DMM.com証券の手数料 概要

概要 | シンプルな取引手数料体系

DMM.com証券の日本株の取引手数料は、現物取引は55円(税込)から、信用取引は1約定300万円までは一律88円(税込)、300万円超なら無料と業界最低水準の取引手数料になっています。約定プランと1日定額プランの2つのプランからの選択方式を採用するネット証券と異なり、約定プランのみのシンプルな手数料体系で、分かりやすいでしょう。

米国株の取引手数料は無料です。大手ネット証券のSBI証券や楽天証券の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)となっており、売買時の為替スプレッドは同様に1ドルあたり 25銭です。業界最安の取引手数料となっているため、取引手数料を抑えて米国株式に投資をしたい人には魅力的です。

さらに取引手数料に応じてDMM.com証券独自のポイント「DMM 株ポイント」がたまります。他にも、口座開設費、口座管理・維持費、入金手数料、出金手数料が無料となっています。

DMM.com証券の取引手数料(国内株式)

概要 | シンプルな取引手数料体系

DMM.com証券の国内株式など(現物取引および信用取引)の取引手数料は、1回の約定ごとに手数料がかかる約定プランのみで、他社と異なり、1日の合計約定代金に応じて手数料がかかる定額プランは提供されていません。取引手数料は、現物取引は約定代金に応じて取引手数料が変動する段階制で、信用取引は1約定300万円までは一律88円(税込)、300万円超なら無料です。手数料プランを選択するネット証券と異なり、シンプルな手数料体系で、分かりやすいでしょう。

特に投資資金が潤沢な中級以上の投資家は、楽天証券やSBI証券といった大手ネット証券より割安な取引手数料で取引できるためおすすめです。ただし、大手ネット証券が提供する1日定額プランは、1日の合計約定代金100万円以下は取引手数料が無料となっており、少額の取引から日本株の投資を始めたい人は、定額プランのあるネット証券を検討したほうが良いでしょう。

現物取引 | シンプルにプラン1本化

DMM.com証券の現物取引手数料は、1回の約定ごとに手数料がかかる約定プランのみで、他社と異なり、1日の合計約定代金に応じて手数料がかかる1日定額プランは提供されていません。

また、DMM.com証券の現物取引は、2つの取引手数料還元プログラムがあります。1つ目は、25歳以下の投資家は取引手数料が翌月に全額キャッシュバックされるキャンペーンです。2つ目は、取引手数料に対して1%の「DMM株ポイント」が翌営業日に還元されます。

約定プラン | シンプルな取引手数料体系

DMM.com証券の日本株の現物取引手数料は、1回の約定ごとに取引手数料がかかる約定プランのみで、他社と異なり、1日の合計約定代金に応じて取引手数料がかかる1日定額プランは提供されていません。

DMM.com証券で現物取引を行うと、1回の約定代金に応じて取引手数料が変動する段階制になっています。約定プランの取引手数料が安いSBIネオトレード証券と比較しても、大差ないでしょう。具体的には、約定代金5万円以下の取引と約定代金10万円超え20万円以下の取引で、SBIネオトレード証券の取引手数料の方が5円または6円安くなっています。大手ネット証券のSBI証券や楽天証券と比較した場合、約定代金が100万円を超えると、DMM.com証券の取引手数料の方が100円以上安くなっています。

定額プラン | 定額プランの取り扱いなし

DMM.com証券では、定額プランの取り扱いがありません。

PTS取引 | PTS取引の取り扱いなし

DMM.com証券では、PTS(Proprietary Trading System:私設取引システム)取引は取り扱いがありません。

単元未満株 | 単元未満株の取り扱いなし

DMM.com証券では、単元未満株の取り扱いがありません。

単元未満株については、発行会社に買取請求をすることができます。なお、取次手数料として1銘柄につき550円(税込)のほか、銘柄によっては事務代行機関(信託銀行など)から別途手数料が差し引かれる場合があります。また、買取タイミングを選ぶことができないため、価格変動リスクも考える必要があります。

信用取引 | 約定金額300万円超は取引手数料無料

DMM.com証券の信用取引は、1回の約定ごとに取引手数料がかかる約定プランのみで、他社と異なり、1日の合計約定代金に応じて取引手数料がかかる1日定額プランは提供されていません。

DMM.com証券の信用取引の取引手数料は、約定代金が300万円以下の場合、一律88円(税込)となっています。なお、約定代金が300万円を超える場合、取引手数料は無料です。さらにVIPコースが適用される場合、1回の注文の約定代金にかかわらず手数料が無料になります。なお、信用取引は取引手数料の他に金利や貸株料などの諸費用がかかります。制度信用取引と一般信用取引の金利は年率2.7%、一般信用(デイトレ)のみ年率2.0%となっています。貸株料は年率1.1%です。。また、DMM.com証券では、日本株および米国株を信用取引の担保(代用有価証券)として差し入れることができます。

信用取引はレバレッジをかけた取引でありリスクが高いため、高性能な取引ツールおよび処理速度の高い取引システムの重要度が増します。DMM.com証券は有力な選択肢の1つとなるでしょう。

約定プラン | シンプルな取引手数料体系

DMM.com証券の信用取引の取引手数料は、約定代金が300万円以下の場合、一律88円(税込)となっています。なお、約定代金が300万円を超える場合、取引手数料は無料です。

さらにVIPコースが適用される場合、1回の注文の約定代金にかかわらず手数料が無料になります。

定額プラン | 定額プランの取り扱いなし

DMM.com証券では、定額プランの取り扱いがありません。

PTS取引 | PTS取引の取り扱いなし

DMM.com証券では、PTS(Proprietary Trading System:私設取引システム)取引の取り扱いがありません。

IPO | IPOの買付手数料は無料

IPO(Initial Public Offering:新規公開株)の買付手数料はすべての証券会社で無料です。なお、売却時は、証券会社所定の現物取引の取引手数料がかかります。

PO | POの買付手数料は無料

PO(Public Offering:公募、売出)は、買付手数料はすべての証券会社で無料です。なお、売却時は、証券会社所定の現物取引の取引手数料がかかります。

DMM.com証券の取引手数料(外国株式)

概要 | 米国株式の取引手数料は無料

DMM.com証券の米国株式における取引手数料は、無料です。また、為替の両替に必要なスプレッドも1米ドルあたり25銭と、比較的低コストでの取引が可能です。大手ネット証券のSBI証券や楽天証券の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)であり、DMM.com証券はコストを抑えた米国株式投資をしたい人におすすめです。

外国株式

米国株式 / 米国ETF | 米国株式の取引手数料は無料

DMM.com証券の米国株式における取引手数料は、無料です。また、為替の両替に必要なスプレッドも1米ドルあたり25銭と、比較的低コストでの取引が可能です。大手ネット証券のSBI証券や楽天証券の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)であり、DMM.com証券はコストを抑えた米国株式投資をしたい人におすすめです。

それ以外の外国株式 | 米国株式以外の外国株式は取り扱いなし

DMM.com証券では、米国株式以外の外国株式は取り扱いがありません。

米国株式信用取引 | 米国株式信用取引の取り扱いなし

DMM.com証券では、米国株式信用取引は取り扱いがありません。

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA

NISA(一般) | すべての取引手数料が無料

DMM.com証券ではNISA口座で取引する場合、すべての取引手数料が無料です。

一部の商品の取引手数料が無料や買付のみ手数料無料という証券会社がありますが、DMM.com証券では対象のすべての商品で、買付も売却も手数料が無料となっており、分かりやすい上に、コストを抑えた投資ができます。さらに、NISA口座の開設手数料や維持手数料も無料となります。

つみたてNISA | つみたてNISAの取り扱いなし

DMM.com証券では、つみたてNISAの取り扱いがありません。

ジュニアNISA | すべての取引手数料が無料

ジュニアNISA口座の開設手数料や維持手数料も無料となります。

iDeCo

概要 | iDeCoの取り扱いなし

DMM.com証券では、iDeCoの取り扱いがありません。

ロボアドバイザー

概要 | ロボアドバイザーの取り扱いなし

DMM.com証券では、ロボアドバイザーの取り扱いがありません。

債券

概要 | 債券の取り扱いなし

DMM.com証券では、債券の取り扱いがありません。

コモディティ

概要 | コモディティの取り扱いなし

DMM.com証券では、コモディティ(商品)の取り扱いがありません。コモディティへの投資を検討している場合、他の証券会社を検討すると良いでしょう。

なお、DMM.com証券でコモディティに投資したい場合は、CFDを利用してコモディティへ投資する方法があります。DMM.com証券のCFDは、取引手数料が無料となっています。ただし、CFDは口座にある資金の20倍の取引を行うため、リスクが非常に高い点に注意が必要です。

先物・オプション

概要 | 先物・オプションの取り扱いなし

DMM.com証券では、先物・オプションの取り扱いがありません。

今、読まれている記事