マネックス証券 概要

概要

日本株、投資信託をはじめとし、iDeCo、NISA、IPO、米国株、金・プラチナまで幅広い金融サービスを提供しているオンライン証券会社です。お手頃な手数料と充実した商品・サービスにより投資家や投資初心者まで幅広く資産運用のパートナーとして選ばれています。

株式投資であれば1株から購入可能であるほか、ほとんどの投資信託が100円から始めることができるなど、まとまった資産が用意できない方にも始めやすくなっています。会員向けのセミナーや資産管理ツール・アプリの提供、毎日のオリジナルレポートの更新など、会員向けのサポートも充実しているので初心者でも始めやすい体制が整っています。

また、マネックス証券が選ばれる理由として、米国株の取引のしやすさがあります。取扱銘柄数が5,000銘柄以上と豊富である上に、買付時の為替手数料が無料になること、取引手数料も主要ネット証券会社の最低水準であることなどが強みとしてあげられます。

マネックス証券の手数料

マネックス証券の株式取引の基本的な手数料コースとして用意されているのは2コースで、1注文ごとに手数料を計算する「取引毎手数料コース」は主要ネット証券最低水準の55円~、1日の約定金額の合計額に対して手数料を計算する「一日定額手数料コース」であれば、約定金額100万円以下なら一日何回取引しても最低550円~となっています。

また、ワン株の購入であれば買付手数料は主要ネット証券の中で唯一無料となっているのも大きな特徴です。さらに、投資信託の全銘柄の申込手数料や、債権、FX(外国為替証拠金取引)、暗号資産CFD(暗号資産関連店頭で利払い付取引)の買取手数料は基本的に無料となります。

それに加えてiDeCoの運営管理手数料はどなたでも、いつまでも無料となっており、「オリコン顧客満足度®調査 iDeCo 証券会社」では3年連続総合1位を獲得しています。

マネックス証券の口座開設・維持費は無料です。まずは口座を開設し、自分にあった投資方法や商品を選ぶことをお勧めします。

マネックス証券の取扱商品

マネックス証券では主に、投資デビューを始めるなら活用したい、お得な節税制度であるNISA(つみたてNISA・ジュニアNISA)、iDeCo(個人型確定拠出年金)の取り扱いから、投資デビューにおすすめな国内株、米国株、投資・投資つみたて、新規公開株(IPO)、ETF(上場投資信託)、FX(外国為替証拠金取引)、暗号資産CFD(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)、債権まで幅広い商品を取り扱っています。

また、投資に慣れてきた方向けの商品として、株式の信用取引や先物・オプション、中国株、金・プラチナ、私募ファンド(二項有価証券)の取り扱いもあるので、マネックス証券で投資の幅を広げてさらにステップアップしていくことも可能です。

さらに、ON COMPASSという資産運用サービスも取り扱っており、質問に答えるだけで資産運用プランの作成からゴールまですべて運用をおまかせできるため、確実な資産運用を行いたい方や、投資に時間をかけたくないという方にもおすすめです。

マネックス証券のNISA

NISA(一般)

個人投資家のための税制優遇制度である一般NISAは、株式やETF、投資信託など多彩な商品から自分にあった投資商品を選ぶことができ、年間120万円まで非課税で投資が可能、売却益や配当金、分配金の受け取りも最長で5年間非課税で行える魅力的な投資です。

マネックス証券でNISAを運用する魅力は、ラインアップが充実している点です。米国株は5,000銘柄以上、中国株式は香港市場のほぼ全銘柄の取り扱いがあり、投資信託のラインアップも1,000本以上なので、幅広い選択肢からNISAを運用することができます。国内株式の売買手数料と、外国株式買付時の国内取引手数料が恒久的に無料であり、すべての投資信託が申込手数料無料で購入できる点も大きなポイントです。

また、お取引に応じてAmazonギフト券やdポイント、JALやANAのマイルなどさまざまな特典と交換することのできるマネックスポイントが自動的にたまり、1ポイントから交換できるのも魅力的なポイントです。

つみたてNISA

少額からの長期・積み立て・分散投資を支援する非課税制度であるつみたてNISAは、投資初心者をはじめとして幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

日本国内に住む20歳以上の方なら誰でも利用でき、年40万円まで非課税、最長20年間収益が非課税になるため、運用益に対し課税される通常の一般口座・特定口座での積み立てよりもお得に資産運用することができます。

マネックス証券のつみたてNISAでは、投資信託の取扱本数が150本以上なので、自分にあったファンドを探すことができます。

さらにマネックス証券のつみたてNISAなら、買うタイミングに迷わず毎日自動で買い続けることができる「毎日つみたて」という設定があるので、リスクをコントロールしながら運用することが可能です。

また、ご自身で指定の銀行等の金融機関からの引き落としや定期自動入金の手数料も無料で、マネックスポイントも一般NISAと同じく付与されるのも大きな魅力です。

ジュニアNISA

ジュニアNISAとは、未成年の方のための非課税口座を指します。なお、ジュニアNISAの口座開設は2023年までになっており、その年の1月1日時点で19歳以下(2023年1月以降は17歳以下)の日本に居住する個人の方が口座開設の対象となります。口座開設者が未成年の場合は、親権者等の法定代理人が運用を行う決まりになっています。

ジュニアNISAの非課税投資枠は年間80万円までで、非課税機関は一般NISAと同じく5年間ですが、2023年時点で18歳になっていない場合は継続管理勘定を利用することにより18歳まで非課税対象となります。

対象商品は上場株式、ETF、ETN、上場REIT、公募株式投資信託などになり、マネックス証券を利用すれば国内株式の売買手数料がずっと無料、1,000本以上の投資信託の申込手数料がすべて無料というメリットがあります。

一般NISA、つみたてNISAと同じくマネックスポイントもたまるので、お子様の資産運用もお得に行うことができます。

マネックス証券のiDeco

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、月5,000円の掛け金から始められ、節税しながらセカンドライフに向けての資産づくりができる加入メリットの大きい個人向け年金制度です。金融機関によっては、制度上避けられない費用や手数料を支払う必要があったり運用商品のラインナップが異なったりと、各社のサービスに大きな違いがあります。

マネックス証券のiDeCoは、加入コストの安さ、運用商品の良さ、サポートの充実の3つのポイントに力を入れているので、投資が初めての方も安心して始めることが出来ます。iDeCoの運用において投資の分配比率が重要になりますが、マネックス証券では運用サポートツールやレポートを提供しているので、自分にあった分配比率を決めやすくなっています。

マネックス証券のポイント・キャンペーン

マネックス証券では、投資信託を持っているだけで、月内の平均残高×最大0.08%(年率)でマネックスポイントがたまります。また株式の売買では、コースごとに手数料の約半分のポイントが還元されるため、手数料を大幅に抑えることができます。さらにマネックス証券が提供するクレジットカード「マネックスカード」を利用して投資つみたてを決済すれば、ポイント還元率が1.1%になり、お得な投資運用が可能になります。

また、マネックス証券ではさまざまな商品に対し、手数料の還元やポイントが付与されるキャンペーンを随時更新しています。これから口座を開設される方や、新たに投資商品を増やしたい方向けにもお得なキャンペーンを実施しているので、投資を始める際や新たな投資を行う際はキャンペーン情報をチェックしておくとよいでしょう。

なお、ご家族やご友人の紹介プログラムを随時実施しており、一ヵ月で最大5万円のキャッシュバックがされるので、投資を始めたい方が周りにいる場合は活用されることをおすすめします。

マネックス証券のPC機能 (取引ツール・注文方法・チャート)

マネックス証券の株式取引では、「マネックストレーダー」という取引ツールが提供されており、注目している銘柄のチャートと気配をまとめてチェックできる機能により、気になる銘柄のチェックがしやすくなっています。

さらに、さまざまなランキングやご自身で設定した条件に合致した銘柄をリアルタイムで表示することができるなど、さまざまな角度から株式市場をチェックできます。

このようにさまざまな情報を表示できるほか、ワンクリックで注文できる「スピード注文」、画面をよりコンパクトにした「2WAY注文」といった注文方法により、板を見ながらのスピーディーな注文が可能です。

マネックス証券のアプリ (取引ツール・注文方法・チャート)

マネックス証券が提供しているアプリ、「ferci(フェルシー)」は、投資SNSと、1株から投資できる投資機能が一つになったサービスで、メールアドレスや本人情報の登録、本人確認など約10分で申し込みを行うことができ、最短翌営業日には投資を始められます。

また、手数料無料で1株から株を購入することができるので、初めて投資をする方におすすめできるアプリです。

SNS型のアプリなので他の投資家の意見を見たりアドバイスを受けることができるため、勉強をしながら投資してみたい投資初心者の方が気軽に投資を始めることができるアプリです。

マネックス証券の情報サービス

マネックス証券で口座を開設すると、各種情報ツールを無料で利用することができます。

リアルタイムの株価情報を表示している「銘柄詳細画面」や、保有している銘柄の株価情報をリアルタイムでチェックできる「マーケットボード」、また市場ごとの株式ランキングや、マーケット全体を俯瞰できる「マーケット情報サマリー」、企業の業績に関するさまざまな情報を提供している「マネックス銘柄スカウター(国内株・米国株・中国株)」など、無料で利用できるツールが充実しています。

さらに月額330円(税込)から有料のツールも各種用意されているので、自分にあったツールを選んで利用することができます。

今、読まれている記事