日の約定代金の合計額が50万円までなら手数料が無料となるため、手数料がわかりやすく取引の管理もしやすい点が松井証券ならではのメリットといえるでしょう。ただし、1日の約定金額が合計50万円超~100万円だと1,100円(税込)の手数料がかかるようになり、他の証券会社と比べて割高になってしまう点には注意が必要です。

PTS取引

松井証券のPTS取引手数料は現物取引と同じ

松井証券のPTS取引の手数料は、現物取引に準じます。1日の約定代金の合計額から手数料が決まる「ボックスレート」が適用され、1日の約定代金の合計額が50万円までなら手数料が無料です。

単元未満株

松井証券の単元未満株は1約定ごとに手数料がかかる

松井証券では単元未満株は売却のみ取り扱っていますが、単元未満株の取引では「ボックスレート」は適用されません。1約定ごとに以下の手数料がかかります。

約定代金×0.5%(税込0.55%)

単元未満株に最低手数料はありません。また、電話での取引は別の手数料体系となる点には注意しましょう。インターネット経由かつNISAまたはジュニアNISA口座の場合、手数料は無料です。

信用取引

松井証券の信用取引も1日の約定代金合計額が50万円までなら手数料無料

松井証券の信用取引の手数料は、現物取引と同様に「ボックスレート」が適用されます。現物取引を含む1日の約定代金の合計額が50万円までなら、手数料が無料です。

また、松井証券では次の各種信用取引で手数料が無料となります。

〈無期限信用取引〉

日計り取引の片道手数料

保有期間6ヵ月超の返済手数料

〈短期信用取引〉

日計り取引の片道手数料

〈一日信用取引〉

インターネット経由で日計りした場合、新規や返済の手数料は約定代金を問わず無料となります。一日信用取引の金利貸株料は0~1.8%で、業界最安水準となっている点も魅力です。

PTS取引

松井証券の信用取引のPTS取引の手数料は各種信用取引に準ずる

PTS取引の手数料については、「制度、無期限信用取引」「短期信用取引」「一日信用取引」それぞれの手数料が適用されます。また、信用取引の金利や諸経費についても同様です。

IPO

松井証券のIPO取引手数料は他社と同様に無料

松井証券のIPO取引手数料は、他の証券会社と同様に無料です。なお、売却時には手数料がかかる点や、電話での取引には対応していない点には注意しましょう。

PO

松井証券のPO取引手数料は他社と同様に無料

松井証券のPO取引手数料は、他の証券会社と同様に無料です。IPO取引と同じく、売却時には手数料が発生する点や、電話での取引には対応していない点には注意が必要です。

松井証券の取引手数料(米国株式 / 米国ETF)

松井証券の米国株取引手数料は約定代金×0.45%(税込0.495%)

松井証券の米国株取引手数料は1取引あたりの約定代金に応じて決まり、「約定代金×0.45%(税込0.495%)」となります。他の主要な証券会社とほとんど変わらない手数料です。

なお、最低手数料については約定代金が222円以下の場合は手数料が無料となります。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA

NISA(一般)

松井証券のNISAは株式取引手数料無料!

松井証券のNISAは、NISA口座における株式の買付時と売却時の手数料が無料です。NISA口座の維持費用もかからず、初めてNISAを始める方でも低コストでの運用を実現できるでしょう。

また、松井証券のNISAは投資信託の購入時手数料も無料です。投資信託の取引では、購入時だけでなく保有中に「信託報酬」が、解約時には「信託財産留保額」がそれぞれ発生するため、なるべくコストを抑えたいところです。その点、松井証券なら購入時手数料がかからない点が魅力といえるでしょう。

つみたてNISA

松井証券のつみたてNISAは投資信託の購入時手数料が無料

松井証券のつみたてNISAは、投資信託の購入時手数料が無料です。投資信託は購入時手数料がかからない「ノーロード投信」のみを取り扱っています。

投資信託の取引では、購入時手数料だけがコストではありません。保有中には信託報酬が発生したり、解約時には信託財産留保額が徴収されたりとコストがかかります。購入時手数料のかからない松井証券のつみたてNISAなら、その分のコストを抑えて運用できるでしょう。

ジュニアNISA

松井証券のジュニアNISAはネット経由すれば株式買付時と売却時の手数料が無料

松井証券のジュニアNISAは、インターネットを経由した取引の場合に、株式の買付時と売却時の手数料が無料となります。口座を維持するための手数料もかかりません。

なお、ジュニアNISAを電話で取引した場合は、1約定ごとに手数料がかかる点には注意しましょう。手数料に上限はありません。できるだけコストを抑えるためにも、取引はネット経由で行うことをおすすめします。

iDeCo

松井証券のiDeCoは運営管理手数料が無料!

松井証券のiDeCoは、運営管理手数料が無料です。iDeCoはどの金融機関でも新規申し込みや管理、給付に手数料がかかります。中には追加で運営管理手数料が必要となる金融機関もありますが、その点、松井証券は運営管理手数料が無料なため安心して運用できるでしょう。iDeCo運用中にかかる手数料は、1ヵ月あたり171円(税込)です(毎月掛金を拠出している場合)。

なお、iDeCo加入時には、企業型確定拠出年金などからの移換時に発生する費用として2,829円(税込)かかりますが、これは各社共通の金額です。

ロボアドバイザー

投信工房

松井証券の投信工房の手数料は年率0.32%(税込0.35%)の信託報酬等のみ

松井証券のロボアドバイザー「投信工房」にかかるコストは、年率0.32%(税込0.35%)の信託報酬のみです。ロボアドバイザーの利用料や、投資信託の購入時手数料はかかりません。

これは、証券会社のロボアドバイザーの中でも格安の手数料となっています。コストを大きく抑えつつ、投資信託取引に関するアドバイスによって効率的な長期資産形成をサポートしてもらえるでしょう。

債券

松井証券では、債券の取扱はありません。

コモディティ

松井証券では、債券の取扱はありません。

先物/オプション

松井証券の先物取引やオプション取引は1約定ごとに手数料がかかる

松井証券の先物取引やオプション取引では、1約定ごとに手数料がかかります。

松井証券の通常の先物取引手数料は、他社とほとんど変わりません。しかし、一日先物取引なら取引手数料が割引となり、通常の先物取引や他社の先物取引よりもお得に取引ができます。

■松井証券のオプション取引の手数料

松井証券のオプション取引では、1約定ごとに手数料がかかります。手数料は「約定代金×0.2%(税込0.22%)(最低手数料220円(税込))」です。

中には約定代金×0.154~0.176%(税込)の証券会社も存在するため、そのような会社と比べると松井証券のオプション取引手数料は割高といえるでしょう。

今、読まれている記事