medium_4741452663


日本と米国、生命保険はどっちが得か

アメリカの生命保険は保険料が日本の3割~5割程度安く、保険金の額も数十億から数百億まで設定することができるため、日本の生命保険よりも自由度が高いと考えられます。そもそもアメリカには日本の国民健康保険や社会保険のような健康保険へ加入義務はなく、公的保険や民間保険を個人の選択で選ぶ仕組みとなっています。

日本において生命保険はあってもなくても大丈夫という立ち位置ですが、アメリカからするとなくては困るものとなっており、その分需要が高く保険商品のラインナップやサービスが充実していると考えることができます。どちらがお得かと考えてしまうと、アメリカの方がお得に見えてしまいますが公的保障も加味すると、一概に日本よりもアメリカの方が優れているとも言い切れません。


日本の生命保険の特徴

日本の場合、高額療養費制度をはじめ社会的にも死亡や病気に対する保障が存在するため、生命保険の存在意義はその公的保障から足が出てしまった場合のリスクをヘッジするというところがポイントとなってきます。

保険会社によって異なりますが、他国と比較しても保険料が高いというところも特徴的です。さらに最近では国内顧客の飽和によって海外進出に力を入れている保険会社も多い傾向があります。